親父の寝言、うわ言、ひとり言

霜と木枯らしの季節になりました!親父にとっては辛い毎日です…!

全体表示

[ リスト ]

「3時じゃない」「違うよ1時半だよ」そんな変な会話をしていた。
二人とも目が覚めてしまったのだ。

結局、親父の勘違いだったのだが事の起こりは目覚まし時計だったのだ。
息子の出発時間が気になっていてのことだ。
イメージ 1

ガタガタという音がして我が家の朝は始まった。
「俺は風呂に入るから寝てれば」という会話が聞こえた。

息子と奥さんのお喋りだが親父も目は覚めていた。
恐らく午前3時には自宅を出たはずである。

なにも無ければ届先の山梨に入っていると思われる。
終日、雨の月曜日だが我が家は電話があると慌ただしくなるのが常だ。

客先から電話が入ったが聞き覚えのない声だ。
この客先は荷物の扱いについては担当者が手配をする。

製品の設計から作成まで責任を持つ事になる。
当然ながら顧客との打ち合わせもするので急ぎの場合は声がかかる。

今回は夕方、完成する製品を朝一で届けて欲しいという依頼だ。
息子が用事があるので午後7時には積み込みに訪ねた。

遅れる事も無く10分足らずで積み込みは終わった。
ただ、引き受けた時点で親父には心配があった。
イメージ 2

別の客先から予約を受けていたのだった。
確定ではないが今日、仕事が来る予定だった。

電話が入らない事を祈ったが、数時間後に入ってしまったのだ。
実は息子が使う車でなければ荷物が積めないのだ。

已む無く荷台の狭い車を使用する事になった。
1回で届けられないので往復するしか手はなさそうだ。

断るわけにもいかないので親父が頑張る事で一件落着だ。
さて、今朝も空は曇っている。

昨日は時折、白い物も混じるような雨だった。
何とか降らないうちに仕事が終われば良いのだが。

庭先の水仙も蕾が出来てきた。
椿の蕾も大きくなり赤い花も観られる。

まだまだ寒いが3月も始まった。
この勢いで乗り切りたいものである。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事