晴天乱流

鳥撮りときどき飛行機の写真ブログ、 画像の無断使用はお断りします

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 クロツラヘラサギは結構数が増えてきたようですが、やや少数派?のヘラサギです。             大授搦・・・③

イメージ 1


 左が成鳥、右が若鳥。中央はクロツラ、ほかはハマシギ、ズグロカモメ。

イメージ 2


 3月20日朝の8時13分、クロツラヘラサギの中のヘラサギ成長と若鳥。
  嘴だと判別不能ですが目先の部分だけが相違点です。

イメージ 3


 若鳥の着陸風景。翼の黒色部分が小さく、もうすぐ成鳥です。

イメージ 4

                                                       つづく〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

  普段は一羽の鳥さんを撮るケースがほとんどです。                            大授搦・・・2
  ところがこの時期の有明海の大授搦は”渡り”のシギ・チドリで
   まるで通勤ラッシュのような状態で鳥さんだらけ。おかげで写真の
    隅々までヘンな鳥さん?が写っていないか調べるので大変です。(・_・;)

     関東では少数派のホウロクシギ 

イメージ 1


 地上の写真では、翼の下面、腹部、尾筒がよく判らないケースが多く
  同定に苦労しますが、飛行中は判りやすいので助かります。

イメージ 2


 前の2羽はダイシャクシギです。

イメージ 3


 ダイシャクが二羽まじっています。

イメージ 5


 おまけで後から。
   地面にいるのはズグロカモメ、ダイゼン、ハマシギさん。

イメージ 4

                                                 つづく〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 有明海には何度も行きましたが、満潮のタイミングとお天気の予報が
  毎年かみ合わずなかなか満潮時の様子を見る事ができませんでした。
   3泊のうち一日雨の予報でしたが、今回天候を無視して行ってきました。
    まだ画像の整理を始めたばかりですが、とりあえずは夏羽のズグロカモメさんたちです。

イメージ 1


 多数派のハマシギさんと見つめあっています。

イメージ 2


 
イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5

 つづく〜

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 シベリアジュリンと同じ場所でのオオジュリン
 芦/蘆/アシの中ほどに掴まったポーズばかりなので四角く切り取りました。  

イメージ 1


 この姿勢だとシベリアとの区別は嘴の形と、眉のハッキリしていることです。

イメージ 2


 羽の乱れている個体ばかりの中でめずらしく
  髪の毛・・・・じゃなくて、キレイに羽の整った♀さん。

イメージ 3


イメージ 4


 羽がグッチャグチャです。芦の狭い隙間を飛び回りますから無理もないけど〜

イメージ 5


 3年前のストックから、若のようですが稀には地上に降りる事もあるようです。

イメージ 6

  

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

 3月12日、前回と同じ神奈川県内での話です。
  早朝から5時間、同じ場所に張り付いて観察してみました。
   誤認しやすいオオジュリンがたくさん出てくれましたが、ほかに
    シベリアジュリンが意外に出てくれました。もちろん数個体ですが。

イメージ 5


 足の色、マユの形がポイントです。問題の小雨覆については次回。
 
イメージ 1


 嘴の上辺がほとんど直線に見えます。

イメージ 2


 普段はこんな様子で芦の上の方には出てきませんが、
  移動の時期が近いのか春だからか、芦の中くらいの
   高さと地上を往復していました。オオジュリンは下には
    下りないようです。

イメージ 3


 ”飛び出し”が撮れました。羽根が変な具合ですが、開く途中の
  かなり珍しい写真です。どうなっているのか半日考えさせられました。

イメージ 4

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事