ここから本文です
こんにちわ。

8月も折り返して、夏の終わりも見えてきたような気がします。

さて、今日は、渡航準備のお話の最終回です。
実際に海外で住んでいた薬剤師の私が、渡航前に準備していてほしいことなどをツラツラと書いてきましたが、とりあえず、渡航準備のお話は今回で一度、完結させます♪♪

今までのブログについては、以下のタイトルリンクよりぜひ、覗いてみてください。

===============
④軽傷・軽症には自分で対応できるように準備
常備薬の準備
持病に対する医師に処方してもらった薬の他、OTCとして販売されている以下の薬剤を持って行くと、万が一の時も安心です。

〜渡航時に準備しておきたい医薬品〜
解熱鎮痛剤:(成分名)アセトアミノフェン、ロキソプロフェン、イブプロフェンなど
整腸剤:ビオフェルミン
総合感冒薬:体調を崩す時に「鼻水から、咳から、咽頭痛から」など人によって症状は様々なので、一番合ったものをドラッグストアで薬剤師・登録販売員と相談して購入していくとよいでしょう。
下痢止め:(商品名)ストッパ下痢止め、
酔い止め:(商品名)トラベルミン
抗アレルギー薬:(商品名)アレグラ、アレジオンなど
保湿剤
ステロイド入り塗り薬
抗生物質入り塗り薬


渡航者様のご年齢・既往歴・渡航先等で、事前購入しておいたものや現地で購入が簡単にできそうなものなどは異なってきます。
渡航先の風邪の引きはじめや大したことないと思うようなケガの際には、病院への受診を語学の問題もありためらう方も多いものです。事前にしっかり、必要となる可能性の高い薬は日本で買いそろえて置き、使用方法なども把握したうえで、渡航するようにしましょう。
薬や渡航医学に関する不安や疑問は、ぜひ、お気軽に当店のプライベートセッションよりお問い合わせください。

===============
さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

イメージ 1



この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。
世界中に住む日本人の健康をサポートする薬剤師の『PhAROMAcist』です。
毎日、日本は暑い日が続いていますが、海外の諸国はどうなんでしょう?
私の住む静岡は毎日、猛暑で「アロマde虫よけスプレー作り」といったイベントを行ったりしていますが、今年は暑すぎてあまり蚊もいなくて、ニュースでも『命の危険を感じる暑さ』とか報道されていて、外に極力出ない人が多いように感じます。
蚊がいっぱい出てくるのも今年は、9月の残暑残る中ではないかと考えています。

さて、ここ数回、海外に渡航する前の準備について「渡航前準備」とのタイトルで、『渡航前準備①ー情報収集ー』『渡航前準備②ー渡航外来受診や健康診断の受診ー』『渡航前準備③−医療用個人情報を伝えられるよう対策−』と連続で掲載させて頂きましたが、今日もひき続きで、日本人が海外に出かける前に準備しておきたい事柄についてのお話させていただきます。

今日は、日本から購入して持っていきたい衛生用品についてです。
===============
④軽傷・軽症には自分で対応できるように準備
衛生用品の購入
日本の衛生用品はクオリティが高いです。海外で欲しいと思ってもなかなか手に入らないこともあります。滞在場所と滞在期間にもよりますが、日本でそろえておきたい便利な衛生用品を記載しています。参考にしてください。

〜渡航時に持っていきたい衛生用品〜
・ティッシュ
・ウェットティッシュ
・爪切り
・耳かき
・綿棒
・ピンセット
・バンソコウ
・ガーゼ
・コットン
・生理用品
・体温計
・滅菌シート
・マスク
・経口補水液(OS-1や粉ポカリスエット等でもOK)
・虫刺され対策グッズ
・日焼け止め対策グッズ
・冷却シート
・ホッカイロなど

渡航者の年齢や持病、渡航先の地域や国の背景によっても、あらかじめ絶対買っておいた方がいいも、現地でそろえれば十分なもの等、異なると思うので、ぜひ、そのあたり、気になる方はお気軽に当店のプライベートセッションをご利用ください。

===============
さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター


この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。
世界中に住む日本人の健康をサポートする薬剤師の『PhAROMAcist』です。
毎日、日本は暑い日が続いていますが、海外の諸国はどうなんでしょう?
私の住む静岡は毎日、猛暑で「アロマde虫よけスプレー作り」といったイベントを行ったりしていますが、今年は暑すぎてあまり蚊もいなくて、ニュースでも『命の危険を感じる暑さ』とか報道されていて、外に極力出ない人が多いように感じます。
蚊がいっぱい出てくるのも今年は、9月の残暑残る中ではないかと考えています。

さて、前回(渡航前準備②ー渡航外来受診や健康診断の受診ー)、前々回(渡航前準備①ー情報収集ー)の続きで、本ブログでも、日本人が海外に出かける前に準備しておきたい事項についてのお話です。

今日は、あなたの語学力KEYになります。

さて、実際に、海外に行ったときに、あなたは自分の状況をきちんと的確に医師及びその他医療従事者に伝える事ができますか?

