緑柱石とその仲間達

写真で綴る−美しい國の自然が生み出した宝物−

ぽつぽつと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

頂いた標本裏

前日の標本の上を覆っています。
海岸では太い標本がかつては拾えましたが、採石を止めた今では無理な話のようです。
最近は寒くなってきたので、里山での採集が多くなってきました。成果がありましたらその都度更新したいと思っていますが、最近やけに仕事が増えてきたので、困った困った。
困った狸は眼で判ると言いますが、最近は里山で見ることが無くなりました。代わりに猪が異常に増えています。困ったもんだ。
イメージ 1

開く コメント(0)

再び天空(/)の蜂へ続き

あまり書くことが無い成果だったので、主に写真を載せておきます。
今回のお気に入り。
イメージ 1

開く コメント(0)

酷暑の中で2

特別のこと無い限りは、この標本だけを狙いに行かない石人二人が酷暑に負け温泉近くの産地へ。
帰りを楽しみに。でも暑い。地元の周りの人たちからも暑い熱いの言葉のみ。
さて標本は変形が殆ど。m面の発達が著しく弱い結果です。殆どr面のみで四角い結晶も。
イメージ 1

開く コメント(0)

最近は

前日の写真では白十字の模様のイメージがつかないかと思い,a(100)方向からの写真.

休日の会社はTELがならないので,思ったりより仕事がはかどり,のんびりです.

毎日この時間に帰ろうかなぁ.許されそうにもないおねだりですが.

イメージ 1

開く コメント(2)

最近は

あちこち訪問したいところはあるのですが,ここ最近特に何かに向かう気力が減少しているみたいです.
これが華麗(?)の時代に入った証拠ですかね.
あだしごとはさておき,この写真はやはり石友から分けて戴いた標本です.
このようなものを拾い上げたかったのですが,女神は微笑んでくれませんでした.
台風の前の曇り空でしたが,風も全くなく人影もいない崖の下で半日遊べたことは最高でした.
写真をじっくり見ていただければ判るように,無色と紫色が累帯をなしていますが,o(111)面だけが紫なので,a(100)面には,紫の色に白十字のような模様が観察されます.
色一つでいろいろなことが空想できます.
石はやっぱり面白いものですね.
イメージ 1

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事