ここから本文です
ナンミンウォッチ
難民問題に関して日本では報じられない最新情報をお届けします!

書庫全体表示

このブログで過去2度ほど取り上げた、ドイツ在住のシリア移民青年Aras Bacho氏を覚えておいででしょうか。

Aras君、ハフポ(筆者注:「ハフィントンポスト」。西洋リベラル諸氏御用達の極左オンライン紙です)に雇われドイツ語版のコラムニストを務めており、「『怒れる』ドイツ人はAfD[反大量移民政党:ドイツのための選択肢]と一緒にドイツを出ていけ」「ドイツ・そして欧州の全ての標識はアラビア語に翻訳されるべきだ」といった暴言および無茶なおねだりを発信しています。

そのAras青年、どうやら最近ツイッターに不味いことを書いてしまい、後に引っ込めたものの目ざといネット民に保存されてしまっていたようで、その中身が浮上してきています。

Silvesterというタグをつけたうえで、「大体において女性が非難されるべきだ。夜一人でいた[のだから]。」「一方では、難民たちは行儀よく振舞うべきだ。」とツイートしたというのです。


Silvesterとはドイツの大晦日のこと。大晦日と夜一人で歩く女性と難民といえば、多くのドイツ人にとってはひとつしか思い浮かばないでしょう。

ケルン駅前を中心に昨年大晦日に多数の女性たちが中東・南アジア・北アフリカ移民男性の集団に取り囲まれ性的虐待を受けた「ケルン事件」です。

ツイートは12月12日のことで、5日間ほど後に削除されるまでそのままにされていた様子。ハフポはその後もフツーにAras青年のコラムを掲載しているそうです。



後段でいちおう?難民たちへの忠告?をしていますが、そもそも被害に遭った女性たちにはどこを探しても一切何ひとつ落ち度はないというのが先進国の常識です。女性の権利って左派のハフポにとってすご〜〜〜〜く大事だったはずでは・・・?米大統領候補の白人男性が女性蔑視するのは絶対ダメで、シリア移民は女性蔑視してもいいの?これも日本人には全く理解しがたいリベラルの謎心理の一つです。

Aras青年のこうした一連の発言で、「たとえ真正の戦争難民だったとしてもシリア人絶対受け入れないぞ」っていう決意をした人の数が全世界規模ではヘタすると一桁ぐらい増えたんじゃない?と余計な心配をしてしまいます。

ついでに、ハフポドイツ語版に掲載されたAras君の珍発言の例を御紹介しましょう。

ドイツ語→英語経由翻訳です。

--------------------------

全てのドイツ人は難民にお金を寄付すべきだ


シリアでは文化の大きな戦争がある。だから、多くのシリア人が世界でもっとも安全な国の一つであるドイツに向かっている。彼らは、暖かさと愛、頭上を覆う屋根と教育を期待しているのだ。

幼い子たちは学校に戻りたいと望んでいる。年かさの子達はシリアで学校を卒業しているが、ドイツでそれ以上の教育を受けるチャンスは少ない。多くの難民が書類や証明書を逃走の過程で失ったからだ。あるいは、彼らは命が危険に晒されていたからそれらを持っていくどころではなかった。

ドイツが大変人気があるのはとても安全な国だからだ。しかし、それだけが理由ではない。他のどの国も、ここまで多くの社会的支援を難民に与えてはいない、ドイツの政策は大いに秩序だっている。レイシズムは長い間ドイツでは大きな問題ではなかった。しかし、それは変った。レイシストの数は急速に増加した。

親愛なるレイシスト、君は難民が統合し、良い振る舞いをして欲しいと思うかい?なら、難民キャンプを訪れてみなさい。ほとんどの家族と子供達がなんらの教育も受けていないのを見るだろう。

学校にはさらに多くの難民を受け入れる十分なスペースがない。ブロック[?]と鉛筆を取って、自発的に関わろうとしてみなさい。統合はこのようにしてなされるのだから。君の役割を足しなさい。