===============
③医療用個人情報(既往歴・併用薬・アレルギー歴等)を伝えられるように対策
適切な医療を受けるための準備
持病や併用薬等のメディカルヒストリーは、適正な医療を海外で受けるため、現地の医療機関で伝える必要があります。ただ、かなりの語彙力をもっても、メディカルヒストリーや併用薬を話すことは、かなり難しいものです。さらに併用薬については、海外の医師に日本の薬、その物を見せても、何の薬か分かってもらえないことがほとんどです。海外で適切な医療を受けるためにも、併用薬・既往歴・アレルギー歴等の医療用個人情報シートは用意しておくようにしましょう。
当店では、日本語版と英語版の両方で既往歴や併用薬等、個々の医療用個人情報を作成するサービスを提供しております。
詳しくは以下のURLよりご確認ください▼▼
実は私は、恥ずかしながら、実際にアメリカに暮らしていた時、数日間の高熱が続き、最初は自力で治そうと我慢して寝ていたのですが、あまりにつらいので病院に受診しようと苦渋の決断をし、病院受診しました。
その記憶は今でもかなり苦い経験として残っています。

まずは、英語がわからない!
日常会話はあまり困らないようなレベルでしたが、頭も熱でボーっとして、使い慣れない言い回しや単語が飛び交い、もう呆然としてしまいました。

摂氏や華氏の温度単位の違い、キログラムとポンドの単位の違い。。。
病気の症状のことを聞かれているけど、全然言いたいことの半分も伝わってないことの無力感。。。。
医師に説明を受けた時の聴き取れなさ。。。
そして、家に帰ってから、薬を調べて分かった日本で処方される量と米国で処方される量の差を知って、副作用などへの不安。。。

この時の経験が、今の私の仕事にかなり活かせているので、悪いことばかりではなかったですが、一人でも多くの方がうちのサービスや自分での準備をしっかり行い、海外の万が一の時にも、適切な医療が受けれるように「しっかり事前準備する事!」をしっかり意識して、渡航してもらいたいと思っています。

=======================

さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター


この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。
世界中に住む日本人の健康をサポートする薬剤師の『PhAROMAcist』です。

前回(渡航前準備①ー情報収集ー)の続きで、本ブログでも、日本人が海外に出かける前に準備しておきたい事項についてのお話です。

長期・短期に関わらず、海外に滞在するという事は、何に対しても『万が一に備える』という事がとても重要になってきます。

日本にいれば、病院を受診することやちょっとした受診の医療費の支払いについて心配する方は少ないと思います。

ただ、あなたがこれから行くのは海外!!

『医療制度』も、文化や宗教の違いより『医療そのものに対する考え方』も、ましてや『罹患する可能性のある病気』も異なっている所です。

海外の万が一の時にも、適切な医療が受けれるように「しっかり事前準備する事!」はとても大切です。


===============
②渡航外来受診や健康診断の受診

健康診断
渡航前に、かかりつけ医、もしくは渡航外来で健康診断を受診しましょう。年齢や持病にもよりますが、医師に海外に行くことを話し、少し入念にしておくとよいでしょう。

また、忘れがちですが、歯科の検診も行う事をお勧めします。日本にいるうちに手続した医療保険は、歯科の治療は対象外となることもあります。
必ず、保証の対象範囲を確認し、日本で必要な検査や治療は全て受診して、渡航するようにしましょう。
ちなみに、特にこの健康診断は、特別な医療機関に受診しなくても、お近くのクリニックやかかりつけ医に頼めばよいです。
頼み方としては、「海外旅行・赴任にいくにあたり、海外滞在中に何か起こると悪いので、定期健診にあるような項目の検査をしてほしい」と言えば、採血も実施してくれて、年齢や医師の考えに応じて、「心電図」などまでするかどうかを提案してくれるでしょう。
ワクチン接種
ワクチン接種には、反対派の方もいますが、現在の日本国が感染症がこんだけ抑えられ、健やかに長生きできるのは、間違いなくワクチンの恩恵が大いにあるでしょう。
日本では、年齢によって公費で負担してくれるワクチンがあり、多くの方が子供の時に、国から推奨されているワクチンを接種しながら大きくなっていくのが一般的です。
そして、これらの接種したワクチンは、母子手帳に記録に残す義務が医療機関にあるため、こワクチン接種歴は、母子手帳で確認できます
ただ、あなたが行く海外は、流行っている病気も日本と異なりますし、そもそも、以前、接種したワクチンの効力はもうなくなっているかもしれません。
そこで、一番オススメは、渡航前に渡航外来がある医療機関を受診することです。
渡航先、今までのワクチン歴や年齢によっても異なってくる複雑なワクチン接種についての相談にのって、実際に接種をしてくれます。
ワクチン接種には、間隔をあけなればならないものなどもあるため、渡航予定半年前程には一度、渡航外来を受診することをお勧めします。
ちなみに、ワクチンの中には、自費のものしかなく高額なワクチンもありますが、目先の3万円のワクチン接種をケチったが故、渡米先で「日本脳炎」にかかり、海外で救急搬送、手当てを受けましたが、結局、意識不明の重体で日本に帰国し、重い障害を残してしまったという方も実際にいらっしゃいます。
また、渡航外来で仕事をしている医師から聞いたのですが、患者さんの中には、仕事で東南アジアに出張する30代男性に対して、狂犬病と日本脳炎のワクチンを勧めた際、「私は大丈夫です。動物には近寄りません」とか、「蚊には刺され辛い方なので大丈夫です。」と根拠のない「大丈夫」を宣言するという方が多いそうです。
ただ、これは、日本のこの温室JAPAN育ちの「the 日本人的な甘々な平和ボケした考え」です。
狂犬病に罹っている動物は、コチラが近寄らなくても、急に勝手に近寄ってきて、噛むことがありますし、蚊だって、日本で刺され辛いからといって、絶対に刺されない確証はどこにもありません。
もちろん、予算などもあると思います。
ただ、自分の『命』と引き換えにしたら出せない額ではないでしょう。
出張の場合は会社と交渉したり、留学の場合には家族としっかりと話し合いをして、必要なワクチンはしっかり摂取するようにしましょう。
ちなみに、どのワクチンを接種するかの判断は、厚生労働省検疫所のHP「FORTHでもご確認頂けますが、内容がかなり難しいので、お近くに渡航外来があれば、渡航外来への受診がお勧めです。
なお、既に海外滞在中であったり、時間がないのでオンラインで先に相談したり、近くに渡航外来がない場合には、当店のプライベートセッションをご利用ください。
必要であろうワクチンについて、アドバイスさせて頂き、お近くの渡航外来をご案内致します。

