ここから本文です

書庫全体表示

蜘蛛巣城

イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
今、自分は有料衛星放送のWOWOWにて黒澤明全作特集っていうのをやっていまして久しぶりにHDDに録画して秋の夜長に黒澤の映像世界に浸っています。
 
黒澤明という映像作家の特徴を勝手な見解で言わしてもらえれば、一言威厳のある映像美と圧倒的な映画的リアリズムの追求ってのが自分の中では大きい。
 
「七人の侍」や「羅生門」の太陽や雨のシーンはまず今の実写映画でも出せない迫力でその作り込みの精緻たるや後進のハリウードの映像作家に多大なる影響を与えたのは映画史が証明している気がする。
 
そしてこの偉大なる映像作家の遺伝子を受け継ぎ、異様なまでの映画的迫力をモノにした映像作家は残念ながら日本では居なくて俺はフランシス・フォード・コッポラと見ている。
 
コッポラのじゃあ全ての映画でそうなのか?といえば大いに疑問ではあるが、少なくとも「地獄の黙示録」は間違いなく、映像や脚本の中でクロサワの遺伝子が組み込まれている気がするのだ。
 
例えば「地獄の黙示録」でジャングルの奥地のカーツの王国に潜入しようとする特殊部隊のウィラード率いる船がいきなり密林の四方八方から槍で滅多付きの攻撃にあうシーンはこの「蜘蛛巣城」のラストシーンから模倣されたような気がするし、カーツ大佐自身米軍の裏切り者でこの映画の三船敏郎扮する戦国武将、鷲津武時もいわば大将、都築からすれば下剋上が当たり前の時代とは言え裏切り者である。
 
ただこの二人が決定的に違うのはカーツは自分の理想の王国を設立するために妻も子供も全て捨てて、現人神たろうとしたのに対し鷲津は嫁や物の怪の言葉に翻弄される闘う男としては少々気の小さい人間臭さである。
 
今さっきまで家来だった家臣がいつの間にか城主や将軍の寝首を掻き、親子兄弟親類であれ私利私欲の為には殺生もいとわない、まさに誰も信用できない己の力のみといった戦国時代に蜘蛛巣城という世にも不思議な城があった。
 
その城の周りはうっそうと生い茂った森があり外部から侵入者があっても決して城までたどり着けず、同じところをグルグル周り物の怪にも遭遇することもあることからまっこと、人智を超えた摩訶不思議な地区であり、城主につかえているベテラン武将でも道に迷うほどのまさに難攻不落の城塞であったのだ。
 
ある時、蜘蛛巣城城主、都築国春は北の館、藤巻の謀反にあい籠城を決意する。
 
そんな中で鷲津武時と三木義明(千秋実)の活躍により形勢逆転の報が入る。
 
都築は喜び二人を招き入れるが、二人は城に着くまでに蜘蛛の巣の森に迷い込み、この世のモノではない老婆に遭遇し老婆の予言では鷲津が蜘蛛巣城主になり、三木の息子が跡を継ぐという。
 
なにを戯言を!といぶかしがる二人であるがこの描写にも現在の政治家の連中もお抱えの占い師のアドヴァイスを受けて政治を行う側面もある事象も多いので、一概に幻想的で夢物語とは言えない部分もある。
 
この報を聞きいれた妻、浅芽(山田五十鈴)は老婆の予言を知れば必ず武時を国春が殺しに来る、その前に国春を殺すべきだと武時をそそのかし、国春が武時が防衛している北の館に家臣を牽きいれた国春の家臣、見張りを痺れ薬入りの酒で眠らせ、武時は槍で国春を射し、謀反を果たす。
 
更に浅芽は自分達に子が出来ないので三木義明の息子、義照ともども殺せと武時をそそのかし、義明を武時は仕留めるが義照は取り逃がしてしまう。
 
そうしている中、浅芽は身ごもるが死産してしまい、武時も三木の亡霊に悩まされながら、今一度蜘蛛の巣の森に行き老婆に助言を聞き、蜘蛛の巣の森が動かぬ限り蜘蛛巣城主が戦に敗れる事はないという予言で安心する。
 
がその森が動き出し、武時は窮地に追い込まれるのであった。。。。。。。。
 
この映画は異様に陰の迫力のあるクロサワが敬愛するシェイクスピアの戯曲「マクベス」を戦国時代に置き換えた作品であるが、クロサワの戦国映画でも醜い人間模様が描き出された傑作と見ています。
 
以前のレンビデ店長の仕事柄、クロサワとペキンパーの映画は全部観て、何回も観ている作品もありますがこの映画も久々に観て、森が動くシーン(円谷の特撮)や鷲津武時に向かって数本の槍が飛んでくるシーンなど異様なテンションの高さとド迫力映像がいつまでも自分の脳理から焼きついて離れない名画である。
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    山田五十鈴の演技は印象でしたね。
    俺も黒澤に唯一、近いのはコッポラだけ
    やと思いますね。
    三船のこの目つき研究しましたが
    これは凡人でははかれません。

