おらのくにから

自分勝手な綴り方教室を開いてますさ

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久々の丹沢山

2018.10.20

10月になって三日目の晴れが予想されてました
漸くか・・・久々に丹沢山に・・・トレーニングを丹沢山でやるかと昨晩決心
したら直ぐに寝なくっちゃと目覚ましを3時半にセット


冷蔵庫を探しまくってカロリーメイト、マカダミアンナッツチョコ、ゼリ―状エネル源をめっけて保冷バッグに
カラス『カァ〜』の夜明け前にハンドルを握って
行きつけのGSで¥152/Lのガソリンを入れて出発です・・・まだ上がるとか
途中コンビニで幾ばくかの食料を買い込んで
暗い道をひた走り・・・通常のコースは崖崩れがまだ修復されてなくて通れないので、大山登山口のヤビツ峠の先の道を利用することに


ところが走行中にフロントガラスに水滴が
ありゃこんな筈ではないですよ、白み始めた空は雲が多いイぞ!
しかしヤビツ峠への急登を走ってる間に空は雲が無くなって青空が・・・
やっぱりな、普段の行いが大事ですよ・・・
ヤビツ峠の駐車場には一台もいない・・・まだ早いからな


目的地の塩水橋めがけて下りになります
車一台やっと通れるような狭いところも多々・・・それでも県道
急な下りをせっせとハンドルを切り返しながら
前に数回走ってるが所要時間とか景色とかまったく覚えてない・・・アルッチュウ
それでも着けるんだから幸せさ
したら、思ったほど時間も掛からず約10kmで塩水橋に
標高ではヤビツ峠から400mほど下がって、新しい認識だが覚えていられるか?
先客が2台・・・一台は出発済み、一台は仮眠中・・・新たに一台が到着


すぐに準備をして出発です、気温は10℃位・・・蛭の心配はない
懐かしいゲートをくぐって通いなれた林道を歩きはじめる・・・山頂まで8kmだと
慣れた路だしのんびりと・・・少し前を一人歩いている
彼は健脚らしい、どんどんペースを上げて曲りくねった道を、やがて姿が・・・
若い衆は元気だなや


やがて林道に分かれる『ワサビ沢出合』に着く
林道を離れ一回目の休憩地『堂平』への登山路に
で出し、いきなり倒木が三本道を塞いでいたが何とか乗り越えて
ひたすら急登を頑張って堂平に・・・出発して65分、休憩
汗びっしょり、ポカリとスタミナゼリーを・・・久々なので長めの休憩
いよいよ丹沢山の懐に侵入するので襟を正して
と思ってたら林道を一人登ってきた、『ありゃ』おらの前を歩いていた人だ
ワサビ沢登山路入口を知らなかったと・・・最近はほとんど使われてないようだ


彼はチョッと立ち話で先へ
おらもザックをヨッコラショ!と背負って出発です
秋の花々を見ながらとキョロキョロしながら杉の大木を縫って標高を稼ぐ
ノコンギクがメンコイ、リンドウが気高い色合いだとか一人でブツブツ言いながら

                                    写真はクリック拡大で

イメージ 1イメージ 2










ノコンギク


やがて天王子尾根へもうチョイと言う所で毎年のお目当てムラサキシキブ様に
大木で一番低い枝でおらの頭より三尺高い位置に・・・綺麗な実が
しばし見惚れて休憩・・・オッシ撮ってあげるからな


イメージ 5イメージ 6










ムラサキシキブ


すぐに天王子尾根に出て平らな道が暫く
そして、傾斜が増してきて、ついには短いが鎖場に・・・それでも年々崩壊して
何年か毎に工事が行われている・・・



イメージ 3イメージ 4









リンドウ


リンドウが咲いておりましたよ・・・綺麗な色藍で


それを過ぎると山頂近くまでの700段位の地獄の木製階段が・・・


イメージ 7


最後、天国への階段です・・・13階段のn倍ではないですから安心ですが・・・
あの上が稜線で左に200mで頂上です
2,3分で頂上に


イメージ 8


いつも通りお姫様に挨拶をと思ったら雲隠れです・・・恥ずかしがることないのに
秦野市を通過した時には真っ白なお姫様が迎えてくれたのに
中央部、右にうすべったく白いところがおらの棲家の山中湖ですよ


イメージ 9イメージ 10









山頂の小屋と小屋のオヤジ自慢のマユミの木です
赤い実が鈴なりで綺麗ですよ

山頂小屋は冬用の荷物がヘリで揚げられてあちこちに
写真以外には燃料のドラム缶が6,7本、プロパンのボンベも6,7本くらい置いてありました


テーブルでお握りとスタミナゼリー、ポカリを頂いて休憩
かなり気温が低くチョッとさぶいですさ・・・多分一桁の気温でしょう
30分程いて下山です
また写真を撮りながら、紅葉の始まりを感じながら
大山を見ると意外と近く見えて、逆だと丹沢山が遠くに見える
初秋の風を冷たく感じながらのんびりと降ってゆく、休むことなく堂平まで
最後の休憩でポカリを飲んで水分の補給
一人登山者が登ってきた・・・このシトも登山道を知らないんだ


