晴天乱流

鳥撮りときどき飛行機の写真ブログ、 画像の無断使用はお断りします

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全87ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 洋上で生活する鳥さんの生態、飛び方なんてどこにも書いてないので
  上空ばかり見ていたら、大きな鳥が海面スレスレで飛んできました。

イメージ 1


 ゆっくり数回羽ばたいて・・・・

イメージ 2


 あとはグライダー状態で、羽をピンと伸ばして滑空〜帆翔していきます。

イメージ 3


 この角度だとすごく羽が長く感じます。滑空比は30以上でしょうね〜

イメージ 4


 後ろから見たところですが信じられないほど翼の厚さが薄い!
  人間の作った飛行機だと、付け根の方が分厚くないと強度がもちません。
  
 別の話ですが鳥の骨格構造がよく判ります。
  片方の翼の1/4位の所が人間の肘に相当するところで1/2位の所が手首に相当します。
                     風切り羽根の三列、次列、初列の意味が解りやすくなりますね。  

イメージ 5


 これくらい低い高度だと空気抵抗が半分くらいになります
  航空用語ですが、地面効果(水面効果)といい誘導効力が…余計な話かな?

イメージ 6

 今週は九州を狙っていましたが、飛行機も宿もどこも満席・・・トホホ〜です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 4月20日、八丈島からの船の到着が遅れ、午後2時過ぎに三宅島三池港を出港。
  しばらくするとオオミズナギドリがチラホラと現れました。船の六階のオープンデッキから。

イメージ 1


 舳倉島の船よりも鳥との距離が倍くらいあるのでチョツと遠すぎ?
  それでも大きなオオミズナギドリの群れに近づくとこんな感じになります。

イメージ 2



 オオミズナギドリばかりの状態が続きましたが、大島を過ぎてしばらくすると
  本命のクロアシアホウドリが登場です。大きさが倍くらいあるので距離も問題なしです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 アホウドリとコアホウドリとクロアシアホウドリの三種、持参した図鑑を見ても
  始めてみる種類ですから現場ではよく判りませんね!        続きは次回!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 写真からではほぼ判別不能のムシクイ類、三宅島では
 イイジマムシクイしかいませんから自信を持って名前を書けます? 

イメージ 4


 三宅島アカコッコ館の水場でたくさん撮らせてもらえました。

イメージ 1


 羽づくろいのシーンですが、翼帯が摩耗した成鳥のようです。

イメージ 2


  雄雌は判りませんが美女の入浴シーンかも?

イメージ 3

 
 舳倉島と飛島で撮った種類特定不能のムシクイ類の大量のストック、
  頭央線で判別できるセンダイムシクイ、富士山のメボソムシクイ、三宅のイイジマムシクイ
   足がピンクのエゾムシクイと種類特定の手掛かりになる種がようやくそろってきました。  
                                                              つづく

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アカコッコ  Izu Thrush

 先月は宮古島にいきましたが、似た名前の東京都の三宅島には
  鳥見目的では行ったことがありません。三宅の固有種とあわよくばアホウドリが?
    ということで天候と風、波の弱いタイミングを待ちましたが結構待たされてしまいました。

 舳倉島や飛島航路の船より一桁大きい5千トンクラスの船ですから
   ちょっと勝手が違います。船体後部の露天甲板と、その下の屋根つきの甲板が
   撮影スペースです。往路は夜10時半出航、三宅到着は朝5時と何とも妙な時間帯です。
    往路は寝るだけですが、船が八丈島に行っている間にバスで大路池のアカコッコ館付近に行き
     午後1時半の復路便で帰る日帰りパターンを試してみました。        
   
イメージ 1


   大路池の周りを歩きはじめると運よくアカコッコが!

イメージ 2

 半逆光ですが証拠写真です。次回は宿泊して固有種狙いですね。
  
イメージ 3

 つづく

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 昨年秋、石垣島で見たシロガシラなんですが市街地の公園で大きさが
  かなり違って見える2羽が電線にとまっていました。判定保留で気になっていた写真です。
   瑞鳥庵さんのブログでシロガシラには ヤエヤマシロガシラと沖縄本島にいるタイワンシロガシラ
    2亜種がいるとの事でストックの写真を調べてみました。    

イメージ 1
 2017 11月3日、石垣島 ヤエヤマシロガシラ冬羽


 2015年4月、沖縄本島南部 タイワンシロガシラ夏羽
イメージ 2


 同 タイワンシロガシラ、水浴び中。
イメージ 4



2014年10月、石垣島のヤエヤマシロガシラ冬羽
イメージ 3

 沖縄本島のタイワンシロガシラの冬羽とヤエヤマシロガシラの夏羽は
  未見なので色調の違いを検討できないのが残念です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全87ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事