ここから本文です
藤井哲子 ART & MUSIC & 奈良
ART&MUSIC 出展告知 奈良まほろばソムリエ活動記

書庫全体表示

記事検索
検索

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 2

用意されていたのは
おもちゃのピアノ キーボード  カリンバ

先日ギャラリー菊で ご一緒させていただいた
画家の小泉光子さんと 写真家の安田操さんの 
2人展「華甲のふたり」展のオープニングパーティーに
西天満の 天野画廊に伺いました 会期29日まで

パフォーマンスと  DMに記されているのが気になり
いったい何をされるのかと お聞きしたら

小泉さんが 朗読用の衣装に着替える間
 パーカッションの方と 一緒に おもちゃの楽器で
自由に 音を出して欲しい  とのこと
たしかジョン・ケージみたいな・・とか
高橋悠治さんの「パレスチナの子供の神様の手紙」
みたいなことを おっしゃっていたなぁ
大友良英さんの 前衛音楽も 重なってきた
そんなことを 思いつつ トライ 
初めてのことを させていただける機会は 
大事にしたい

鳴らしてみてわかったのは 
おもちゃのピアノも キーボードも
重音が 鳴らない  シンプルの極み
内蔵されてるリズムをループさせて 空間に単音を
置いてみようか・・間は多めにがいいかな
5分も経たないうちに
小泉さんが 衣装チェンジ  ヘアチェンジで 
ガラッと印象変えて 登場

作品の源流になった ボリス・ビアン
その朗読と コラボする形で  また即興で
さっきとは 違った音を出して欲しい とのこと

カリンバを奏でた方は 前衛音楽のバンマスで
東京藝大作曲科ご出身の方 だったのだそう
ご一緒させていただけるなんて いい機会

ボリス・ビアンの「赤い草」の中の一節と共に
パフォーマンスに 参加させていただきました

あとになって 要領が理解でき 
もっとこうできたのになぁ、、と思う点多々 
でも 即興であるところに 面白味がある
    
イメージ 1

写真家の安田さんのお手製 お料理も 
ビックリするほど 素晴らしく
よくこれだけ準備されたと 驚かされました

作品の 奥深い部分の  
未知の扉に 触れさせていただき
おもてなしの 心に包まれ
改めて コラボの幅の広さを 痛感したのでした

開くトラックバック(0)

イメージ 1

無事に 大阪での展覧会を終えました
今回も 独自の切口から見た モーツァルトの奥深さに
驚かされることも多く 他作家さんのコンセプトをヒントに
絵を読むことの 奥深いおもしろさに 
気付かされた気がします

在廊日が少なく 失礼致しました 
不在の間にも ご来場くださった皆様 
本当にありがとうございました
厚くお礼申し上げます
芳名録に残してくださった お名前
心の支えに させていただいています

搬出を終え 昨日は 私が活動する奈良のソムリエの会合で
初めて保山耕一さんの映像を 拝見しました
保山さんは  撮影された日を 
映像作品の中に記しておられましたが
驚いたことに 偶然 明日香 吉野山は 
同じ日に私も 同じ景色を見ていました

大きなものだけでなく  足元の小さな命にまで注がれる
温かい視点がとても心に響きました

愛ある眼差しが語る  表現力ほど大きなものはない

内容 語り口も あたたかく
とても刺激に させていただきました
あの原動力は いったいどこからくるのか
あとで 闘病中でおられると知り 背筋を正す想いがしました

やり残したことがないよう 感謝の気持ちを込めて・・
私も その志をあやかり
 次に臨みたいと思いました

7/28-8/10 真夏のアートフェスティバル ギャラリー菊
8/31-9/8東京都美術館
10/4 郡山城レセプションホール
10/26 奈良市中部公民館

感じるNY 合間に随時

開くトラックバック(0)

イメージ 2

ギャラリー菊周辺は 都心 梅田に近いのに
 落ち着いた文化と歴史の香りする 特別な街
新旧 色んなお店もあって 美味しい所も豊富

一年ぶりの この界隈
去年は地震で  展覧会も 初日クローズで
どうなることかと 思いましたが
あれから一年 もう随分過去のことのように
感じられて  何もなかったような
不思議な気分です
 
毎年この時期に  音楽をテーマに
展覧会を開催できること 幸せに思います

なんとか 初公開の作品 間に合いました
50号2枚で 1作品
お題は モーツァルトですが 実は
  源流になったのは 今春 感動した奈良の光景です
その源流とは いかに・・・
どうぞ  生でご覧ください

イメージ 1

追加の お知らせ
10/4 奈良県郡山城 レセプションホールにて 
講演させていただくことが 決まりました
フェニックス大学からの 依頼で 演題は
これから 考えます


開くトラックバック(0)

イメージ 1

書きたい  行きたい  創りたい  会いたい
やりたい事の山が どんどん隆起して 
富士山を見上げてるような気分です

時間のやり繰り上手な人に 教えを請いたいです

まずは 夢のような ご報告 
『お寺参りが楽しくなる 百寺巡礼』おかげさまで
初版 完売 重版出来 決まりました 
数々の応援ありがとうございます
個人の出版では こうはいかなかったと思います
チーム力の大きさを  実感させていただきました 
この経験 今後に活かしたいです  
先輩方 応援者の皆様に 感謝

執筆した三ケ寺案内のリクエストも 沢山いただきました

大阪での絵画展が 近付きました
毎回楽しみに来て下さる みなさまや 
実力派の他の出展者にも 
楽しんでいただけるよう・・
ラストスパート中

会期中の在廊日時の詳細は 直接ご連絡くださいませ

イメージ 2

開くトラックバック(0)

イメージ 1

早々 励みになる 温かいご感想
お心遣い  応援 ありがとうございます

Amazonでは 入荷待ち
大阪方面の書店でも 好評と 連絡いただきました
奈良では ベストセラーとのことです

イメージ 2

色々 個人的に ご質問もいただきました
 丁寧に読んでいただいている反応は とても嬉しいです

「次の講座はいつですか」嬉しいお言葉です
ありがとうございます   次回は 10/26 です
この日は 受験対策講座ですが その中で少し
今回の執筆取材秘話も 投入できたらと 思っています

近々の 活動予定は
6/10〜15 大阪ギャラリー菊出展
8/31〜9/8 東京都美術館 近代美術協会展出展
しばらくは 絵画制作に 全力を注ぎます

が・・myウォーキングは 時々計画していますので
遠慮なく どうぞ ご参加ください

日程は未定ですが 円成寺をまた違った視点で
毎日新聞の記事も 書くことになっています

それから 楽しみに待って下さってる皆さまへ
五感で味わうNY旅記録は 
ようやくPP編集が 完成しつつあります
こちらも どんどん広がって スライド数200越
あまりにデータが重すぎるので  
もう少し タイトに熟成させます
バーチャルNY旅を  楽しんでいただけるような
編集 目指しています
あと少し お待ちください

開くトラックバック(0)

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事