ここから本文です
R80のひらです
400000km突破しました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ノックピン修理2-2

いよいよ
”カムシャフトフロントメインベアリングハウジング”から抜け落ちたピンを打ち込む作業に入ります。
イメージ 9



さっそくポンチセットが役立った。
イメージ 1


メタルメインベアリングに達して、内側から1mm位引っ込んだあたりまで打ち込んだ。すんなりと打ち込めるので、やや不安はあるが方法は現段階ではこれしかないのである。
メタルはやや磨耗している部分があったが・・・傷がないのでよしとする!
イメージ 2


ピンが出ないようにかしめを入れた。
イメージ 3


その後組み立てに入るわけだが、やはりばらしより数倍の時間と作業量、質を要求された。まず3人で何回もシミュレーションした新品のスプロケット取り付け。ををつかさんの特性ヒーターで暖めた後、圧入する予定が、私のミスで打ち込むことになったが、なんとか収まった。
イメージ 4


その教訓が活かされすんなり入ったボールベアリング。
イメージ 5


ここまでで今回の大メンテはほぼ終了です。
もちろん、ここからは最後の仕上げですので、細心の注意をはらって組上げたことは言うまでもありません。

最後に毎回献身的な努力と場所を提供してくれる、ををつかさん、感謝してもしきれません。ありがとうございます。
イメージ 6


そして、今回腰痛をおしてまでわざわざ大分からバイクでやって来て、帰りは奥さんを乗せて帰るという、ひげ爺さんに写真をお願いし、しかも現役技術者のアドバイスを受けながら作業が出来たことはとても大きなバックボーンでした。
ひげ爺さんありがとうございました。
イメージ 7
ををつかさんとひげ爺さん

組みあがった私のバイクは19時、ををつかさん実家を出発し、途中ををつかさんに”調子いいぜ”って報告して、無事帰宅したのでした。




*おまけ
イメージ 8
タイミングチェーンを取り付ける時はこうやってインシュロックを巻きつけてから、裏側からピンを差し込むと、やりやすい(ををつかさん考案)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事