ここから本文です
ナンミンウォッチ
難民問題に関して日本では報じられない最新情報をお届けします!

書庫全体表示

「留学生」がいつの間にか・・・・

これは上手くないことになりました。

--------------------


日本政府が今年から5年間で、シリア難民の留学生とその家族を計300人規模で受け入れる見通しになった。留学生は配偶者と子供を帯同でき、家族にも生活手当が支給される。留学終了後は必ずしも帰国する必要がなく、事実上家族とともに定住する道を開くことになる。

特定国のまとまった難民受け入れ策としては、1970年代後半から2005年までに1万人を超えたインドシナ難民、10年から計123人が来日しているミャンマー難民以来となる。

国際協力機構(JICA)の技術協力制度を活用し、年20人の留学生を受け入れる。対象はレバノンとヨルダンに逃れたシリア人難民。JICAはシリアの一般家庭の家族構成を踏まえ、5年の受け入れ数は300人規模になると試算。今年夏、最初の20人と家族が来日する予定だ。

日本政府は昨年5月、JICA枠と文部科学省の国費外国人留学制度枠(年10人)を使い、5年間で150人のシリア難民を受け入れると表明。主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の議長国として難民問題に前向きに取り組む姿勢をアピールする狙いで、留学生の募集や留学先の選定を進めてきた。

--------------------(ハフポさんから転載させてもらいました。)

・・・へ?

150名の「留学生」じゃなかったんですか?

「留学生」が配偶者と子供を帯同して定住、帰国する必要なし?

それって「留学生」でもなんでもないじゃないですか。

第一、留学生というのは成績が悪かったり学業成らなければ泣く泣く家に帰るものです。

しかし、(たぶん、学校に一日も出なくたって?)家族全員生活は保障されているということなのだから、本当に「留学生」なんて空文もいいところです。

穿った見方をすれば「騙し討ち」のようにも見えます。

最初から「○○人の難民受入をします」とぶちあげたら国民の間に動揺が広がるから、まず「留学生」と銘打って、聞く人の脳裏に「ああそうか、じゃあ家族は連れてこないし留学が終わったら帰るんだね」という安心感を与え、フタをあけてみたら「配偶者と子供を帯同でき、家族にも生活手当が支給される。留学終了後は必ずしも帰国する必要がな」い?

そもそも、150名の「留学生」に家族帯同したら300人と試算、なんて甘すぎますよ。

もしも配偶者が2, 3、いや、4人いたら?子供が2,3,4,5,6、いや、10人くらいいたら?かの地には20人子供がいる猛者だっているんですよ?

そうでなくても150名がそれぞれ4人家族を連れてきたら、それでももう750人、日本で出産するようなケースがあればあっという間に1000人越えです。

これは本当にうまくない。うまくないことになったと思います。

いつもいつも、聞くたびに何かすっきりしないものが残るシリア難民の「自分語り」

そういえば、シリアからの日本に来た難民青年に関する以下のような記事を読んで、何かすっきりしないもやもやとしたものが数日間残ったことがあります。

--------------------


・・・・
ジャマールさんは、ダマスカス大学で英文学を専攻する学生だった。内戦の悪化とともに、父親は国外に職を見つけ、生活費を稼ぐようになり、彼は父親代わりとなって妹と母親を守る役目を担うことになった。「気楽な大学生が、大きな父親の役目を担うことは、決してたやすいことではなかった」と語る。

ついに彼の住んでいた地域も戦禍にのまれ、自宅を失うことになった。被災後、1週間はシリア国内の友人宅に妹と母親と一緒に身を寄せた。その後、エジプトに住む友人を頼って、国外へ脱出。エジプトには7カ月滞在した。「この7カ月は、大変過酷なものだった。大学に戻って勉強することもできず、働くこともできず、将来の見通しが立たないまま、ただ時間が過ぎていった。いっそのこと、爆撃を受けている祖国シリアに戻った方がマシなのでは、とすら思った」と語った。

