ここから本文です
陽ちゃんのマイブログ
仁淀川地域情報隊員

書庫全体表示

記事検索
検索

全334ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

牧野植物園

4月21日(金曜)天候 雨のち晴れ 気温 23/14度 降水確率 20%

今日の誕生花:ムルチコーレ
クリサンセマム・ムルチコーレは、アルジェリア原産の多花性植物。黄色い花を咲かせ、花壇用として人気があります。

昨日は暦では穀雨だったようです

穀雨 (こくう). 二十四節気のひとつ。新暦の4月20日ころ。百穀を潤す春の雨が降る時期 。 この時期、特に雨が多いわけではないが、穀雨を過ぎると降水量が増加しはじめる。 春季の最後の節で、穀雨が終わるころには八十八夜を迎え、暦の上では夏の到来。

季節も春から初夏に入る時期でしょうか?

さて先日高知市内にある牧野植物園にちょこっと行ってきました
時間があればゆっくり見たかったのですが(~ω~;)))

イメージ 1
撮影場所 牧野植物園
コブシモドキ・・・モクレン科

イメージ 2
             シラユキゲシ・・・ケシ科
イメージ 6
         ケマンソウ・・・ ケシ科
     花言葉:あなたに従う・恋心
ケマンソウは長い茎にハート形の花が沢山付ける面白い姿をしています。仏殿の装飾の華鬘のようなのでケマンソウ、釣竿のような茎に鯛がぶら下がっているようなので、タイツリソウとも呼ばれています。寒さに強い宿根草で、暑さにはやや弱く、強い日差しの当たらない半日蔭に生息している植物です。寒地向きの植物で、暖地では夏は暑さで葉が枯れて休眠して超える事が多いです。

イメージ 3
          ムレスズメ・・・マメ科
    中国原産。
・小枝がたくさん分岐する。
 トゲあり。
・4月から5月頃、
 黄色い蝶形の花がたくさん咲く。
 花は垂れ下がる

     花がいっぱい咲く様子を
    雀が群れてるさまに
    見立てた名前。

イメージ 7
ハナカイドウ・・バラ科

イメージ 4
          リキュウバイ・・・バラ科
別名はウメザキウツギバイカシモツケウツギモドキマルバヤナギザクラ
中国原産の落葉低木。日本では庭木、公園木としてよく栽培されている。花期は4〜5月頃で、白い花を咲かせる。
イメージ 5
           ハルリンドウ・・・リンドウ科
本州から九州、朝鮮、中国に分布する二年草。
日当たりのいい、やや湿った山野の生える。
         開花期:3〜5月

今朝は小雨が降ってたけどそのあとは青空の見える天気に回復
 やや蒸し暑くなってきました

週末如何お過ごしですか?
なんとかお天気も良いようです。お出かけの際はお車ご注意ください

私は昨日近くの警察署へ免許証の更新に行ってきました

先日、高齢者講習を受けてるので目の検査と写真を撮って終わりです
更新料2500円と高知県交通安全協会費1500円 計4000円支払って
この日は終わり
15分ぐらいで終わりました

免許証は23日以後当警察署に取りに行きます
 車で10分弱で苦にはなりません(*´∀`*)


この記事に

我が家近隣の花々

4月19日(水曜)天候 晴れ 気温 24/14度 降水確率 〇%

今日の誕生花:カリフォルニアポピー

http://121ware.com/navigate/images/space.gif  カリフォルニア原産のケシ科の植物なので、カリフォルニア・ポピーと呼ばれています。カリフォルニア州の州花です