    [ sido.takuya ]

    2012/9/25(火) 午後 0:26

    返信する
  • 地獄の黙示録には、黒澤を感じますね。

    [ エイ爺 ]

    2012/9/25(火) 午後 0:44

    返信する
  • 内の親父は黒澤の「影武者」のエキストラとして応募したそうです。
    でも馬に乗れなくてダメだって言われたそうです。
    それを今になっても自慢してますよ。(笑)

    [ ]

    2012/9/25(火) 午後 1:19

    返信する
  • 顔アイコン

    『蜘蛛巣城』 というのは黒澤映画だったんですか。タイトルだけ知っている程度の私は存じませんでした。主人公の鬼気迫る表情は凄いですね。
    “The Throne Of Blood” という英題もよくつけたものですね!

    gutch15

    2012/9/25(火) 午後 5:04

    返信する
  • うわぉ〜♪大傑作ですよね〜♪
    個人的には「七人の侍」よりも好きなくらいです。
    とにかく映像が圧倒的ですよね。

    「マクベス」の世界が日本の戦国時代に違和感なくハマっているシナリオも見事の一言ですね♪

    そふとましん

    2012/9/25(火) 午後 8:11

    返信する
  • WOWOWの一挙放送はありがたいですね〜
    私も全部録画してます(してもらってるんですが…)
    これもまたゆっくり見るのが楽しみです^^

    ちゃーりー・わかめ

    2012/9/25(火) 午後 9:55

    返信する
  • アバター

    半端な数じゃない矢の映像は凄かったです。
    三船敏郎の目付きも尋常じゃなかったけど、山田五十鈴の狂いっぷりもよかったですねー。

    [ ともきち ]

    2012/9/25(火) 午後 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    コッポラにしろルーカスにしろスピルバーグにしろクロサワファンだから、オマージュ的な部分があるのは当然だろう。個人的には黒沢映画は、ベタだけど『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』あたりが好きかな。

    [ 歩く剃刀 ]

    2012/9/25(火) 午後 11:04

    返信する
  • アバター

    シドさん
    この三船の眼の鋭さは唯一無二で誰しも真似できないド迫力ですね。
    山田五十鈴や京マチコ、あの原節子!までが妖艶な美女になるのですからクロサワは偉大ですわ。

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 0:58

    返信する
  • アバター

    EJさん
    あの映画こそ感覚的にクロサワを欧米映画で消化した最高峰であると自分は思っている。

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:00

    返信する
  • アバター

    大さん
    あの映画は大々的にプロでない人を公募して話題になりましたよね。
    素晴らしい父上じゃない!!

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:01

    返信する
  • アバター

    gutchさん
    異様な迫力があり欧米の大作になんらヒケをとらない、いやソレ以上の壮大なスケールの映画ですよ!!

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:03

    返信する
  • アバター

    そふとましんさん
    人間の強欲の醜さと信頼や信用ってモノがいかに大事か!をこの映画を観まして物凄い考えさせられましたよ〜♪

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:05

    返信する
  • アバター

    ちゃーりーさん
    じっくり観ましょう!又新しい発見があるかもしれませんよ(^^)

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:06

    返信する
  • アバター

    新ともきちさん
    膨大な矢の数とスピード感ですね。
    この山田五十鈴はメチャクチャ怖かったですわ〜。。。。。

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:09

    返信する
  • アバター

    歩く剃刀さん
    ルーカスやスピルバーグは軽いんですよね。
    感覚的にこの重厚な世界観を映像化させているのはコッポラだと思うんだ、自分はね。

    気ままに

    2012/9/26(水) 午前 1:11

    返信する
  • 顔アイコン

    僕はコレ観てないです、って言うか黒澤は4,5本しか観てないんでいつか制覇したいと思ってますがなかなか機会がないですね。
    地獄の黙示録は脚本がミリアスですからね〜あの人黒澤フリークでしょ(笑)

    ボクサーひこ

    2012/9/26(水) 午後 2:59

    返信する
  • アバター

    ひこさん
    ジョン・ミリアスもそうだけどコッポラもかなり近いラインはありますね。全30作ありますので是非制覇してくださいね。

    気ままに

    2012/9/26(水) 午後 5:55

    返信する
  • 黒澤って雨のシーンで人工的に雨降らせてたんだけど、向こうの山が降ってないって
    言ったの?
    地獄〜ってクロサワなの?
    オレわかんないんだよな、好きだけど

    三船ってイイ顔してるなー
    で、千秋実 なつかしー
    あの人さ、何か普通の役やってるイメージあったけど何かの映画でスゲぇスケベオヤジの役やっててさ、見直したよ(?)

    [ speedking ]

    2012/9/26(水) 午後 7:51

    返信する
  • アバター

    スピキンさん
    千秋氏は芸達者でどんな役も出来ますし、体格も立派で好きな俳優の一人です。

    地獄〜は間違いなくこの映画の世界観がかなり入っています。
    74回観て、コレは10回は観ましたから(笑)

    気ままに

    2012/9/26(水) 午後 10:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事