ここから本文です
陽ちゃんのマイブログ
仁淀川地域情報隊員

書庫全体表示

記事検索
検索

全341ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7月24日(月曜)天候 曇りのち晴れ一時雨 気温 33/26度 降水確率 40%

今日の誕生花: オシロイバナ
オシロイバナは南米原産(メキシコ)の多年生草本。皮を取ると白い粉っぽい実が出てくるので、小さな女の子達がそれを顔に塗って白粉遊びをしたといわれています

昨夜(16日)食事のあとこういう展開が待ってました
我々は想定外の出来事でした(*´∀`*)

イメージ 7
17日 AM 10:06 帰路に着く前の山荘
イメージ 1
撮影 17日 0:13
    この時間は16日から17日に日付変更になりました
女性は前夜もこのような姿されたそうだけどそのときは私は寝込んでました
イメージ 2
そして今夜16日〜17日
 女性は二階に 男性は1階で寝ましたが男性も二階に呼ばれこのような姿に
イメージ 3

イメージ 8
     初めての体験です!   
イメージ 4
 私もよ〜く見ないと誰が誰だかわかりません(*´∀`*) 
イメージ 5
17日 8:41
朝食の準備が出来ました
イメージ 6
これがこの日の私のメニューです
イメージ 9
10:06
帰路につく日です
二泊ここでお世話になりました
皆さん荷物もかなりの量です
全てバスに積み込みました
イメージ 10
11:48
帰路の途中寄った所がヒガシマル資料館でした
赤レンガで風情があります
イメージ 11
たつの市は、播磨の小京都とも呼ばれ、今もなお城下町の面影が残る揖保川の山紫水明の伏流水、播磨平野の豊かな小麦、山間部の良質の大豆、赤穂の塩など、立地条件に恵まれ発展した淡口醤油発祥の地。

JR本竜野駅から徒歩20分ほどのところに「うすくち龍野醤油資料館」があります。全国初の醤油資料館として昭和54年(1979)11月開館しました。この建物は、木造建築ではあるがレンガ造りのルネッサンス様式で、旧龍野市では初の国登録有形文化財に指定されております。

兵庫県の「重要有形民俗文化財」と経済産業省の「地域活性化に役立つ近代化遺産」の認定も受けております

江戸時代からの貴重な醤油醸造用具や資料など計2400点余りを展示しており、そのひとつひとつに代々龍野の地で醤油を造り継いできた先人の知恵や工夫を感じることができます。
うすくち龍野醤油資料館館長  安井 卓男
イメージ 12
資料館を入ってすぐ模型が飾られてます
イメージ 13
明治の中頃まで揖保川では渡し舟が交通手段のようでした
イメージ 14
これがその船です
イメージ 15
懐かしい扇風機 
イメージ 16
当時使用されてた道具
これはほんの一部です
イメージ 17
じだいげきに出てきそうな雰囲気です
鉄瓶 火鉢がいいですね
イメージ 18
12:24
資料館の前の通りです
17日、海の日の祭日とはいえ一通りが全くな静かな所です
イメージ 19
この資料館はこのお寺さんのすぐ近くにあります

この後昼食はソーメンで有名な揖保の糸にて食事をします
 それは次回に!

実はこのパソコン
 画像をDVDに取り込むソフト(Roxio)を使用 
  先日からこの機能が不具合になってます

明日市内へ薬を貰いに行くついでにこのパソコンを持って行って診てもらう予定です
どこくらい日数がかかるか? 直ぐ治るかも?

早く治りますように! 

この記事に



7月22日(土曜)天候 晴れ一時曇り 気温 34/25度 降水確率 30%

今日の誕生花:夏椿
葉も花もツバキのように厚ぼったくはありません。また、冬には落葉します。幹はつるつるしていてサルスベリに似ています

暑いですね!

既にこの時間帯で33度! 今日は一番の暑さになるようだ!

今日はこちらは文殊祭りです
5:00からビールの販売開始です

さて二日目のは山荘より但馬妙見山の登山です

絶好とまではいかなくてもそこそこの登山日和でした

      バスの中から見た竹田城の頂上付近 9:46
イメージ 1

イメージ 2
山荘での朝食
今日はしっかり食べて登山です
イメージ 3
10:54 登山口に着きました
イメージ 4
このバスに地元から乗ってきました
イメージ 5
山荘のオーナーです
数年前はアルプの山々にも登山されてたようです
イメージ 6
運転手と高齢のOさんを残して
イメージ 7
何だか既に秋を感じる姿です
イメージ 8
11」08 いよいよ出発です
イメージ 9
11:21
元妙見キャンプ場の管理棟(760m)が見えてきました
イメージ 10
まだこのあたりはなだらかな坂道です
イメージ 11
こんな木を見つけました
杉とブナの木の婦夫?(*´∀`*)

イメージ 12
自然のオブジェ
かつらの変化したもの?
イメージ 13
芸術的?
イメージ 14
おっとと(*´∀`*)
仮面?
イメージ 15
まだ皆さん余裕があります
イメージ 16
11:38
このあたりからやや上り坂厳しくなってきました
イメージ 17
オーナーの話によるとどうやらクマの仕業とか?
 