 インフルエンザ・・B型
まだ衰えてないようですね ?ご注意ください

はや来週にはGWも始まります。

 
イメージ 1
撮影 19日 AM 7:17
    今朝の散歩道の途中撮影
   ここは個人の方が管理されてます
散歩の時良くここの管理者を見かけます・もういい加減のご年配の方です
      八重桜が満開
イメージ 2
      八重桜は今満開の見頃です
イメージ 3
  桜の下は色々な花が植わってます
イメージ 4
 1昨日の雨と風で八重桜のだいぶ散ってしまいました
イメージ 5
  オンツツジが今まさに満開状態です
イメージ 6
  太陽の光線でよけい綺麗に見えます
イメージ 7
殆ど散ってしまった桜 手前はオンツツジ そしてわが町
イメージ 8
 小さな花のツツジです。九州の土地の名前がついたツツジでしょうか?
 今このツツジも見頃を迎えてます
イメージ 9
 この時期はいいですね!
  色々な花が咲き誇って!散歩も気持ちがいいです 

寒い時は朝の散歩は控えてましたが最近朝の散歩復活しました(~ω~;)))

朝食前の散歩 気持ちがいいです。そして朝食も美味しいです(*´∀`*)                                   

この記事に

開くトラックバック(0)

4月17日(月曜)天候 雨 気温 21/19度降水確率 100%

今日の誕生花:梅桃(ユスラウメ)

梅と名がついていますがサクラ属でサクランボのような食べられる実をつけます。花は桜と同じ頃に咲きます。

今日は最高と最低気温の差が2度しか違いません

夜中も暑くて布団蹴飛ばして寝てました(~ω~;)))

今日は予報では一日雨となってます。夕方には雷注意報も

今日はこんな天気ですが昨日は絶好の登山日より
 高知遠足倶楽部の4月の定例行事です

昨日は仁淀川町の雨ヶ森に登ってきました
この山は四国100名山の一つに入ってます

この日はリーダーが欠席のため全員がリーダーのつもりで仲間意識を高め
登山開始

誰もここの登山口知らないので前日私と友人と二人で登山口を確認

そして昨日9名のメンバーで登山開始
       雨ヶ森

標高 1,390m
安居渓谷の西方向にあり、雨ヶ森には3ルートの登山道があります。古くから通じる岩柄ルートは急登で上級者向き、起伏にとんだ椿山ルートは尾根からの眺望抜群、宝来荘が起点の標高 1,390m
安居渓谷の西方向にあり、雨ヶ森には3ルートの登山道があります。古くから通じる岩柄ルートは急登で上級者向き、起伏にとんだ椿山ルートは尾根からの眺望抜群、宝来荘が起点の樫山ルートは初心者向きでブナなどの広葉樹林も楽しめますブナなどの広葉樹林も楽しめます
イメージ 1
撮影 4月16日  雨ヶ森登山
  わが町を8:30集合 40分に出発
   途中1回池川でトイレ休憩
   そして雨ヶ森登山口に9;30着
      標高 1,390m
 3ルートの登山道があるようだが我々は初心者向きの樫山ルートを選ぶ