最後のワンピッチを休むことなくトコトコ降り、ワサヒ沢を渡って林道に
あとは塩水橋まで汗もかかずにのんびりと
良い山歩きでした
ヤッパリ天気は良くなくっちゃぁ (^^)


あと、車を転がしてヤビツ峠を越えて下界へと


山行記録
塩水橋06:55→08:05堂平08:15→09:10天王子尾根下09:15→10:20丹沢山10:45→11:55堂平12:05→12:25ワサビ沢12:25→13:00塩水橋
登高標高1,100m



この記事に

開く コメント(0)

2018.10.19

9月は一日しか晴れが無かったと先ほどテレビのお天気おっさんが・・・
して10月はと言うと今のところ二日だと言っていた
毎日の天気図や天気予報士様達のご意見もあまり良い天気はなかったと
確かにいっつも曇り空が広がってたような記憶が・・・


その所為か庭のお花たちも季節感がずれているのかいろいろ咲いております
昨日の庭で見つけたお花達です



イメージ 2
イメージ 1









ベゴニア                     ホトトギス

ホトトギスは小振りですねぇ、木の下の棚の上に置かれてますが栄養不足かな


イメージ 3イメージ 4










ピラカンサ                    ゼラニューム

ピラカンサはやはり工事の関係で2/3程剪定したので本当にさびしくなりました
また、小鳥達とのこの赤い実を挟んで戦が年明けまで続きます
何としても正月には赤い実があって欲しいから


イメージ 5

ウインターコスモス

ウインターコスモスは昨年以前は3mを超える高さに育っていましたが、今年は工事の関係で移動、移動また移動を重ねて、茎がクランク状に何カ所も折れ曲がって背丈は1.5m程です
写真はそれでも2階のベランダからズームで撮ったものですさ
花数は1/10くらいに減って・・・


何もかもが成長不足のため残念な結果でございます
鬼が笑うでしょうが来年はきちんと準備したいと思ってますさ
生きていれば



この記事に

開く コメント(2)[NEW]

月下美人追憶

2018.10.16

ウルグアイとのサッカー新生日本の戦い第三戦をTVで観た
世界ランキング5位のウルグアイ相手では勝利は難しいかな
なんて思ってたら、なんとなんと常にリードで最終的には4-3で勝利
世界ランキング5位の強豪に勝っちまったぜい
って気持ちよくなって、其れだけじゃないお酒が殊の外おいしいのさ
ってブログ更新が遅れて今になっちまった




月下美人がお蔵入りでございます
何ごとかとお思いでしょうが歴代のお花が同じように保存されていて
二十輪以上が保存されてますよ

イメージ 1



一番下の二つが今年の『姉妹』でございます
おらとこにはこのほかにも焼酎漬けになった姉妹がいます
それがこれです


イメージ 2


これだと一年中みられると思い気やそうじゃないんですよね
中身を呑んじゃぁいけねぇ、ってんで普段は食器棚の下の小部屋に
思い出したら、出して観るという寸法で・・・幽閉です
まるでクラゲみたいですが10年以上は経っている一品でございます


今のところ焼酎は減ってません・・・我ながらアッパレ!
褒めるに値する・・・と本人は思ってますさ



この記事に

開く コメント(8)

いよいよ秋本番

2018.10.11

ほんの数日前晴天が現われました
これが秋の空だぁ・・・ですね
何処かで運動会の行進曲、時折の歓声
おじ様には関係ない世界がこの世にあるんだ



イメージ 1

ほんとうに清々しい空でしたよ
あの荒れ狂った台風の日々(あえて複数)が嘘のように穏やかな
銀杏は皆落っこちたんだろうな・・・数年拾いに行ってない


高校の時3年間担任だった先生が亡くなっていた
毎年のように飲み会をやっていたんで今年もと思って電話
したら奥様が『実は・・・』と一部始終を聞かされて愕然と・・・
肥後もっこすの先生は、医者にも掛からず自宅で
最後は救急車で運ばれたが・・・
『肝硬変』とにかく酒が好きで、おらの棲家に来ても朝から呑んでいた
残ってる酒はキープのまんまか・・・
きょうお別れに行ってきます


あのおっさん絶対あの世の呑み屋を渡り歩いてる・・・確信を持って
上の写真の青空のもっと上に足の裏が見える
千鳥足だなや


残念!


この記事に

開く コメント(14)

大騒ぎの後

2018.10.05

興奮冷めやらずと言うかお酒の所為かの昨日はボオォォっと一日が
鉢を外に出したのが仕事らしい仕事で・・・
その鉢とお花は雨に濡れております

                                                  クリック拡大

イメージ 1イメージ 2









あ ね                       いもうと

二日経った月下美人姉妹です
妹は同じ薄命の朝顔と並んで『ああたも頑張りなさぁい』と言ったかどうか
この後完全に枯れたら歴代ご先祖と同じ場所に保管します


今日は雨模様薄らさぶく一枚多く羽織って
再びくる台風に備えております
まだ庭の整理は進んでおらず、力仕事は汗を搔かない時期に・・・サボる口実


この記事に

開く コメント(16)

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事