ここから本文です
こんにちわ。

海外滞在中に経験した実体験を活かして、「静岡から世界へ 世界中の日本人をHappy&Healthyにしたい」とモットーに調剤薬局薬剤師をしながら、医療翻訳や海外の日本人のSkypeを通しての健康相談、アロマやハーブなどの上手な統合医療の活用法をお勧めしたりしております『PhAROMAcist【Pharmacist(薬剤師)+AROMA】』です。

さて、今日の表題の質問ですが、全部、スラスラ言えますか〜〜?

旅行者・ビジネスマンやそのファミリーなどの渡航予定者とお話をしていると、「海外での感染症」である『マラリア』『狂犬病』『ジカ熱』、また先進国に行く人でも、『麻疹』『風疹』など、いわゆるワクチン接種で罹患リスクが軽減する病気を意識して対策をしている方が多いですが、一番かかってしまう可能性が高い病気は、いわゆる『風邪症状』です。

今日は、風邪の症状の英単語と例文をいくつか紹介したいと思います。
★英語初心者のために、あえてカタカタ表記を入れました。そのままカタカナで読んでも伝わりづらいと思いますが、やっぱりカタカタ表記をしてあるとわかりやすいという方もいると思うので、あえてカタカナの読み仮名を入れました。。Googole翻訳などのアプリで、これらの単語や文章を入れて、スピーカータブをクリックした発音を聞いてみましょう!

まずは単語から♪♪

『頭痛』 headache  (ヘッドエイク)
『腹痛』  stomachache (ストマックエイク) 
『のどの痛み』  sore throat (ソアースロート)

となります。

ちなみに、痛みとは「pain(ペイン)」「sore(ソアー)」「ache(エイク)」の3種類で表現されるのですが、何が違うかわかりますか?

明確な答えは出しずらいのですが、次回ブログに私なりの回答を書きたいと思います。

そして、実践ために、それぞれ使った単語や例文を以下に書いておきますので、ちょっと考えてみてください♪♪

〇「pain」を使った単語 ▶▶▶ backpain(バックペイン)

〇「sore」を使った単語 ▶▶▶ sore throat (ソアースロート)

〇「ache」を使った単語 ▶▶▶ headache(ヘッドエイク), stomachache (ストマックエイク)

ちなみに、実際、海外で伝えるときには、単語ではなく、文章で伝えたいですよね?

なので、例文をいくつか紹介しておきますね。

Ex1)
『昨日から頭痛がします』
I have a headache from yesterday.
(アイ ハヴ ア ヘッドエイク フロム イエスタディ)

*小コラム*
「from yesterday」を以下に言い換える事もできます。
①from this morning(フロム ディス モーニング) →今朝から
②from last night(フロム ラスト ナイト) →昨夜から
③from  〇 weeks ago. (フロム 〇 ウィークス アゴゥ)→〇週間前から 

Ex2)
『息子がお腹を痛がっています』
My son has a stomachache.
(マイ サン ハズ ア ストマックエイク)

*小コラム*
「My son」を以下に言い換える事もできます。
①My wife(マイ ワイフ) →妻が…
②My friend (マイ フレンド) →友達が…
③My mother/ father(マイ マザー/ファザー)→母が…/父が…

Ex3)
『のどが痛いので、薬をください』
I have a sore throat, so take some  madicies.
*小コラム*「drug(ドラッグ)」と「medicine(メディスン)」の違い
正直、どちらでも伝わります。以前、私のネイティブの友達に聞いたら、そう回答されました。
どちらかといえば、drugは米国英語、medicineが英国英語な感じらしいです。
英語は通じれは結局いいので、「medicine」が難しいと思うのであれば、「drug」でいいと思いますよ。
付随して、薬局も「Pharmacy(ファーマシー)」とも、「drug store(ドラッグストア)」とも言われたりします。

私は職業柄、海外に住む方や海外に渡航予定の方とお話する機会が、多いですが英語のスキルには皆さん、かなりばらつきがあります。

私自身、初めて海外に行ったときには、まったくしゃべれなくて、熱が何日も続いたので、病院に行ったときなど、本当に困ったものです(笑)