イメージ 18
11:46
小休止 喉を潤す
イメージ 19
こういう青いものを見ると清涼感を感じ疲れが取れます
イメージ 20
前方を見ながらひたむきに歩きます
イメージ 21
お〜?何やら??
よく見ると動物に似た木の株でした(*´∀`*)
イメージ 22
シナの木
材は白くアイスクリームのヘラ、キャンデーの棒、割り箸
鉛筆また北海道ではクマの彫刻材に用いられます
イメージ 23
12:11
前方見ると明るくなり頂上が近くになったことを伺わせます
イメージ 24
12:44
頂上着
イメージ 35
ハイ 皆さん お疲れ様でした
これから木陰で食事です

13:30 下山開始
イメージ 25
?の花
イメージ 26
石仏の銅像が至る所にあります
イメージ 27
16:34
名草神社 三重塔着(770m)
実は頂上で下山の道がわからず別の道を50分ぐらい歩き
また頂上に引き返しやっと時計回りの道を下山
予定よりだいぶ遅れました
イメージ 28
16:35
イメージ 29
妙見の大杉
イメージ 30
日光院
16:40
このあとすぐバスに乗り込み再び山荘に向かう
バスの中では皆さん爆睡
私も含んで

イメージ 31
19:18
無事山荘着
すぐオーナーライトアップの準備に取り掛かる
イメージ 32
もう決まってます
この方は鮎を焼く専門に(*´∀`*)
イメージ 33
バスの運転手さんもお手伝い
結構楽しそうです
イメージ 34

このあと楽しいことがありましたがそれは次回に

今夜は祭りに行ってきます   










この記事に

暑中お見舞い



  暑中お見舞い申し上げます

梅雨明けと共に連日30度を超す暑さ
 どうか皆さんお体ご自愛ください。

この記事に


7月20日(木曜)天候 晴れ 気温 32/25度 降水確率 30%

今日の誕生花:ルコウソウ
ルコウソウは熱帯アメリカ原産の一年生のつる草で、夏から秋にかけて赤い花を次々に咲かせます。葉が羽状に深裂し、花は細長い花筒のある星状で、夏の日よけによく使われます。

まあ例年並みに梅雨明け宣言が昨日ありました

梅雨明け宣言後熱中症にかかる人が多いようです。皆さんも気をつけてください!

さて昨日の続きです。

イメージ 1
17:57  山荘着
    
イメージ 2
      取り敢えずバスから荷物を全員で下ろす
イメージ 3
  この方がここの山荘のオーナーです
   地元のお土産と倶楽部からの志をリーダーから渡す
イメージ 4
     オーナーから感謝の言葉とそしてこの後全員で遊ぶ説明があり
イメージ 5
オーナーの庭に造ってます
     JIB LINE サーカスの綱渡りのような感覚です
     中々一人では渡れません
イメージ 6
     女性に支えられて渡った笑顔 
イメージ 7
      この方がこのメンバーでは最高齢! 
       それでも挑戦してます。(*´∀`*)
       女性に手を握られてるのがいいのかな?
イメージ 8
      この後は裏山に登りジョップ ライン
     要するに滑車のような感じで握ってる木がブレーキ替わりです
    これで速度 傾きを調整しながら滑ります
    約100mの工程
    結構スリルがあります 
イメージ 9

イメージ 10
下にもワイヤロープがあり行き 折り返しができます
   これも全員滑りました 
イメージ 11
     19:55
      遅くなりましたがBBQの準備です

イメージ 12
      準備してる間 男性の高齢者から順番にシャワーに入ります
イメージ 13
      これはわが町から持ち込みの鮎です
      塩焼きにしてる所です
イメージ 14
       鳥の手羽先の所を焼いてます
イメージ 15
      台所では女性たちが何か楽しげに話しながら準備してます
イメージ 16
        準備完了!
イメージ 17
  一番の高齢者が長男 右が次男 左がここのオーナーでもある三男で
   三兄弟そろい踏みです  
イメージ 18
20:38 皆さん本日はお疲れ様でした。
         カンパー 
イメージ 19
         これは私がこの時点で食べてるアワビです(~ω~;)))
 このあと、牛肉 猪肉などどんどん出てきます。

ビール 日本酒 九州の焼酎 沖縄泡盛等など

  もうお腹満腹!
      12:00前に床に就く

  明日は登山です
    但馬妙見山へ!

