何度も集中して聞く、そして書き出す。この作業は細かいところまで>聞かなくてはなりません。それに伴って文法力も付いてきたのだと勝手に思っています。

この方法を知れば、英語スピーキングで最低限行うべき事が一瞬でわかる。英語が話せると言う手順が実際にわかり、帰国子女や移民の子供が行っていることは、たいして難しいことではないんだな、と言う事がわかる。

英語が話せるようになるまでかかった日数は3ヶ月。きちんと真似ることができることで、英語が話せる状態が手に入る。

1日1時間〜2時間必要。

英語参考書の英語では、自分が言いたい英語と言うのがなかなか見つからない場合が多い。自分が言いたい英語を今日から言えるようにしてしまう。


>> 徹底解剖英語塾のやり方






この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事