君は難民にお金を寄付すべきだ

難民協会、たとえば国連の難民支援やProAsylなどへお金を寄付しなさい。四方を覆う壁を離れて自分自身で像を描きなさい。

偽ニュースを広げているのはFacebookだけでなくTwitterもだ。嘘を広めるブロガーがたくさんいる。FacebookとTwitterは偽名を使うアカウントや嘘つきブロガーたちを追及すべきだ。

反移民論者と詐欺師たちはしばしば僕に向かって、自分たちは金を持っていないのだから難民たちはドイツを出るべきだと言う。自分をAfDの友だと言った誰かが、僕に向かってそれをいったのだ。AfDはそのようなコメントに対して何も言わない。それが、わが国が必要としている政策なのか?それが我々が必要としている政治家たちなのか?

AfDはもう黙っているべきではない。そのような憎悪のコメントに対して自ら[の見解]を表明すべきだ。どちらにせよ、僕は決してAfDを信じない。彼らが話すときは何の真実も出てこない、嘘だけだ。彼らは無辜の移民たちを痛めつけている。

Angela Merkelは再び出馬する。AfDは、これに満足しているだろう、なぜならそれによって彼らはもっと投票者を得られるだろうからだ。しかし、僕らはAngela Merkel、Frank Walter-SteinmeierやGregor Gysiのような政治家たちを必要としている。

しかし、君達にできるベストなことは、難民にお金を寄付することだ。特に、海外の難民キャンプに暮らしている人たちに対して。君らは、自分の子供達を外で寝かせるのか?そうはしないだろう。君らの愛と人道はどこにある?君らは変らなければならない。

--------------------------

まあAfDはナンミン申請者へのお小遣いの停止を訴えているそうですから、それはそれはその恨みは大きいでしょうね(爆。)ついでにもうひとつです。

--------------------------

全ての難民はドイツ政府からスマホを支給されるべきだ


スマホは、僕ら難民に多くの可能性を与えてくれる。地図を使えば、例えば就職紹介所や医者、スーパーへ行くときなど早く道を見つけられる。WhatsAppやFacebookでは、家族や友達とつながることができる。ビデオ通話だってできる。

スマホを持てばネットワークを作るのがもっと簡単になる。統合を成功させるためには極めて重要なことだ。

Google Translatorアプリは手紙や標識、本、宿題などを翻訳させてくれる。これは毎日の生活をすごく容易にしてくれる。

新たに到着した移民たちはスマホがあればドイツにより容易に統合できる。携帯電話は、彼らを日常生活の状況で助けてくれる画期的な小さなロボットになったのだ。

全ての難民はドイツ政府からスマホを支給されるべきだ

ドイツではほとんど誰でもスマホを持っている。難民たちはドイツ政府からスマホを支給されるべきだと僕は結論した。多くの移民たちがそれを買うことができないのは不公平だ。これは統合のためにとても重要なのに。

多くの難民たちが僕に向かって、スマホで読める新聞を発行して欲しいという。ある読者はこう言った。「Berlin空港がドイツ人を貧しくしている。」彼は正しい。お金は難民たちがここでの生活を始めることを助けるために寄付されるべきだ。

ドイツは世界で最も豊かな国の一つだ。貧しい者は誰もいない。全ての難民はスマホを持つ権利がある。

--------------------------

ハフポはどうやら彼の個人的「おねだり帳」に成り下がってしまったご様子。次欲しいのは何だろね。車?XBox?

それにしても・・?「・・・女性が非難されるべきだ。夜一人でいた[のだから]。」「全てのドイツ人はもっと難民にお金を寄付すべきだ」「君らは変らなければならない」「全ての難民はスマホを持つ権利がある」

その裏にある心理は何?持てる者から金でも何でもふんだくれるものはふんだくったうえにますます居丈高になる、古代アラブから続く先祖代々の気風?長年甘やかされてきたゆえの極度に肥大した権利意識?

