ここから本文です

書庫全体表示

他人の顔

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



俺は等しく人と言うのは変身願望があるものだと思っている.。

俺なんかは永遠におっさんでありながら感覚は中学三年生なので、さすがに仮面ライダーやウルトラセブンに変身!って願望はありませんが、現実のスポーツヒーロー、ダルビッシュ有みたいにメジャーリーガーの強打者をバッタバッタ三振にとったり、ボクシングのウェルター級の世界王者になってロベルト・デュランのようにマッチョで強打をふるうシーンを勝手に妄想しながら眠りに着く事がしょっちゅうだ。

要は早い話、自分の現実の人生がインケツなんで夢の中だけでも理想のスーパーな存在になりたいって深層心理もあるのだろう。

女性だったら欧風貴族と結婚して召使が何人もいて、セレヴというかよくわからんけど宝塚歌劇の演じる主人公に自分をあてはめることもあったりする場合もあったりするのでは?と妄想するけれどどうなんでしょう。

この映画は1966年に勅使河原宏監督で阿部公房の原作、脚本で東宝配給映画であるが、限りなくATG臭と言いますか勅使河原宏の自主製作っぽい映画のようにも思えます。

俺がこの映画の存在を知ったのが、1990年代に「フェイス・オフ」というニコラス・ケイジとジョン・トラボルタ?だったかの共演のBムーヴィーの元ネタがコレって聞いたのでずっと気になっていて最近、CS放送で初めて観た次第である。

会社の専務だかの重役の男が化学実験の液体空気の研究中、爆発事故を起こし顔全体がケロイド状にただれ、いわば自分の顔を喪失した男の物語である。

この男は美人妻の京マチコが居ながら、その研究中に浮気中の助手の女(入江美樹)と一緒にいて女は顔の半分がただれてしまう。

男(仲代達矢)はほどなく包帯グルグル巻きで平幹次郎演じる整形手術の実験をしている医師の協力を得て、大やけどを負う前と違う顔のマスクを装着することに成功、完全に他人になりすまし、勤めている会社の受付嬢などが全然自分の真の姿を分からず、社長と面会させない対応などの反応を見て一人悦に入るのだ。

だが包帯姿で借りたアパートの大家(千秋実)の知恵遅れの娘(市原悦子)には正体がばれてしまう。

そして愛妻の前でも間男に扮して、彼女を誘惑するが全て自分の一人芝居であるというのが彼女にもばれて彼女は彼の元を離れる。

そして彼は絶望とも怒りともつかない心情のまま、デスマスクを作った医師の元にたどりつくのだが果たして・・・・・

この映画のテーマは不条理であり、そして皮肉でもあり、差別観(顔の美醜等の)や様々な要素があり凄い考えさせられた映画ではあった。

よく障害を持たれている方の方が六感や臭覚が敏感で鋭いなんて描写も、観ている視聴者をドキドキさせる処があったりもする。

Bムーヴィーの「フェイス・オフ」や映画版「犬神家の一族」のアイディアはこの映画から多分に頂いているのでは?と多少感じました。

ここまで書いてなんですがこの記事とこの動画は体調のすぐれない方、心臓の弱い方はあまり観ない方がいいとは思います

この記事に

  • 顔アイコン

    これ安倍公房ですよね(笑)
    原作読んでひっくり返りました!!
    映画は観てないんですよね。
    でもこういうの好きです。
    好きと言ったらあきませんが(笑)
    何よりタイクツしないじゃないですか。

    [ sido.takuya ]

    2012/5/12(土) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    私も安部公房で読みました。公房、好きぢゃないのに何作も読んでしまいました。映画化されていたんですか。

    この年になると「変身願望」は薄れてきますが。
    もちろん想像だけはしますね、誰にも言えないっす(汗)

    [ ゆうこ輪輪 ]

    2012/5/12(土) 午前 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    フェイスオフの元ネタですか。
    あの映画は大スター共演でなかなか面白かったし、好きですけどね。

    ボクサーひこ

    2012/5/12(土) 午前 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    安部公房の原作がお気に入りです。映画の方は観たことがありませんが、どんな作品になっているのかすごく気になります!

    gutch15

    2012/5/12(土) 午前 8:01

    返信する
  • 「砂の女」は観てるんですけど、これはまだです。
    観なくちゃなりませんね〜♪
    安倍公房と勅使河原宏はこの頃最高の表現者だったと思います♪

    そふとましん

    2012/5/12(土) 午前 8:35

    返信する
  • アバター

    シドさん
    コレは凄い映像であり、かつ考えさせられる映画でありましたよ。

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:12

    返信する
  • アバター

    ゆうこ輪輪さん
    競輪選手になっている夢でしょ(爆)!!

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:13

    返信する
  • アバター

    ひこさん
    フェイス・オフはまあバカ映画で面白かったですが、この映画は非常に深遠なるテーマがある映画ではあると思います。

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:15

    返信する
  • アバター

    gutchさん
    役者が揃っているしほとんど素晴らしい演技をしていますからね〜、凄い映画ですよ♪

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:16

    返信する
  • アバター

    そふとましんさん
    是非、観て頂いてレヴュー記事楽しみにしていますね♪

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:18

    返信する
  • 安倍公房らしい不条理の世界ですね。気色悪いですね。

    [ エイ爺 ]

    2012/5/12(土) 午後 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    EJさん
    イエス!サー、当然不気味な世界でワイが好きな世界でもありますワイ\(-o-)/

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 0:52

    返信する
  • こういう映画が昔作られていたんですね・・・でも怖そうですね。(^^;

    SGT

    2012/5/12(土) 午後 2:30

    返信する
  • あれ、、、これは〜映画化されていたのですね。
    はじめて知りましたです〰〰〰

    変身願望は誰にでもあるでしょうね。大人になったらなったで、、!
    気ままにさんの 伝えたいこと思っていることがなんとなく
    わかります〰〰〰 深いなァ。。。 ポチ!

    [ きろ ]

    2012/5/12(土) 午後 2:46

    返信する
  • 音楽もおどろおどろしくておもしろそうですね!
    「フェイス・オフ」懐かしいです

    BLUE

    2012/5/12(土) 午後 3:21

    返信する
  • アバター

    SGTさん
    怖いけれど、、、非常に深い人間とはなんぞや?と考えさせられる映画ではありますよ(^^♪

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 5:34

    返信する
  • アバター

    想いのままにさん、ポチサンクス!!
    ワイの薄っぺらい文章でも意味が出てくる処に映像の魔力があるとは思うのですよ〜!!

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 5:36

    返信する
  • アバター

    BLUEさん
    必見です(笑)音楽は新東宝怪談映画の影響もあるかも?
    映画の内容もそうですが、役者の演技のレヴェルが今と違い段違いに高い!

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 5:40

    返信する
  • てっしーに安部公房ちゅうたら「砂の女」ですが未だに観れてません。ソフト高すぎ。
    これは知らなかったですが「怪奇大作戦」にも似たのがありましたね。

    [ キヨモジ ]

    2012/5/12(土) 午後 11:11

    返信する
  • アバター

    キヨモジさん
    「怪奇〜」「恐怖劇場アンバランス」に似た話あった記憶があります。

    ただ2時間の尺でシンプルな話ですので非常に重厚感がありますね。
    「砂の女」コメントでも出てきている映画ですがワタシは観たか?観ていないか?記憶が定かではないので観たいですね。

    気ままに

    2012/5/12(土) 午後 11:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事