緑柱石とその仲間達

写真で綴る−美しい國の自然が生み出した宝物−

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

気になった場所へ

前回訪問した時、気になる情報を得たので、石友と訪問してきました.
当初は情報通りに行かず、あちこち彷徨いましたが、引き上げる頃になってやっとそれらしい場所に.
それなりの成果があり、満足満足.
ただし、家に着くと足の関節と膝の筋肉が悲鳴を上げていました.老化の性かなぁ.・・・・・・

注)石友が過日拾い上げた標本がポケットの中にあり、山に登るには重いと車のボンネットの上に置いたものをこっそり?か堂々と持ち去った人は「犯罪」に近い行為ですよ.産地も判らない標本をどうするのですかねぇ.
困ったもんだ.同好の趣味を保つ人とは考えたくないですね.(ハンマーの音がしていたので気にはなっていたのですが)
イメージ 1

開く コメント(0)

10連休後の成果

石友が見事な標本を入手、この標本を見て出かけないのはコレクターでは無い!!と強調するのでノコノコと訪問してきました.

渋滞も無くなった高速は快適です.

暗い林の中でズリをあさっていると、突然下の方から登山?者が.

アレまあ、この間山で一緒した石人が.遠路はるばると.「本日は天気に恵まれそうなので突然決めたとのこと」

若い人はいいなぁ、こちらはやっと出かけてきたのに.

でも産地はやはり厳しい.よくこんなところで拾えたなぁ.感と腕前に脱帽.

なお本物は写真よりもうすこし青みが濃いです.

イメージ 1

開く コメント(0)

10連休の成果2

曹長石と一緒に拾い上げることが出来ました.この産地では以前から褐鉄鉱化した不明の玉が拾い上げられました.

今回得られた標本の内部には新鮮なのか緑色を帯びた玉が認められました.

拡大してもよく分かりません.新鮮な玉が欲しいのですが.

イメージ 1
拡大した?玉が次の写真です.
イメージ 2

開く コメント(0)

10連休の成果1

10連休の成果のうちネオナイスの入浴を終えたものから、ご紹介します.
ただし、土曜日はフラフラと出かけ、日曜日はぐったりなので次回は来週になりと思います.

この標本は一般的なカルルスバット双晶をしていますが、微斜長石と異なり、軸率の変化により、c面がv字になり区別が出来ます.さらに、各面も微斜長石ほどシャープで無く、波打っていることも特徴です.可弁償集合体をなすことも多いのですが、このように大きな結晶に育つ場合は、風化に強いので一際はズリでは輝いています.

「長石もいいぞう」とは言う人はあまり居ないようですネ.

イメージ 1

開く コメント(0)

これは驚いた

岩石を拾った後、もう帰る時間が近づいてきました.

腕折れるばかりに最後の力を振り絞って、フルイを振るうとその中に.

そのとき一人の石人が近づいてきました.ここで声を上げるわけにはいかない.卑しい根性です.

こそっと、ニタッとケースの中に.

これで色合いが良ければ最高!! でもこれで充分.連休最後(?)で岩手の悔しさを返したぞ〜.

石人・石友の方ご迷惑をおかけしました.またよろしく.さて次は何処に.

なお、今回の写真は深度合成していません.(大きいことを自慢しているの?・・・・影の声)

イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(0)

全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事