※ 渡航外来については、日本渡航医学会認定医療職一覧を参照。
=======================
さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

この記事に

開くトラックバック(0)

渡航前準備-情報収集-

こんにちわ。
世界中に住む日本人の健康をサポートする薬剤師の『PhAROMAcist』です。

本日のブログより、数回に分けて日本人が海外に出かける前に準備しておきたい事項について、お話ししていきます。

長期・短期に関わらず、海外に滞在するという事は、何に対しても『万が一に備える』という事がとても重要になってきます。

日本にいれば、病院を受診することやちょっとした受診の医療費の支払いについて心配する方は少ないと思います。

ただ、あなたがこれから行くのは海外ですよ!!

『医療制度』も、文化や宗教の違いより『医療そのものに対する考え方』も、ましてや『罹患する可能性のある病気』も異なっている所です。

海外の万が一の時にも、適切な医療が受けれるように「しっかり事前準備する事!」はとても大切です。

===============
① 情報収集(滞在先の衛生状態や気候、医療機関、感染症の流行について)
バックグランドの情報収集
滞在先の衛生状態や気候により流行する感染症が異なります。それによって、準備段階で接種していくワクチンや、日本にいる間に準備しておきたい常備薬や衛生用品なども異なってきます。
私が所属している「渡航医学会」でも、旅行先に合わせたワクチン接種、旅先で必要となるようなお薬の持参などを進めています。
ワクチン接種は、接種歴、年齢、渡航先より、異なってきます。
留学や海外転勤の場合には、学校や会社から「●●●」のワクチンだけ打つように指示があったりしますが、充分でないこともあります。
渡航外来でよく相談するようにしましょう。
自分で、なにのワクチンが必要かを調べたい場合には、「厚生労働省 検疫所」のHP『FORTH』も確認するのもよいでしょう。
また、罹患する可能性の高い病気については、「どのような症状になるか」「どうやって治療するか」「回復までのどれくらいかかるか」などをしっかり調べて、衛生用品については、必ず日本で買っていくとよいでしょう。
医療機関受診のための情報収集
滞在先の医療制度、医療機関などについては、あらかじめ把握しておきましょう。国内であらかじめ医療保険に入った場合でも、使える医療機関がそばにあるのか、保険会社などに現地で立て替え支払いが必要か、医療機関までの交通手段なども確認しておきましょう。
実際に、病気に罹患した時には、かなりグッタリしているものです。
必ず、病気になる前に病院への行き方、診療科などを確認しておきましょう。
また子連れで海外に行く場合、こどもは環境変化に追いつけず、突発的に熱を出したりすることもあります。また、大人であっても軽傷など負傷してしまうこともあるでしょう。
そんな時には、わざわざ病院にかからなくても、近くの薬局の場所を調べておけば、OTC(市販薬品)を購入することもでき、便利でしょう。
*国によって、薬剤師の権限や市販薬の種類が異なります。ただ、病院を受診するより薬局に受診する方が、金銭的な事を考えても、精神的負担を考えてもハードルが低いのはみんな同じでしょう。急を要さないけど、病気に罹ってしまった場合などは、ぜひ近くの薬局で近隣薬剤師にご相談ください。
=======================
さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター
・認知症サポーター

*『THINKHAPPYBEHAPPY』は、静岡から世界へ 世界中の日本人にHappy&Healthyを届けることをミッションとして、静岡市内及びオンラインで個人のお客様から企業・医療機関の方に対して、様々なサービスを提供している、薬剤師の経営する小さな会社です。https://think-happy-be-happy.com/



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事