その後、日本人と結婚し、日本で暮らしている叔父を頼り、日本へ入国。すぐに日本政府に対して難民申請をするが、最初の6カ月間は、働くことも学校へ行くことも銀行の口座を作ることすら許されない状況だった。「私の人生で、最も過酷な6カ月だったかもしれない」と話した。

それでも家族を支えなければいけない立場にあったジャマールさんは、違法的に日本の建設現場で働くことになった。気楽な学生だったジャマールさんが、いきなり建設現場に身を置くのは、危険も伴ったが、彼に選択肢はなかった。3カ月の間、けがをしながら仕事を続けるが、とうとう1週間の入院を伴う大けがをしてしまった。傷口からは破傷風を発症し、一時は足を切断しなければならないほどの危機にひんしたが、幸い、切断せずに済んだという。

申請から6カ月後、合法的に労働することが許可され、都内のカフェで1日14時間、毎日休みなく働いた。彼の原動力となったのは、やはり家族の存在だった。シリアに帰国した父に代わり、父の生活と自分たちの生活を支えなければならなかった。申請から1年半がたち、やっと難民として認定され、父を日本に呼び寄せることができたという。

父が日本に来てからは、地域のサッカーチームに所属してスポーツを楽しみ、英会話の教師としての仕事を得ることもできた。「難民として日本に住むことができて、私の人生は大きく変わった。日本政府にはとても感謝している」と話した。

そして、この講演の2日前、日本の大学への入学許可通知を手にしたという。

また、ジャマールさんが関わる支援団体として「White Heart for Syria」を紹介した。各方面から集められた支援金によって、シリア国内の本当に支援が必要な家庭に支援を届けるというものだ。

「シリアの現状は、本当に混迷を極めていて、なかなか説明するのは難しい。しかし、世界のどこで、これからの将来、何が起こるか分からない。私たちは変わる必要がある。ののしり合うのはやめて、お互いを愛し合いましょう。私たちにできることは、『互いに愛し合うこと』なのだと思います」と話した。

---------------(クリスチャン・トゥデイより引用)

「父親は国外に職を見つけ、生活費を稼ぐようになり」

→お父さんは出稼ぎを始めたんですね。それはわかります。

「その後、エジプトに住む友人を頼って、国外へ脱出。エジプトには7カ月滞在した。」

「日本へ入国。すぐに日本政府に対して難民申請をする」

→ここでまずわからないのは、なぜエジプトで難民申請しなかったのか、ということです。宗教も同じ(もしジャマールさんが親アサドのアラウィー派じゃなければ)、文化もまあまあ近い、言葉も訛りの違いはあるが同じアラビア語で近い。わざわざ日本に来るより暮らしやすいはずです。

「それでも家族を支えなければいけない立場にあったジャマールさんは、違法的に日本の建設現場で働くことになった。」

→出稼ぎにいったお父さんはどうなったのでしょう?それにどんな事情があろうと違法は違法です。それを堂々と告白してはばからないというのは日本の法律になんら敬意を抱いていないということのように見えます。「俺は難民なんだ!喰ってくのに大変なんだ!しょうがねえだろ!」ってな具合に。ジャマールさんの違法行為があとにも先にもこれだけであったことを願います。

「シリアに帰国した父に代わり、父の生活と自分たちの生活を支えなければならなかった。」

→ちょっと待った!なんで国外で出稼ぎをしていたお父さんがシリアにいるの?っていうことはシリアは生活可能な環境ってことなんじゃ?

「やっと難民として認定され、父を日本に呼び寄せることができたという。」

→お父さんはシリアで生活できていたのだったら、どうして日本に呼び寄せるってことになる?これも不思議です。

「日本の大学への入学許可通知を手にしたという。」

→それはおめでとうございます。でも不思議なのは誰が学費を用立てたのかということです。

「私たちは変わる必要がある。ののしり合うのはやめて、お互いを愛し合いましょう。」

→これは本当に冗談を言ってるのかと思いました。

「ののしり合うのはやめ」なければいけないのは、アラウィー派アサド支持者とスンニ派の反アサド勢力です。(本当はクルド人も絡んでいるんだろうけど・・・複雑すぎるのでさしあたり2者ということにしておきます。)

いや、もしかすると、ジャマールさんはどちらにも属さないノンポリなのかも知れない。

でも、日本人はどっちにしたって、一部の「○ばき隊」をのぞけば政治信条が違うからって暴力は振いませんし(まあ悪口は言うが)、ましてや誰も殺し合いはしません。

シリア人が今戦っているのは、多くはそういう自制が日本人と違ってできないからでしょう?