ひとつハッキリしているのは、このような人は、社会福祉給付であろうが永住権であろうが参政権であろうが、何をどれだけ与えられても決して満足しないだろうということです。ホスト国から物・カネ・人材を搾り取って骨の髄まで吸い尽くすまで。

折りしも、月曜の夜ベルリンではクリスマス市場にトラックが突っ込み12人が死亡。既にISISが犯行声明を出したようです。

トラックはポーランドの会社の所有であり、「盗まれた疑いがある」といった報道が出ていますが、パメラ・ゲラーさんのウェブサイトではもっと詳細が報じられています。


そのトラックのオーナー (つまり運送会社の社長さんと思われる)Ariel Żurawski氏が語るところによれば、その運転手は彼の従兄弟なのだそうですが、日ごろから荷卸し先のベルリン郊外では事務所の職員以外でネイティブのドイツ人に会ったことがないほど「ムスリムに取り囲まれた」状態だと言っていたそうです。そして、その日は、翌日朝まで荷卸を待つようにと荷卸先から言われ、運転手氏は待機していたのだとか。(午後4時ごろ、運転手の奥さんはご主人に電話をしたが連絡がつかなかったとのこと。)事件後運転手氏の撃たれて死んだ死体が助手席で発見されたそうなので、報じられるところを総合すると、待機中に犯人と目される男かその仲間に襲撃され殺されたあと、そのまま助手席に押しやられたのでしょう。事件の犠牲者のみなさんに加え、運転手さんのご遺族と、従兄弟である社長さんの気持ちを思うといたたまれません。

そしてBacho青年のような移民活動家はこれもまた「レイシスト」が喜んで飛びつくような「ニセニュースだ」とでも言うのでしょうか?

メルケル首相はこの事件をどう評価するのでしょうか。これもまた「孤立した事件」なのでしょうか?

無制限受入推進派は、Bacho青年のような人物の求めに応じて物・カネを気前よく放出しつづけるのみならず、国民の命、さらには勤勉な外国人の命さえもムスリムナンミンに喜んで差し出そうというのでしょうか?

追記:BBCによれば現在チュニジア人の難民申請者の男が有力な容疑者とされています。←再追記:逃走中です。


タンクローリー(単なるトラックというより巨大なコンテナを引くタンクローリー[←12/22訂正:「タンク」は余計で単に「ローリー」でした。]だったようです)のキャビンから発見された一時滞在許可証から同定されたようです。

Anis A.と呼ばれていますがこれも偽名とみられ、2012年にイタリアに入国、それから2015年にドイツに来て難民申請をし、一時滞在許可を得たようです。

ポーランド人運転手、Lukasz Urban 氏は、銃創と刺し傷を負った状態で死体で発見されましたが、どうやら刺された後もハンドルを取り戻そうと格闘した形跡があるとか。トラックが停止したときに撃たれ、死亡したものとみられています。

Urban氏の容貌を確認するように依頼された、運送会社社長のZurawski氏は、「彼の顔は腫れ上がり血まみれだった」と証言しています。また、「善良で静かで正直な人だった」と故人を評し、彼は最後までタンクローリー[←12/22訂正:上に同じ。]を守ろうとしたのだろうと信じているそうです。

この記事に

  • 顔アイコン

    今日もこれですね。
    クリスマスが狙われてますね。
    ヨーロッパでクリスマスツリーが燃やされたりしてたのでなんか嫌がらせするだろうなとは思ってましたが。

    豪メルボルンでクリスマステロ計画容疑、5人逮捕

    オーストラリアの連邦警察は23日、国内第2の都市メルボルンの中心部でクリスマスの日にテロ攻撃を計画した容疑で5人を逮捕したと発表した。いずれも豪州国籍を持つレバノンなど中東系の20代の男らが爆発物を仕掛ける計画だったといい、警察当局は年末年始の警戒を強めている。(朝日新聞デジタル)

    イスラム教徒の感情考えてクリスマスやめますか?
    緑の党やら左さん達
    クリスマスやめればいい事ですからと言いかねませんね

    [ ott***** ]

