ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


邦題がやせっぽちのバラッドという名曲。

イメージ 1

どこかのアホがやせっぽちのブギとかって三文小説を書く途中でしたな。

この曲のミスター・ジョーンズ(主役)はどこに向っているのだろうか?

どうも肉体労働者で労組組合の組合長にでもなりそうな知識人のような気もする。

どうも時代に取り残された古いタイプの人間の様であるが、なんとかしようとあがいているようにもみえるミスター・ジョーンズ。

この曲の主人公を通してディラン自身が投影されているようにも思えないこともないがその割には、なんか問いかけが神からのようで常に上から目線なのはどう?ってのはありますけどね。

まあ米国人のアイデンティティは俺のような特定の信仰もしていない人間からしたらミスター・ジョーンズにどう?と問いかける奴は、少しイライラさせます。

そこがディランの狙い処かもしれません。

Bob Dylan - Ballad of a Thin Man





あなたが選ぶBEST5 第25弾 Led Zepellinの投票もお願いします!!

Nat King Cole - Mona Lisa



いきなりパクリ企画の音楽(ミュージシャン、バンド音楽家名)しりとりは総勢199組が登場しました。


イメージ 1

第73弾はナット・キング・コールです。

この人はピアニストですが歌も歌います。

画像のCDは所有していませんが他のジャケのBEST的な2枚組を持っています。

スウィング・ジャズからポピュラーに転身して成功を収めます。

その歌唱力は確かなものでして、美空ひばりもファンであったそうである。

俺ら世代からしたら少し退屈な音かもしれませんが、多くの映画に曲を提供したりルート66とか後のR&Rの源流となる曲も披露している。

歌が上手いなあーってレベルの人なんですが、どうもそれだけではない変人の様であったようだ。ヘビー・スモーカーで煙草で低音が出ると信じて煙草を吸いまくりフリー・メイソンで肺がんで45歳で早逝去している。

JAZZの偉人はこういう破滅型が多いがこの人もその一人だろう、BOXER的な少し悪童的な顔が如何にも宜しい。



あなたが選ぶBEST5 第25弾 Led Zepellinの投票もお願いします!!

今日は4月1日だ、何事もない凡人の俺にとってはただ時が流れているだけ。

イメージ 1

この曲はなんというかしみじみするんですが、情けない男の詩のようなんですがちょっとJohnのジェラス・ガイなんかを彷彿する部分もあります。

もう30年近く前に故人となってしまった神戸元町の小さなBARのマスター(おかま)がこの人のことを俺に説明するときに、あの人は弱いのよ甘えん坊なのよと真剣に言っていたのをこの曲なんか聴くと思いだすわけだが、そういう甘い弱い部分と虚勢を張る漢気みたいなのがないまぜになって、独特の色気を醸していたのだろうと心も体もブサイクな俺なんかは勝手に推測するわけだ。

この曲、個人的にはぐでんぐでんと同じく今俺ら世代から上の世代の人間が数多くカラオケで歌ってきただろうし、今も歌い続ける名曲だろう。今日もだれかがどこかで歌っている、そういう感覚です、俺にとっては。

ハロー・マイ・ジェラシー /萩原健一




あなたが選ぶBEST5 第25弾 Led Zepellinの投票もお願いします!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事