ここから本文です
あさま銀嶺ぶろぐ
ヤフーの怠慢、🐔箱入汚蛆さま🐔の低脳ぶり、そしてヤフーブログの「程度」を世に晒します♪

書庫全体表示

北へ・・87〜88 - part3

↓北へ・・87〜88 - part2
http://blogs.yahoo.co.jp/tett169/22316258.html

の続きです。

第三章の 「 函館夜景・松前線 」 です。





イメージ 1

函館駅待合室の連絡線ポスター前でT氏。






イメージ 28

駅構内食堂 「 みかど 」 。
いかソーメンを食す。




イメージ 2

イメージ 3

駅前に展示の「 津軽丸 」錨とD51動輪。
〜コレは新駅舎になった現在でも展示してあるハズ・・(行ってません・・)。





イメージ 4

ロープウエィがリニューアル中で運休。徒歩で登れるところまで登って、
学校の校庭端から夜景撮影強行・・。




イメージ 5

あまりにも平板!





イメージ 6

記念写真 (真っ黒・・)






イメージ 7

旧函館区公会堂。 ・・・ライトアップしてキレイ・・。
( ヤロー2人で巡るコースでは・・・?? )



函館といえば・・

however glay
たまにはこういうのも良いです。・・・ Up主様、お借りします。感謝!



2月の 「 はこだて冬フェスティバル 」 サイコーに盛り上がります。

・・・今でもやっていますでしょうか・・。







・・・・・・・駅至近のビジネスホテル泊。
( 年越し・・ )





イメージ 8

翌元日は廃止迫る松前線へ。
( 完全鉄行動・・ )





イメージ 9

函館駅ホームにタラコ色キハ40。





イメージ 10

江差線内では、津軽海峡の向こうに函館山を望む。






イメージ 11

イメージ 12

木古内。 春の開業を待つ津軽海峡線の真新しい架線。
レールは雪に埋もれている。




イメージ 13

イメージ 14

松前線に入り、唯一の列車交換。( 駅名失念・・ )





イメージ 15

松前到着。 正月の北海道で“雨”に打たれる。



イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

駅スナップ。
函館までより、江差までのほうが運賃が高い!




イメージ 20

折り返し発車。 永久のサヨナラ・・




イメージ 21

再び海を眺めつつ函館へ。





イメージ 22

木古内に差し掛かる。 開業を待つ海峡線が雪に埋もれる。
「現役」の松前線車内より。 
・・何ヶ月かすれば、「 はつかり 」 車内からこちらの“松前線跡”を眺めることになる。





イメージ 23

再び津軽海峡が広がる車窓。





イメージ 24

上磯。




イメージ 25

函館到着。




イメージ 26

特急列車発着のない時間は、画面に人のいない写真が撮れた。




イメージ 27

函館桟橋夜景を。
・・・「 羊蹄丸 」だ。 ( 現・船の科学館保存 )




・・・以下続く。
 

この記事に

  • 顔アイコン

    松前線懐かしいなあ。北海道のディーゼルカーは白より、タラコ色の方が雪に映えていいです。

    日本狂蘭党

    2009/11/21(土) 午前 2:37

    返信する
  • 顔アイコン

    日本狂蘭党さま
    松前線、 木古内から先の江差線末端区間より乗客は多かったそうですが、
    あくまでも木古内〜松前だけが“松前線”であったために赤字廃止に・・


    タラコ・・
    窓の小さなキハ40と多くのキハ22が走り、 やはり内地と違う・・を実感できました。

    哲ちゃん+Mc169

    2009/11/21(土) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    いや〜、なつかしいです!
    わたしも81〜86年の年末年始は毎年北海道に行ってました。
    温泉、初詣、翌年の賀状の写真、この三つを条件に最長稚内まで、
    必ず通る函館駅では、(ホームで寸胴鍋で売っている)三平汁を毎年食してました・・・・

    函館山、大晦日は終夜運転をしてまして、真夜中に2時間三脚立てて
    バルブしました、キタキツネが来たりカメラが結露しそうになったり・・・

    あの頃の時刻表の路線図は「線路」がいっぱいあったのに・・・・・
    い〜時代だったなー。

    あ〜雪の鉄がしたくなりました。。。。

    主水

    2009/11/22(日) 午後 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    主水さま
    そうでしたか・・・どこかでお逢いしていたカモですね。
    年賀状の北海道での消印が欲しくて、わざわざ切手を貼るタイプのハガキで作成、
    道内のあちこちから投函した思い出があります。
    (黄金局・・最高でしたね)

    越年のタイミングは道内奥地にいたことがほとんどで、函館はこの年くらいでした。
    終夜運転だったのですか。 冬季の交通手段がロープウェーのみの函館山、
    リニューアル工事のこの年は悲惨でした。

    哲ちゃん+Mc169

    2009/11/23(月) 午前 1:42

    返信する
  • 6/5 21:20さま

    リンク有難うございます。


    資料となれば大変光栄であります。

    哲ちゃん+Mc169

    2011/6/6(月) 午後 5:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事