テトラポットの狼

テトラポットをこよなく愛する筆者の釣行記

全体表示

[ リスト ]

腹肢の製作方法変更にあたって、

ひとつ試してみたいことがあった。


それは、

UVレジンのハードタイプとソフトタイプが

くっつくのか?という事。

インターネットで調べてみたのだけど、

思うような答えがないので、

試してみることにした。


イメージ 1


結果はある程度、くっつく。

検証の方法としては、

ハードとソフトを別々に硬化させて、

その間にハードを塗って硬化させてみた。


ということは、

ハードで作った腹部に溝を掘って、

その溝に合うような腹肢ユニットを

組み付ければ、

精度と作業性は

格段に上昇するような気がする。

また、ソフトタイプの方がハードよりも

比重が高いので、

ルアーとして泳がすときに低重心化に

貢献するのではないだろうか?


そういえば、

記事のタイトルを

エビ型ルアーと銘打っているのに

形状を作り込むことを優先していて、

「泳がせる」ということを

全く考慮していなかった。。。

この「へ」の字の形状で

ちゃんと泳ぐのだろうか?

低重心化しないと引いてきたら

クルクル回ってしまうかもしれない。。。


まぁ、それは後から考えるとして、

この製作方法が可能であれば、

胸脚+針のユニットを組み付ける方法で、

胸脚パーツも少しだけ楽ができるかもしれない。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事