ここから本文です
晴走雨読
バイクとの時間を少しずつ増やしていきたい・・・

書庫全体表示

昨年秋に上のチビと2人で大三島まで行ったしまなみ海道チャリツーリング
あの日の帰りにチビと約束した今治までのツーリングを実行してきました。

先週金曜日はチビの学校が代休で4連休だったため、2人の都合が合う金・土の一泊二日で決行です。ちょうど寒さも和らいで走るには二月とはいえ良い季候でした。
ただ土曜日は雨予報でしたので、朝から本降りならもう一泊できる様、日曜日を予備日としました。


イメージ 1
さて、チャリはお互い前回と同じものでエントリー
チビ:子供用 18インチ 無段階変速
オレ:アルベルト 26インチ 3段変速

9:30頃事務所を出発し、フェリーで生口島入り。

イメージ 2

順調に走り、多々羅大橋を越え、前回同様大三島の道の駅でランチ。
そこから大三島橋を通り、伯方島。
伯方・大島大橋を抜け、大島。

イメージ 3

大島の長い山越えルートを経て、ようやく来島海峡大橋、四国本土入りです。
普段、原付だとなにも気にせず駆け抜ける道もチビと一緒に自転車だと何倍も苦労しますが、チビの成長も感じられ、それがまた楽しくもあります。

伯方・大島大橋では途中の見近島へ降りようかと計画していましたが、高低差考えると休憩というより単なる修業なので中止しました。

イメージ 4

来島海峡大橋にある馬島へはエレベーター移動なので上陸します。

イメージ 5

ここはチビもエレベーターが気に入ったようで帰路にもよりましたが、まぁ原付だろうがチャリだろうが大体皆さんここは気に入りますね。こんな環境、他で見たこと無いし。

イメージ 6

馬島上陸です。


本日の宿、今治のサイクリングターミナル サンライズ糸山へは日没とほぼ同時の18時頃到着。へとへとです。

でもここは何度か利用した事があるんですが、チャリで来るのは初めて。

イメージ 7

チャリだと部屋にチャリと共に宿泊出来るんですね〜

すぐに大浴場で汗を流し、レストランで食事して20時には就寝。
チビもかなり疲れているようですが、食欲は旺盛で一安心です。
その後、2人とも翌朝7時過ぎまで11時間以上爆睡しました。

イメージ 8
部屋からの来島海峡大橋


翌朝、チビはまだ疲労回復出来ていないようでレストランで朝食中も眠いとの事。
朝食はしっかりとりましたが、朝食後部屋に戻り30分ほど眠りました。

空は曇天、まだ雨は降っていないけど、日中は1mmにも満たない弱い雨が降るとの予報です。
悩ましい選択でしたが、2人で話しあった結果、この日戻る事にしました。
そうすれば、翌日は自宅で終日休養出来るしね。

ワタシとしては、雨の日はブレーキは効かない、道路は滑る、景色もイマイチ、レインコート鬱陶しい、食事もお店に入りづらい・・・などなど、普段雨の日はチャリに乗ることのないチビに、早いうちに体で覚えておいて貰いたいという意図もあります。


さて来島海峡大橋を渡り終えた時点でポツリポツリ落ちてきました。
休憩中にレインコートを着て、雨に備えます。

大島の坂を登り切った高速道路高架下で雨宿りがてら昼食にします。
途中のスーパーでお弁当購入済みです。

イメージ 9
本日のランチ会場(;´Д`A


イメージ 10

やはりチビは疲労回復できていないようで、ここでも少し睡眠を取りました。

その後は無理しないように、雨を凌げる場所では休憩を取りつつ慎重にゆっくりと来た道を戻り、夕方のフェリーにて帰ってきました。
事務所到着は19時頃。

イメージ 11


結局、雨は夕方、生口島へ上陸する頃まで降り続き、しかも1mmどころではない雨量だったようです。2人とも、靴とグローブは雨でぐちゃぐちゃ。
チビにはかなりキツイ旅となったようですが、有意義だったと思います。

途中、ロードやクロスバイクで上り坂を駆け抜けていく大人を見て、次はあんな自転車が欲しいと言っていたし、2年生になったらまた行きたいとのことなので、
毎年の恒例にしましょうかね♪(´ε` )

走行距離:片道45km、往復90km程度
お疲れでした。


結論:しまなみ海道縦断、小学一年生が子供用自転車でもルート選びさえ気をつければ往復一泊二日でなんとかなる( ´ ▽ ` )ノ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事