この記事に

7月19日(水曜)天候 晴れ一時雨 気温 33/24度 降水確率 20%

今日の誕生花:ムギワラギク
             オーストラリアが原産です。ヘリクリサムは、ギリシャ語の「太陽」と「金」を意味する言葉を合わせたものです。ドライフラワー用の草花としては最も人気があります。

 15:16:17日と高知遠足倶楽部7月行事として昨年にも行った兵庫県多可町のOさんの山荘に15:16日二泊させてもらうことに

15日
 わが町を6時出発           
一路岡山県方面に向かう
天気もまずまずの良好で日中は暑くなりそう(;´Д`)
イメージ 1
 9;50 瀬戸大橋を通過
イメージ 2
9:51 これは競艇でしょうか?バスの中からなのではっきりはわかりません?
イメージ 3
    倉敷市鷲羽山ハイランドを望む
イメージ 4
11:31    本日の第一の目的地備中松山城に到着 
イメージ 5
     これが我が町周辺を走ってる黒岩観光バスです
イメージ 6
 標高430mの臥牛山頂上付近に建つ天守は、国の重要文化財で、現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。鎌倉時代、有漢郷(現高梁市有漢町)の地頭秋庭重信が大松山に城を築いたのを起源とし、1683(天和三)年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になりました
イメージ 7
 備中松山城周辺の観光案内図
イメージ 8
11:38 バス下車後徒歩にてお城に向かう
ふいご峠から備中松山城までは道のりにしてわずか700m、標高差は130mほど の山登りです。
   山頂430米の所に聳える・・なるほど結構歩きます(||´Д`)o
イメージ 9
     山道にはこんなきのこが?

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
ご存知でしたか?
 NHKの「真田丸」にオープニングに使用されたこと?
  私はこの時点で始めて知りましたが?
イメージ 13
美濃岩村城(岐阜県)、大和高取城(奈良県)とともに、日本三大山城の1つとされる。
イメージ 14
野面積(のずらずみ)の石垣はいま話題の竹田城でもこのお積み方が使用されてますね!
イメージ 15
その後 水野氏など多くの城主変遷を経て明治維新を迎え、山麓の居館などは破却されるも山上の城郭は放置され、荒れ果てながらも破却は免れた。現存する天守・二重櫓および土塀が重要文化財。その他本丸周辺の櫓や門などが史実に基づき復元されている。
イメージ 16
   716-0004 岡山県高梁市内山下1
 岡山県高梁(たかはし)市にある「備中松山城」。現存する天守、天然の岩盤の上に築 かれた石垣、その上に築かれた白壁!これらの要素が作りだす山城の姿は、全国的に 見ても他に類を見ない素晴らしい景色です。
イメージ 17
 入城料 大人 300円
イメージ 18
 備中松山城の天守は現存天守12天守のうち、唯一の山城に残っている天守です。

二層二階の層塔式の天守で、天和3年(1683)に水谷勝宗(みずのやかつむね)の大改修の際に現在の形になったといわれており、約330年間経過しております

天守の高さは約11mで、現存天守の中では最も低いものとなります。

イメージ 19
     城内から見た高梁の街並み
イメージ 20
    銘国重
備中松山城主水谷勝宗が、天和元年( 1681)に着工し、同3年(1683)に修復が完成した備中松山城の天守二階に御社壇を 設け、備中松山城の守護神として安置したのが、この宝剣三口である
イメージ 21

イメージ 22
鯱瓦。備中松山城の天守および二重櫓の鯱瓦は、昭和の大修理の際に昭和製造のものに替えられてしまっており、平成の大修理の際に発掘調査を行ったものの出てこなかったので、鯱瓦のみ現存ではないとの断りがされている。

なお鬼瓦は発掘調査で出土したので、それから型を起こし製造したという。左側の鯱瓦は昭和35年の修理の際に付け替えられた鯱瓦。右側は昭和15年の修理の際に付け替えられた鯱瓦
イメージ 23

イメージ 24
今回はこの10名で(~ω~;)))
   本来は雲海に浮かびお城を見たかったがこれは季節 気温 凡ゆる条件が
   整わないと見られないのでこれは諦めることに(~ω~;)))

尚、資料はインターネットより引用させてもらいました

このあと本日の夜の部 山荘へと移動!
   これは次回に!

http://121ware.com/navigate/images/space.gif
                    
http://121ware.com/navigate/images/space.gif

この記事に

全341ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事