晴天乱流

鳥撮りときどき飛行機の写真ブログ、 画像の無断使用はお断りします

全体表示

[ リスト ]

 洋上で生活する鳥さんの生態、飛び方なんてどこにも書いてないので
  上空ばかり見ていたら、大きな鳥が海面スレスレで飛んできました。

イメージ 1


 ゆっくり数回羽ばたいて・・・・

イメージ 2


 あとはグライダー状態で、羽をピンと伸ばして滑空〜帆翔していきます。

イメージ 3


 この角度だとすごく羽が長く感じます。滑空比は30以上でしょうね〜

イメージ 4


 後ろから見たところですが信じられないほど翼の厚さが薄い!
  人間の作った飛行機だと、付け根の方が分厚くないと強度がもちません。
  
 別の話ですが鳥の骨格構造がよく判ります。
  片方の翼の1/4位の所が人間の肘に相当するところで1/2位の所が手首に相当します。
                     風切り羽根の三列、次列、初列の意味が解りやすくなりますね。  

イメージ 5


 これくらい低い高度だと空気抵抗が半分くらいになります
  航空用語ですが、地面効果(水面効果)といい誘導効力が…余計な話かな?

イメージ 6

 今週は九州を狙っていましたが、飛行機も宿もどこも満席・・・トホホ〜です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事