六期ノ桜〜麗夜【reinight】〜

「れいないと」と読みます♪基本は毎週木・金・土に更新します!

全体表示

[ リスト ]

道重さゆみ嬢紹介

〜道重さゆみ嬢紹介〜

イメージ 1


生年月日1989・7・13
血液型A
出身地山口県
デビュー曲「シャボン玉」(2003・7・30)
ステージ・デビューさいたまスーパーアリーナ(2003・5・4)



Profile

イメージ 2

2003年1月19日「モーニング娘。LOVEオーディション2002」で12417人の中から選出され、第6期メンバーなる。

イメージ 3

2003年3〜4月に開催された「モーニング娘。6期メンバー握手会」でファンの前にお披露目。

そして5月4、5日さいたまスーパーアリーナでの
イメージ 4

「モーニング娘。CONCERT TOUR 2003 春 NON STOP!」でコンサートデビュー。
保田圭と入れ替わる形でモーニング娘。に加入する。

その後、5月〜6月には二度目の握手会ツアーを経験し、
イメージ 5

7月30日にモーニング娘。19thシングル「シャボン玉」でCDデビュー。
イメージ 6

10月にはモーニング娘。おとめ組として「愛の園〜Touch My Heart!〜」を
イメージ 7

11月にはモーニング娘。「Go Girl〜恋のヴィクトリー〜」を発売。

今後が期待される大型新人と知られる。

ニックネームは「さゆみん」
イメージ 8

「さゆ」
好きな食べ物は明太子スパゲッティ。
イメージ 9

口ぐせは「世界一」
イメージ 10





Episode〜成長を続ける歌声〜

 さゆの歌での印象が深いのは、「シャボン玉」の冒頭の「なのに、どこ行ったんだよぉー」というかわいらしいセリフ。
ハードな曲とのミスマッチが新鮮だった。
さらに「愛あらばIT'S ALL RIGHT」でも「ホ!」というセリフをもらっている。
イメージ 11

ってこれはいずれも歌じゃない?(汗)

歌唱力に関してはこれからに期待。
彼女の歌はレッスン中の成長過程なのかも。
 
そんな彼女の歌のレッスンといえば、何といってもオーディションでの
イメージ 12

菅井秀憲先生による熱血歌唱指導。
イメージ 13

音程がふらふらしていたのに、割り箸をくわえる独自の練習法と彼女の反復練習でみるみる音程も安定。
スタジオで見ていたモーニング娘。のメンバーが驚いていたのが印象的だった。

最後スタジオを出て行こうとするさゆを呼び止めた菅井先生。
イメージ 14

いきなりピアノを弾き始めると、彼女は自動的に反応、歌を歌いだす。
イメージ 15

耳を澄ました菅井先生。
イメージ 16

そして出された「OK!」
大きな声で「どうもありがとうございました!」と嬉しそうに挨拶するさゆと満足そうな先生。

文句なしの名場面!



道重さゆみ〜強力なビームを発する“カワイイの求道者”〜

イメージ 17

ウサちゃんはカワイイ。
しかし、ホントはたくましい野生動物なのだ。

道重さゆみの“ウサちゃんピース”はめっちゃカワイイけど、強力なビームを発する最強兵器だ。
イメージ 18

そのビームを一度でも浴びたら、なんだかフシギとさゆから目が離せなくなってしまうのだから。
イメージ 19


モーニング娘。の中でもダントツの“カワイイの求道者”は、自分自身にはとことんキビしい。
誰よりもカワイイ女の子を目指す彼女は文武両道に邁進し、その険しい道のりを果敢に歩み続ける
イメージ 20




モーニング娘。 MY BEST SONG 「声」(『愛の第6感』収録)

優しいメロディが大好きです。
歌詞もキレイで、“その人の声はどんな声だろう”って知りたくなるような。
同じ言葉でも、その人が言うのとほかの人が言うのとでは全然違う…
っていうところ、すごく共感できます。
アルバムのレコーディングが終わった後も、つんく♂さんの仮歌バージョンでずっと聴いていました。
今も、家にいる時によく聴きます。。
こういう曲が歌えたこと、すごく嬉しかったです。



つんく♂より道重さゆみへのコメント

道重は、ホンマにおもしろいですよ。
“背が伸びて困ってるんです”
“なんで?”
“モーニング娘。では背が大きくないほうがいいんです、わたしは”
とか、自分で自分のポジションをすっごい考えて気にしていたり(笑)
天然なんですけどね。
“かわいさ”のポジションで言うと、キャラクターが開花するまでの加護に近いかな。
タンポポに入ったころの、すごくメルヘンチックだった加護に近い感じがある。
最初はけっこう萎縮していた部分もあったんですけど、「女子かしまし物語」あたりからビミョーに開花して。
笑顔が変わってきましたね。
僕は前々から“道重はおもしろいよー”って言ってたんですけど、そろそろ世間にも浸透していくかなぁ。
「女子かしまし物語」の時は、いちばん早くリアクション返ってきました。
メールで。
あの曲が本人を助けた部分、あるのかもしれないですね。
台本のある芝居で、舞台だからキス・シーンができたりするっていうのと同じで。
曲によって“自分はこういうコなんだ”と、今のポジションに確信を持てた部分はあるかもしれない。



<参照元>

閉じる コメント(1)

顔アイコン

癒しを求めている女性・・・最近の流行はココの素人ホスト!

2009/4/7(火) 午前 1:47 [ 素人 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事