どうしてここで貴方が日本人にわざわざ何か教訓を与えようとするのでしょう?

そう、お互いを愛し合いましょう。って、アサド軍と反政府軍に向かって言ってください。私たちに言われても、困ります。今、日本人同士で殺し合いはしていませんから。

いっちゃわるいですが、一体誰に向かってモノを言っているんだろう、と不思議になります。

「おいお前、このシリアの現状をなんとかしろ!」「そんなん言われても・・・」

ちょっと一般化しすぎる言い方になりますが、シリア難民やシリア人の「自分語り」って、聞いたあといつも何かモヤモヤするものが残るんですよね。

上記のように、話が不整合で何かつじつまが合わなかったり、微妙に状況を自分の都合のいいように描写したりとか。

そして何かこう、「俺は悪くない、悪くない、悪くない、悪くないんだァ~!」っていう念があまりにも強すぎて、聞いた後げんなりするというか・・・。

いや、実際に、なんの落ち度もない人もいるのかも知れない。

でも、何か被害者意識があさってのほうに向いたりとか、ジャマールさんのようにヘンに説教がましくなってみたりするケースがどうも多いように思うのは筆者だけでしょうか。

他には、「シリア人の文学者で詩人のムハンマド・オダイマ氏(東京大学非常勤講師」という人が、テロリズムを全部「西欧文明や啓蒙主義のせいだぁ」「テロリストの武器をみろ、西側の製品じゃないか」(いや、一番人気のカラニシコフ自動小銃ってソ連製ですけど)「西欧文明諸国は、世界の平和と安定を統御できるはずだ、だから西側のせいだ」(→できません。神様じゃないんだから。)とさんざん怪気炎を吐いていた論説を見てもっとゲンナリしたことがあります。

こんなに教養のある人でもこういうメンタリティなら、一般人は推して知るべし、ってやつかも知れません。

もうひとつ思い出したのは、米国トランプ大統領に「シリアの子どもたちのために必ず何かしてください。」と手紙を書いたシリア人少女のことです

いやお嬢ちゃん、トランプ氏に何か言ってもしょうがないでしょう。オバマだって何もできなかったのだし、それどころかあのプーチンにだってすぐには内戦を停止できないのだから。(爆撃で反政府軍を殺しまくって弱体化させることはできるかもしれないけど・・・)

手紙を書くなら、アサドと、反政府軍の指導者それぞれに書かなければ意味はありません。まあ書いても意味はないでしょうが、筋としてはそちらのほうが通っています。

子供のすることなのだから、と言われるかもしれませんが、何か、一事が万事、誰彼かまわず外国人(非シリア人)を捕まえては「おまえ、この状態をどうにかしろ」というメンタリティがちらついてしまって、どうにも共感することができないのです。

焼け出されたのは気の毒です。

でも、日本人やその他の外国人にそんなん言われたって困るのです。

シリア内戦の真因は何よりもシリア人たちそのものにあるのですから。

そして、そういうメンタリティの人たちが多かれ少なかれ300人の中に混じっており、日本に住むとなると何か喉に詰まったような感じがしてきます。

なによりも、ジャマール青年よりももっと順法意識が低く犯罪傾向の高い人間が混じっているのかどうか、日本の当局に見極めがつけられるのか。これが最大の懸念です。


それに、この「150人留学生」からステルスみたいに家族帯同、生活手当、永住可のスキームにするりとすり替えるこのやり方も非常にイヤーな感じがします。

どうやら当ブログを含めた活動をステップアップさせる必要が出てくる時期は近いのかも知れません。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事