その経験から、海外の病院に行くときには、自分の今の状態をチェックすることだけで医師に伝える事ができる『症状チェックリスト』や、今までのアレルギー歴や副作用歴、また併用薬などを海外に医師や医療従事者に伝える事を目的にした『(医療用)個人情報シート』の作成を行っております。
特にお子様や高齢者の方のの海外渡航時などに、多くご利用いただいております。

ご興味ある方は、ぜひ当店HPを見てください。

詳細はコチラ▼▼

本日は、ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー

イメージ 1
************** 
〇当店のサービスのご案内〇 

【会社概要】https://think-happy-be-happy.com/
「英語スキル×薬剤師としての知識・経験×アロマセラピストの知識・経験」を活かし、個人様から企業様まで幅広いニーズに対応させて頂いています。
以下のサービスは当店の代、表できなサービスです。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

①米国NAHA協会認定資格取得アロマセラピーコース
きちんと世界標準のクリニカルアロマセラピー を学びませんか?
育休や産休を活用 して、「資格を取りたい!」って人にも最適です♪♪ 自宅で#赤ちゃんと一緒に #安全なアロマセラピー を受けて頂けます。

②CraftMaking講座
ニーズに合わせたワークショップ形式の「Mom's Craft」「Daily Craft」「Beauty Craft」を開講。
気軽に楽しくアロマセラピーを学びましょう。

③医療従事者向け英語研修
外国人患者に対応できるクリニック、薬局にするため、問診票や受診のフローチャート等英語資材を提供したり、スタッフに研修を行っています。

④海外渡航予定者 や海外滞在中の方へのサービス

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。

海外滞在中に経験した実体験を活かして、「静岡から世界へ 世界中の日本人をHappy&Healthyにしたい」とモットーに小さく事業を展開しております『PhAROMAcist【Pharmacist(薬剤師)+AROMA】』です。

今日はワクチンのお話についてしたいと思います。

『風疹の流行』とのニュースで最近見た方も多いのではないでしょうか?

この風疹は、ワクチン接種で予防できる病気の一種のはご存知ですか?

みなさんは、このニュースを聞いて他人事と思っていませんか?

違いますよ!!
日本に住んでいる方、今は日本に住んでいなくても、日本で育ち、小児の時に日本でワクチンを打ったことのある方は立ち止まるべきニュースです。

そもそもワクチンは、毒性を弱めた病原体をワクチンとして体内に取り入れる事で、その病気にかかりにくくする為のものです。接種目的は、『流行予防』『万が一の罹患時の症状緩和』とよく言われていますね。

この「ワクチンとは何ぞや!」というのを頭に入れて頂いて、今ブログの「今年の風疹の流行」、また次回のブログの「渡航医学とワクチン」について、2つの目線からワクチン接種の重要性についてお話したいと思います。

『今年(2018年)の風疹の流行』
なぜ今、風疹が流行していると思いますか?
そして、なぜそれが問題なのでしょう?

風疹の流行が大きな問題とされている理由は、妊娠中の女性が風疹になると「先天性風疹症候群(CRS)」という病気をもった子供が生まれてくることが多いという現実があるからでしょう。

その子供や妊婦さんが悪いという訳ではないのですが、その時期に風疹になった妊婦さんは、障害を持って生まれてくる可能性の高い子の出産を躊躇して、『中絶』という道を選んでしまう人がおり、風疹が流行した年の中絶率を確認していくと、例年より高くなっている事実があるのです。

また、風疹感染を知ったとき、また産んでから育てるときに「自分がワクチンを打っていれば、この子はこうならなかった」と後悔してしまったり、一番辛いケースは先天性風疹症候群で生まれてきた子供が死んでしまった際、母親が自分を責め続けてしまったりする事があるのです。

私も実際に、以前出席した「ワクチンに関する学会」で『風疹をなくそうの会「hand in hand」』のカニさんのお話を聞き、心をうつものを感じたことがありました。

ただ、実際に、普通に世の中で生きている人がこれを聞いても、「うちには、妊婦もいないし、妊娠の可能性のある年代の人が周りにいないから問題ないし、関係ない」という方が多くいるでしょう。

違います!!その考え方は大きな間違いです!!