イメージ 2
    登山口にイタドリやゼンマイがある
    帰りにでも?(*´∀`*)
イメージ 3
    ここが登山口です
     9:50 出発
    ここの案内板の書き方がおかしい?
    頂上までに4時間の所要時間とは?・・ここで尻込みする者も?
    (*´∀`*)
    取り敢えず出発
イメージ 4
    植林を伐採したのか結構木漏れ日が差し込む
     そして登山道も軽四が通れるぐらいの道がずっとついてる
イメージ 5
   10:13 小休止 喉を潤す
    この日の平地の気温は25度 山でも結構暑く喉が渇く
イメージ 6
    尚も車道を登る
     車道だと結構遠回りになり疲れる
イメージ 7
    小休止  11:25 もう結構日差しが強い
     目の前を小さな虫が飛び交う
イメージ 8
    バイケイソウ・・間違いないでしょうか?
この辺り一体にこのバイケイソウが芽生えてました
        「植物 バイケイ...」の画像検索結果   
 インターネットでお借りしました
     このような花が咲くようです
イメージ 9
 少しピンボケです
  花の名前わかりません?誰か教えてください!
イメージ 10
11:46 約2時間登った所で又こんな看板が出てきました
     登山道入口 
 今までは車道?だったがここからは狭い歩道、いわゆる登山道にに入ります
イメージ 11
11:46 この辺りから男性一人足の工合が悪いと
     顔色も悪い
     私がこの方の後ろに周り二人で多く休憩を取りながらなんとか頂上を     
      目指す
イメージ 12
  12:23 先頭が我々を待っていてくれた
イメージ 14
雨ヶ森(あめがもり)は、高知県吾川郡仁淀川町にあり、四国山地中南部に座する標高 1,390.1mの山である。 石鎚山系の南へ少し離れた独立峰で、地元の人々には信仰の 山であるがゆえ神聖な神の森で、天の森が転訛したのが山名の由来と想像される
   13:00 頂上着  やはり3時間10分を要す
見ると36度視界良好
  素晴らしい眺めだ!
  噂では視界は余り期待できないと聞いてたが?
  全然噂とは違い造像以上に良かった
  達成感100%(*´∀`*)
イメージ 13
 ここでお食事
  私の前に座ってる女性の帽子に蝶蝶が
イメージ 15
 皆で食べるお弁当は格別美味しい
 天気抜群! 眺め良好
イメージ 16
石鎚山系の南へ少し離れた独立峰で、地元の人々には信仰の山であるがゆえ神聖な神の森で、天の森が転訛したのが山名の由来と想像される[1]
左前方の三角に見える山が中四国一の霊峰石槌山
 右の大きくボコボコとした山が筒上山です
イメージ 17
   13:28 食事も終え下山の準備
イメージ 18
     その前に集合写真
   私がカメラを向けると先ほどの蝶蝶が私の手に止まる
   皆さんの視線がこのチョウチョに 
イメージ 19
    交代で私も加わる
     13:35 下山開始
イメージ 20
  下山が本当に膝に来る
    時々休憩を挟み下山
    登りの時足の具合が悪かった男性 下りは何もなかったかのように
    一緒に降りていく

 逆に私がかなり膝にダメージを受けるがなんとか皆さんと一緒に下山
 膝がガクガク 
イメージ 21
この女性もやっとの思いで下山
15:30下山
やれやれ
取り敢えず全員無事下山出来た事が何よりだ

この後皆さんと帰り道コーヒーを飲んで集合場所迄一緒に
ここで皆さんとお別れ

今日一日ご苦労様でした

明日いや明後日足が痛いだろうな? 


イメージ 22
          15:30
正直久しぶりの登山!疲れました(´Д`;)

この記事に

仁淀川沿い

4月15日(土曜)天候 晴れ 気温 24/12度 降水確率 〇%

今日の誕生花:タンポポ
 
よく見かけるタンポポは「西洋タンポポ」です。日本産のタンポポは萼片が反り返っていないので区別は容易です。
イメージ 1
 
イメージ 2


イメージ 3

                     

イメージ 4
         
イメージ 5

このあたりはソメイヨシノまだまだ見られます

今日、明日は花見客も大勢行くと思います(*´∀`*)

私も(~ω~;)))

いい週末をお過ごし下さい!

          画像拡大できます
http://121ware.com/navigate/images/space.gif

http://121ware.com/navigate/images/space.gif

この記事に


4月13日(木曜)天候 晴れ 気温 21/8度 降水確率 〇%

今日の誕生花:エビネ
日本産の蘭の中で人気のあるものです。園芸品種もたくさんあるようです。名前の由来は、根に節が多く、海老の背に似ていることからエビネと呼ばれるようになりました。

今日は朝から青空が見えていい天気です

ソメイヨシノの桜も木によっては満開の状態もあれば既にだいぶ散ってる木も
あります

わが町ではソメイヨシノに変わって八重桜がだいぶ咲き始めました

そしてツツジ(オンツツジ)も

今はツツジと桜の競演も見られます

昨日仁淀川町の枝垂れザクラとひょうたんザクラを見てきました
なんだか毎年アップしてるように思います

この桜を見ないと今年はさくらを語ることはできません(*´∀`*)

