ここから本文です
ジォシティーズから移ってきました。よろしくお願いします。
 
 三国の 動きも見ずに 国会は
          国益無視の 党利党略
 
このしりとり短歌にコメントを付けたら、長くなったのでブログに
取り上げました。
 
モリトモ問題で安倍総理は
「私や私の妻がかかわっていたら、私は首相も国会議員もやめます」
と言った。
これは「違法行為に」と頭に付け加えれば何も問題はない。
カケ問題で、安倍首相は
「私は相談も受けていないし、申請が出ていることも知らなかった」
と言った。
これは状況からして、誰の目にも見え見えのウソでしょう。
この見え見えのウソを野党は証明しようとしている。
こんなもの証明しなくても国民の多くはウソだと知っている。
ウソだとしても手続きに違法性がなければ問題はない。
岩盤規制を打破するという方向性は国益にかなっている。
愛媛県も喜んでいる。
政治家は時と場合によっては、ウソを言うものです。
ウソ自体に違法性はない。
(下に関連記事)
 
モリカケ問題は国政全体から見ると、ごくごく小さな問題です。
この小さな問題に野党は1年3カ月もこだわり続けています。
小さな真実を追求するあまり大きな現実を見落としてはならない。
国の存亡にかかわる重要問題が山積する中で、モリカケ問題で政権を
倒そうと試みるのは、事の大小軽重をわきまえぬ愚かな行為です。
野党は国会の審議を拒否してまで証人喚問と集中審議を要求しました。
野党は正しいことをしていると錯覚しているが、国民の多くは
もううんざりしています。
審議拒否は職場放棄であり、その分の歳費は返納すべきである
というのが一般の国民の感覚である。
 
政府の失態がこれほど続いているのに野党の支持率が上がらないのは
何故か。
今の野党には政権担当能力がないことを多くの国民が知っているからでは
ないでしょうか。
2009年、自民党政権の政官民癒着と腐敗に怒った国民は民主党に
政権を委ねました。
しかし、民主党政権は、1ドル80円を切る超円高になんの手も打たず、
日本の輸出関連企業の倒産やリストラが相次ぎ、歳末の街には失業者が
あふれ、炊き出しが行われた。自殺者は年間3万人を超えた。
現在は約2万人。その差1万人は民主党政権の無能無策が大きく
関わっていると言わざるをえない。
日清戦争の戦死者が約1万人。
政権の無能無策が如何に悲惨な結果を招くか、国民は忘れていない。
民主党政権があと1年続いていれば、日本の輸出産業は壊滅しただろう
言われている。
国民はあの惨状を忘れてはいない。
 
解散総選挙になれば、野党はまた大負けするでしょう。
現在の野党は当時の民主党よりも弱小であり、連合しても政権構想さえ
作りえず、政権を担当することは難しい。
安倍首相を退陣に追い込んでも結局は、自民党内での政権たらいまわしになる。
それより安倍内閣を守り、この5年間の経済、外交の実績を引き継ぎ、
さらに推進する方が国益に適う。安倍政権を退陣させて喜ぶのは、
中国、韓国、北朝鮮であることは普通の常識ある国民には、明らかである。
と、私は思います。
 
関連記事
もう一度、事の大小軽重を・「政治家の嘘は」
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事