はなのブログ

エロンガータリクガメを迎えました

イメージ 1

うちに来てから二ヶ月くらいたちました。初めて自分から水浴びするところを見ました。

iPhoneから送信

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うちに来て3日目ですが、まだ慣れていないようで私が見ている前ではエサを食べません。帰宅するとエサを食べた形跡があるので、拒食は無いようです。狭いところが好きなんでしょうか?ケージの壁と湿度確保用に設置してある水入りのバットの間にいらっしゃいました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ケージをテスト稼働させていましたが、何とか湿度60から70%を維持できるようになったので、エロンガータリクガメを買いました。

イメージ 1




インドホシガメ、アカアシガメ、エロンガータリクガメが候補だったのですが、美白のエロンガータにしました。甲羅に黒い模様がほとんどない個体です。欧州生まれのCBベビーです。大きさは7センチほどになります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2年くらい前?にアカアシガメの飼育に失敗しました。それまでギリシャを2年以上飼育してきたこともあり、「霧吹きや温浴を頻繁にやれば飼育できるだろう」と軽く考えてしまったことがいけませんでした。この程度では湿度が維持できなかったのです。結局落としてしまいました。申し訳ない事をしたと思っています。

再チャレンジを考えていましたが、このまま飼育しても絶対に落とすでしょう。自分なりに湿度を保つ方法を考えてケージをセットし、試運転してから飼育に臨むことにしました。うまく湿度を保てなければ、飼育をあきらめます。湿度を保つにはどうしたらいいでしょう。

・ケージについては、密閉性の高いものにします。以前、ギリシャの飼育に使っていた木製ケージで、密閉性の良さから真夏に温度が40度近くになるやつが物置に眠っていました。こいつを使います。真夏は別途対策を講じます。

・床材の量を増やします。うちではヤシガラを使っているので、床材の量を増やせば保水性も向上します。ケージを加工して、床材の量をギリシャの倍近くにしました。

・噴霧は朝と夜の2回実施します。

・アカアシガメは、明るい照明が苦手だったという話を聞きました。ギリシャリクガメには、レプティグロー10.0にレプティグロー2.0を併用して明るさを確保していますが、アカアシはレプティグロー10.0だけにしてみます。結構薄暗いです。シェルターも大型のものに変更しました。

ということで週の初めから、試運転をしていますが湿度70%がキープできています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うちのリクガメたちの主食は小松菜です。もちろんこれだけではないですが。その小松菜が、一束198円とだいぶ高くなりました。

今日は近くのスーパーで、青梗菜2個1セット98円を見つけたので、残っていた2セット全部買い占めました。

イメージ 1



冬場は暖房費の他に餌代もかさみます。スーパーのセールや見切り品が非常にありがたく感じます。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事