イメージ 1
撮影 4月12日 AM 9:07
    仁淀川町大石家のしだれ桜
           右下クリックして下さい。拡大できます
 
この枝垂れ桜は中越家のしだれ桜の子孫ということもあって見事な大石家のしだれ桜
樹齢は50 年ほどで昭和42年ごろ、先代当主が孫と一緒に植えた。
イメージ 2

イメージ 3
 大石家のしだれ桜の近くに有る河津桜としだれ桜
イメージ 4
 花びらが水面に落ちてました(*´∀`*)
イメージ 5
  むしろ近くで見るよりやや遠く離れた下から見るほうが綺麗です
イメージ 6
 9:21 中越家のしだれ桜の所にたどり着く
     まだ時間が早かったせいか人は思ったほどいなかった
     それでも7〜8人ぐらいは
     アマチュアのカメラマンが殆どですが皆さん大きなレンズを下げて
     来てました。
イメージ 7
  正面から見たしだれ桜
中越家のしだれ桜は樹齢約200年のエドヒガンサクラでウバヒガンサクラとも言う。高さ10.3m、枝張り15mの見事なしだれ桜
イメージ 8
土佐の別枝村の庄屋の中越家は、かつて佐川領主の深尾公の休憩地だった。そこに、これも桜の名所である市川家より桜木を植栽したもの
イメージ 9
3月下旬から4月上旬にかけて、鮮やかなピンク色から咲き始め、やがて満開の頃には白い清廉な色の桜に移り変わる。
イメージ 10
    真下から見たしだれ桜
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
 大石家の側にあるミツマタの花
  普通はやや黄色がかった色だがこれは赤?
  土地の人に聞くとこの色は珍しいとのこと!
冬になれば葉を落とす落葉性の 低木であり、ジンチョウゲ科のミツマタ属に属する。中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地と される
イメージ 14
3月から4月ごろにかけて、三つ叉(また)に分かれた枝の先に黄色い花を 咲かせる。そのため、「ミツマタの花」は日本においては仲春(啓蟄〔3月6日ごろ〕から 清明の前日〔4月4日ごろ〕まで)の季語とされている

中国原産で、冬に葉を落とす落葉性の低木です。枝が三つ叉に分かれるところから「 ミツマタ」と言います

イメージ 15
河津桜としだれ桜そしてまもなく茶摘みが始まります
イメージ 16
 ひょうたん桜

イメージ 17
齢約500年、樹高約21m、根元廻り約6m、県の天然記念物にも指定されている桜の古木。学名はエドヒガンだが、つぼみの形がひょうたんに似ていることからいつしか「ひょうたん桜」と呼ばれるようになった。大崎からひょうたん桜までの道のり3.5kmあり、幅員が狭く、シーズン中の週末は大変混雑するので注意。
イメージ 18
ひょうたんザクラの根元
  根元廻り6m、県の天然記念 物にも指定されている桜の古木。
イメージ 19
樹齢500年のウバヒガンサクラの巨木。土地の始祖大崎玄蕃がここに祇園神社を祀り、今もその祀があることから地元の人たちはこの桜を「祇園さま」と呼び大切に守り続けています

所在地
〒781-1505 吾川郡仁淀川町桜
開設時間
3月下旬〜4月上旬が見ごろ
料金
無料
駐車場
無料
普通車約70台 バスの乗り入れについて 全長7m以下なら通行可能
交通アクセス
高知自動車道伊野ICから、車で約1時間30分

お問い合わせ
仁淀川町産業建設課
電話:0889-35-1083

    
お問い合わせ
仁淀川町産業建設課
電話:0889-35-1083






この記事に

全334ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事