うさぎLIFE

「TFG」の活動や皆様に役立つ情報を、ブログを通じて発信します。

全体表示

[ リスト ]

北九州市学校給食

  当農園は、JAの出荷グループを通じて、北九州市の学校給食の食材に、小松菜・ほうれん草・大葉春菊を、年間を通じて出荷しています。
  平成23年から全中学校で給食が実施されるようになり、現在、市内の全小学校・中学校・支援学校の子どもたちが給食で食べています。
  地元産の野菜が使われ始めたのは平成7年で、僕の父も生産者側として、北九州市学校給食協会や中央卸売市場と取り引き交渉を行いました。
  現在は、通年、様々な地元産の野菜が使用され、地元食材づくしメニューもあるほどです。特に小松菜は、周年使用されています。
  僕は北九州市では4年間教師をしましたが、給食指導はもちろん、社会科や食育の授業で生産現場の様子を伝え、子どもたちに農業や食育について調べたり、考えたりさせてきました。特に思い出深いのは、初めての小学校担任時、北九州小倉特産の大葉春菊の授業で、生産者や市場関係者をインタビューした動画を見せたり、地元農家の圃場に見学や質問に行ったりして学習を進め、学んだことを子どもたちが模造紙やスライドにまとめて授業参観で発表しました。その後、これをJAの何かの総会で特別発表してほしいという依頼があり、子どもたちが作成したものを紹介しながら講話したことがあります。当時の子どもたちが一生懸命に学ぶ様子や地元食材を味わいながらワイワイ給食を食べる姿を思い出すと、いつも自分自身のモチベーションを上げてくれます。
  給食出荷は、消費地が地元、しかも将来を担っていく子どもたち、成長期の子どもたちいう対象が決まっているので、生産者としても責任を持って、安心・安全で栄養価の高い野菜を届けたいという思いで仕事をすることができます。これにより、出荷グループ全体の栽培技術や生産管理能力の向上を図ることができます。また、相場に左右されない相対契約ということで、安定生産、安定出荷ができ、給食の予算と生産者の収入面が両立して確保できる利点もあります。
イメージ 1
  今年度最後の給食への出荷は、小松菜、88ケース、880kgでした。
  刻まれて、すまし汁の具材だそうです。
  来年度の給食出荷に向けて、既に作付けしていますが、農業を通じてずっと学校教育に関わることができる喜びを感じます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事