    2016/12/23(金) 午後 7:15

    返信する
  • 顔アイコン

    ちなみに
    オーストラリアではこんな事件がありました。
    こちら訪問される方はご存知かもしれません。

    クロナラ暴動
    2005年12月11日、オーストラリアのシドニーにおいて中東やレバノン系の住民に対する白人による暴動が発生した。5千人もの若者が集まり、「ここはオーストラリアだ。気に入らないならでていけ!」などと騒ぎ立てた。この前に北クロナラ海岸で、ライフセイバーがサッカーをしていたレバノン系の若者に対して、「ここは我々(白人)の場所だ。出て行け」と発言している。この際、26人が重軽傷を負った。

    また12月12日には若者が海岸周辺に集まり、住民らに暴行したり、商店や自動車のガラスを割ったりした。この時に集まった若者のほとんどはレバノン系で、これは前日に仲間が暴行を受けたことに対する報復ではないかと見られている。

    二日間で104人が逮捕され、285人が罰金刑を科された。

    [ ott***** ]

    2016/12/23(金) 午後 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    ドイツの難民って本当バカだよね
    ドイツ人を追い出したらムスリムの天国だ!!って思ってる感じだけど果たしてドイツ人が居なくなったドイツが今の間々の経済力と技術力それに治安維持なんて出来るわけ無いのにね。
    結局はドイツとゆーなのシリアが出来て内戦待った無しなのにね 削除

    [ (´・ω・`) ]

    2016/12/24(土) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    ドイツだけでなくてヨーロッパの難民、移民、移民2世がそんな感じ。世話になってる国から独立だと騒いでるのが居るけど、独立して産業経済はどうするつもりなんだろう。
    自分たちに金よこす、社会福祉施すのが当たり前という考えで独立勝ち取った国から色々たかるつもりなんだろうか?

    [ ott***** ]

    2016/12/25(日) 午前 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > ott*****さん
    今回、クリスマスを狙ったテロで目立った被害を与えたのはベルリンだけのようですが、今後毎年狙われることだけは間違いないと思います。(ちなみにイスラム原理主義はバレンタインデーもひどく嫌っています。)西洋人たちは、おびただしい警官と兵士に守られていない限り自分たちの祝祭を祝うこともままならないような状況を自ら作り出してしまったのが本当に皮肉です。極左の偉いさんたちは、確かに仰るとおり、「我々がイスラムの文化に合わせるべきだ」なんて言い出しかねませんね。

    [ tfj***** ]

    2016/12/26(月) 午前 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > ott*****さん
    オーストラリアの暴動、ちょっと聞いたことはありましたが詳細は知りませんでした。今現在、イタリア・ローマでは現地民の貧困層と移民集団の「all out war」(全面戦争)になりかかっている、なんてニュースがあります。政府が庶民を省みないオープンボーダー思想家たちに牛耳られ続けていれば当然の帰結ですが・・・なんとも悲しい話です。

    [ tfj***** ]

    2016/12/26(月) 午前 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    > (´・ω・`)さん
    コメントありがとうございます。おそらくは、「ドイツ人を追い出したらムスリムの天国」→ナンミンたちの発言の裏には、オープンボーダー政治家たち、左派エリート、お花畑のドイツ人たちが残ってくれれば、彼らは嬉々として自分たちに貢ぎ続けてくれるという計算があるのでは、と私見します。

    [ tfj***** ]

    2016/12/26(月) 午前 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    http://www.bbc.com/news/world-europe-38399561

    BBCによると6つの偽名を使い分けていたり、チュニジアで強盗を、イタリアで放火事件を起こしています。完全に偽装難民だったわけで当然難民認定はされておらず、国外追放予定であったとのこと。相当いかがわしい人物だったようです。

    [ st3*0g*kita*i ]

    2016/12/26(月) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > st3*0g*kita*iさん
    情報ありがとうございます。次々と浮上していますね。ドイツ当局は一体何をやってるのかって話になります。最新記事で取り上げさせていただきました。

    [ tfj***** ]

    2016/12/27(火) 午後 1:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事