うさぎLIFE

「TFG」の活動や皆様に役立つ情報を、ブログを通じて発信します。

全体表示

[ リスト ]

  マラソン期Ⅰ(年内11〜12月)のレースが終了して、ランナー一人ひとりが成果と課題を確認していると思います。マラソン期Ⅱ(年明け2〜3月)に向けて、必要な力を養成できるように間の期間を過ごしてほしいですが、忘年会や新年会等、年末年始の行事が続き、また風邪やインフルエンザが流行する時期ですので、1番は「無理をせず」に体調管理に努めることが大切です。この時期の体調不良は練習が途切れてしまうだけでなく、その先のレースにも大きく影響します。例えば気管支炎では呼吸が苦しくなり、42.195kmの長丁場を走り切ることは難しく、生命の危険も心配されます。東京マラソンが始まって以降、全国に市民マラソン大会が普及し、地元でも北九州マラソンに参加する市民が増えていますが、体調不良でも何とかなるという気持ちでスタートするランナーが少なくない印象です。ランニングを楽しむためにも、目標のレースに向けて練習を積むためにも、年末年始に節度ある行動を心がけて、レース本番まで体調管理に努めましょう。

  12月練習会では、体操、身体ジャンケン、鬼ごっこ30''×3、ハードルドリル4種、ラダードリル4種、Jog500m、ハードルドリル1種+ラダードリル1種+60m、Jog500m、2人組運動3種、2人スキップ、スキップ、ミニハードルJump3種、ミニハードル走100m×3、ペース走5000mまたはテンポ走120m×10、Jog、体操、腕振り、ハの字を行いました。
  気温4℃下のスタートでしたので、楽しみながら運動量を確保して、寒さを笑顔で吹き飛ばすことができたと思います。先日のACP講習会での実践もアレンジして取り入れました。考えて動く難しさや、できるように繰り返す努力、できるようになった喜び等、中高年の方が多い練習会では認知機能の低下を防ぐ運動になりました。これはランニング技術を習得、改善していく上でも重要な力です。ランニングエコノミーを向上させ、効率の良いランニングを求めていくために、今後も様々な運動に繰り返し取り組みながら、新しいメニューも増やしていこうと思います。

  クラブ忘年会では、クラブ会員さん相互の親睦を深めることができました。思恩〜真空管〜(小倉北区魚町)の美味しいコース料理で、藤堂農園産大葉春菊のおひたしも味わっていただきました。写真を撮り忘れてしまいましたので、来年は活動の様子を記録するように意識しようと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事