主人の独り言

わくわくミシン工房です

全体表示

[ リスト ]

いつもわくわくミシン工房をお引き立て頂き、誠にありがとうございます。

レザークラフター (上下送りミニ工業用ミシン) LC−PZDX と LC−PZPとの違いをご説明いたします。

基本的にミシン本体は同じです。
最大の違いはモーターのシステムとなっております。モーターの違いで、ミシンはとても感じが変わってきます。
特徴あるモーターを各セットいたしました。

LC−PZDX
 サーボモーター搭載で低速から高速まで動作します。厚地などを通常のモーターだとゆっくり縫いたいとき、電力が足りず、厚みに負けて「ウーン」と止まってしまいます。縫おうとフットコンをしっかり踏むと「ダダダッ」と進んで縫えますが、速さについていけず、失敗することがあります。サーボモーターは、低速でも厚みがあれば自動的に電力を多く流して回転を維持します。そのような利点があります。

 ベルトはXLベルト(車のタイミングベルトみたいなもの)で駆動しスリップしないので100%の力を針先まで伝えます。そして3倍力のアイドルプーリーがついて、減速しトルクアップを図っています。

 ケースは蓋がついたプラスティックケースになります。

LC−PZP
 PZPは定評がある「パワーキャット」DCモーターを搭載しております。DC(直流)モーターはロボットやプリンター他にもさまざまな工業用製品に使われています。
 そして、大変パワフルな3Nm(起動トルク)の大型タイプをPZPにセットしました。
 特徴は 極低速から縫えることです。極低速でもまったく変りなく、厚物が縫製可能になっています。
 極低速から中速まで(高速はできない)を全域トルクフルに縫製できます。
 
 モーターが大きく、ケースには入らないので、木製ベースにセットされています。蓋はついておりません。
 XLベルトとDCモーターの厚物縫製は新次元の縫いで気持ちいいです。
 低速トルクはPZPの方がかなりあります。厚地レザー向きです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
LC−PZDX は
テント ジーンズ ビニールバッグ 帆布バッグ レザー(5ミリ程度)縫いに向いています。高速可能です。
LC−PZP は
厚地テント 厚地布 レザー(8ミリ程度)に向いています。超低速縫い可能です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事