ここから本文です
ビッグ・ボスマンのハード・タイムな日々
東映、ももクロ、エビ中、プロレス大好きのボンクラ野郎のマッドなブログ。

書庫全体表示

イメージ 1
裁判長!ここは懲役4年でどうすか
製作年 2010
製作 『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』制作委員会
配給 ゼアリズエンタープライズ
配給協力 マコトヤ
プロデューサー 宇田川章 
アソシエイトプロデューサー 杉山剛、片山宣、篠原祐一
製作 佐竹一美、北川直樹、日下部孝一、原田学、日下部圭子
制作担当 道上巧矢
原作 北尾トロ 
脚本 アサダアツシ 
録音 永口靖
照明 尾下栄治 
美術 福田宣
編集 相良直一郎
撮影 木村信也
音楽 スキャット後藤 
主題歌 BARBEE BOYS『ごめんなさい』
助監督 塩崎遵
監督 豊島圭介
出演者 設楽統(バナナマン)
片瀬那奈
螢雪次朗
村上航、尾上寛之、鈴木砂羽
堀部圭亮、木村了、徳永えり、大石吾朗、前田健、廣川三憲、佐藤真弓
阿曽山大噴火(大川興業)、日村勇紀(バナナマン)、竹財輝之助、杉作J太郎
千葉雅子、市川しんぺー政岡泰志、寺田体育の日(大川興業)
魔太郎(大川興業)、原田裕章、一本木伸吾、汐見ゆかり、永井秀樹、坂口征夫
久保田磨希、古賀清、三好宏明(大川興業)、渡邉絋平、辻修、西沢仁太
小村裕次郎、川元文太(ダブルブッキング)、黒田俊幸(ダブルブッキング)
奥瀬繁、堀井茶渡、長野克弘、高谷甚史、菊井亜希、廻飛雄、飯田孝男
佐藤貢三、目黒真希、綿貫正市、駿河太郎、小川弘訓、安岡直、児島功一
松浦佐知子、佐藤智幸、橋本一郎、辻本耕志(フラミンゴ)
海野孝太(ランチランチ)、西山繭子、イマニヤスヒサ、落合恭子、秋田真琴
北尾トロ
河崎実
モト冬樹
斉藤工
平田満
 
イメージ 2

ストーリー
三流ライターの南波タモツ(設楽統)は、映画のプロデューサー須藤光子(鈴木砂羽)から、裁判を題材にした映画の脚本を依頼され、取材のために裁判所に行くことに。
生まれて初めての裁判所に戸惑うタモツであったが、傍聴席で知り合った傍聴マニアの西村(蛍雪次郎)、谷川(村上航)、永田(尾上寛之)たちとの交流で、様々な裁判の傍聴をし、次第にのめり込むようになった。
 
そんな時、傍聴マニアからアイドル視され、タモツ自身も気になっていた美人検事・長谷部真理(片瀬那奈)に野次馬感覚で傍聴していたタモツは軽蔑されてしまう。

落ち込むタモツに、西村から裁判中の冤罪事件の署名運動に協力して欲しいと頼まれ引き受けるが・・・。
 
イメージ 3

解説
北尾トロによるエッセイを原作に映画化した裁判コメディ。

主人公南波タモツを通して様々なケースの裁判が紹介されていく。
大根の収穫を巡って起きた殺人事件やアダルトビデオを大量に万引きした被告と証拠品のアダルトビデオを細かく読み上げる真面目過ぎる検事、被告も傍聴人もヤクザばかりの裁判、痴漢事件で大勢の女子高生傍聴人が見守るなかカッコつける裁判長など、意外と滑稽な人間模様が垣間見る事ができる。
 
裁判を題材にした映画と言うと堅苦しいイメージだが、本作は軽めに楽しめる作品。
大笑いするシーンは無いが、クスクス笑えるシーンが多い。
後半はシリアスな展開と見せかけ、ラストにオチが!
 
イメージ 4
主人公の南波タモツ役をお笑いコンビ・バナナマンの設楽統が演じている。本作が映画初主演。
 
イメージ 5
相方の日村勇紀も痴漢常習犯の被告のチョイ役で出演。
 
イメージ 6
クールな女検事・マリリンこと長谷部真理(片瀬那奈)。
 
イメージ 7
傍聴の醍醐味をいろいろと親切に教えてくれる、ベテラン傍聴マニアの西村幸吉(螢雪次朗)。
 
イメージ 8
キレキレの映画プロデューサーの須藤光子(鈴木砂羽)。
 
イメージ 9
暴力団組長役には漫画家で男の墓場プロダクション代表の杉作J太郎。
 
イメージ 10
証拠品のアダルトビデオを読み上げる検事(平田満)。
 
イメージ 11
裁判官(前田健)。
 
イメージ 12
やたらと仕切り出す裁判員(モト冬樹)。
 
イメージ 13
『日本以外全部沈没』(2006)、『ヅラ刑事』(2006)、『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』(2008)、壇蜜主演の『地球防衛未亡人』(2014)を撮った映画監督の河崎実が被告役で出演。
 
イメージ 14
インパクトに欠けてると指摘され、芝居掛かった弁護をしだす剣崎弁護士(堀部圭亮)。
 
イメージ 15
裁判ウォッチャーとして有名な芸人・阿曽山大噴火が、ほぼそのままの傍聴マニア役で出演している。
 
イメージ 16
タモツが以前に脚本を書き、ドラマ化されたという劇中劇の法定ドラマ『愛と正義という名のもとに』。オーバーリアクションな主人公(斉藤工)。
 
監督は『怪談新耳袋』シリーズや『怪奇大家族』、『ケータイ刑事』シリーズ、『恋する日曜日』シリーズ、AKBの『マジすか学園』などを手掛けた豊島圭介。
END

この記事に

  • シュールで面白そう。河崎実が俳優として出演ですか?

    atts1964

    2014/11/23(日) 午後 4:03

    返信する
  • 顔アイコン

    atts1964さん
    軽めに楽しめる作品なので、機会があれば是非♪

    河崎実はカメオ出演で、ほんの数秒出てきますよ。

    [ ビッグ・ボスマン ]

    2014/11/23(日) 午後 7:05

    返信する
  • 顔アイコン

    ドラマ版は見てました。

    じつはバナナマン 大ファンです。
    以前はラジオ楽しみに聞いてました
    (最近聞けてないですがラジオのトーク面白いです)

    ばねぱん

    2014/11/30(日) 午後 1:37

    返信する
  • 顔アイコン

    ばねぱんさん

    設楽さんの知的な感じが妙にハマっていてオススメです。
    バナナマンのお二人(特に設楽さんは)モノノフですね!ライブDVDでは実況解説をしていました!

    [ ビッグ・ボスマン ]

    2014/11/30(日) 午後 8:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事