ここから本文です
天南星−将進酒
雨は☔大丈夫ですか?恵みの雨のはずが、脅威になるなんて・・・訪問ありがとうございます😊

書庫全体表示

イメージ 1

舟に乗る波のしぶきやランドセル

忘れられないあの色・・・

イメージ 2

白梅の白い香り黒い波

津波は黒色!

あぁ〜!
もう、まだ、なんで、憤りが・・・

この記事に

  • 顔アイコン

    昭和45年位に仙台に転勤していた、東北のいろんな所に出張して、客先の三陸では前回の津波が柱・壁に残された印があり説明されたことを思い出す。

    盆栽文化

    2017/3/19(日) 午前 9:51

    返信する
  • 盆栽文化様
    恥ずかしいです(〃ω〃)
    情けなさがおきどころなく・・・

    もともと、東北は寂れていくばかりでしたが、津波で拍車がかかり・・・
    立ち上がれない方々は弱者ばかり・・・

    盆栽に悠久さを感じて癒されます。

    天南星

    2017/3/19(日) 午前 11:50

    返信する
  • 黒い波は、ナニの比喩なのでしょうか?
    それとも、掛詞?
    う〜ん、私の読みはまだまだ浅いかもしれません。

    SWEETS

    2017/3/24(金) 午前 7:30

    返信する
  • SWEETS様
    この俳句は禁じてだそうです。
    白や黒はあまりに対比として、使いふるされ陳腐。
    私にとっての、黒は実際の津波の色と、それからの生活の重苦しさ。沢山の方が、あっという間になくなり、なぜ、亡くなるのが私ではなかったのか?生きていることへの申し訳のなさが黒、真っ黒です。
    花の色も匂いも感じられません。

    あの映画の老人と重なりますね。

    天南星

    2017/3/24(金) 午前 10:26

    返信する
  • ご覧になったんだ・・・・

    SWEETS

    2017/3/25(土) 午前 1:51

    返信する
  • 顔アイコン

    登米市の北上川に渡し舟があったのですが、今は廃止になっています。常に利用していた人には強烈な思い出でしょうね。

    ToshiJapon

    2017/3/26(日) 午後 1:29

    返信する
  • ろこぎ船に乗ったことありますか?
    私はあります。
    凪の時はいいですが、すごく怖かった。

    渡し船は、エンジンありましたかねぇー。

    この船は結構大きいです。
    船の甲板に波が。
    桟橋に着く時、満潮と干潮では、岸に着く高さがちがいますね。
    落ちたことありまーす。
    夏で良かった(⌒-⌒; )

    天南星

    2017/3/26(日) 午後 6:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事