だって、あなたは社会で暮らしているんです。
会社の中、通勤途中の電車、また街で買い物するとき、その家族の中には妊娠を望まれている人や妊娠中の奥様や家族を持つ方がいるかもしません。

そもそもワクチンがある病気というのは、一般的に、インフルエンザのように感染力が強い病気が多いです。
今回お話している「風疹」も、感染力の強い病気です。
だから、一瞬接しただけの人や全然話してもいない電車の隣に座った人から移る可能性があるんですね。
つまり、社会で生活している限り、だれでも「風疹」になる可能性があるんですね。

そうなると、公衆衛生*』の面から考えでは、結局、『風疹を撲滅すること』が大切!!ってことになりますよね。

(*公衆衛生とは、社会一般の人々の健康保持・増進のため、公私の機関が行う組織的な衛生活動です。)

だって、風疹になる人がいなければ、結局、風疹になる妊婦さんもいないですもんね。
そして、風疹にならない人っていうのは、基本的に風疹に罹ったことのあり免疫のある人か、風疹のワクチンを打った人となります。

そこで、ご縁あってこのブログを読んでいただいていると思うので、読者の方にお願いがあります!!

まずは、家族全員が、風疹ワクチンを接種したことがあるか、確認してください!
どうやって確認するかというと、「母子手帳」です。
大人になった人は特に、「そんなんないよ!」っなんていう方も多いでしょうが、実家に今一度帰って探すが、お母さんがご存命な人は、聞いてみてください。
多くの場合が出てきますから!!

それでも出てこない場合には、以下の風疹の接種状況の年表を確認してください。


「僕の年代はうってないわ!」「私の年代はうってないわ!」って年代の人は、「風疹ワクチンの接種の推進」を同窓会名簿を使って呼び掛けてほしいくらいです!
身近な人から、指摘されたことは意識しようって思いますよね?
ぜひ、お願いします!!

ちなみに、現場の薬剤師として働いている私からすると、大きな声では言えませんが、「これって医療費の無駄」「医療費を搾取してるわ〜」ってと感じるところがあったりもします。

高齢者にかかる医療費が年々増大して、医療費が国の財政を圧迫しているのは重々承知していますが、それでも、この『ワクチン接種』というのは、「みんなの健康」の公衆衛生学的に言ったらとても大切なものです。

国民が健康で生きられるために予防医学としてとても重要なワクチン接種について、もう少し視野を広げて、大人にも目を向けて考えてほしいものだな〜と感じるところでした。

※ちなみに、国の制度として、風疹の抗体検査は、無料で行えることになっています。風疹ワクチンは高いので、まず必要かどうかを判断するためにも、風疹の抗体検査をしてもらうのも一つの手段でしょう。ぜひ、お近くのワクチンに精通している医師(小児科医等)までご相談いただければと思います。

風疹が撲滅し、日本がより、暮らしよい社会となりますように。。。

【参考URL】

(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー

************** 
〇当店のサービスのご案内〇 ・

【会社概要】
「英語スキル×薬剤師としての知識・経験×アロマセラピストの知識・経験」を活かし、個人様から企業様まで幅広いニーズに対応させて頂いています。
以下のサービスは当店の代、表できなサービスです。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

①米国NAHA協会認定資格取得アロマセラピーコース
きちんと世界標準のクリニカルアロマセラピー を学びませんか?
育休や産休を活用 して、「資格を取りたい!」って人にも最適です♪♪ 自宅で#赤ちゃんと一緒に #安全なアロマセラピー を受けて頂けます。

②CraftMaking講座
ニーズに合わせたワークショップ形式の「Mom's Craft」「Daily Craft」「Beauty Craft」を開講。
気軽に楽しくアロマセラピーを学びましょう。

③医療従事者向け英語研修
外国人患者に対応できるクリニック、薬局にするため、問診票や受診のフローチャート等英語資材を提供したり、スタッフに研修を行っています。

④海外渡航予定者 や海外滞在中の方へのサービス
副作用歴、既往歴など治療を行うにとって必要な知識を記載している(医療用)個人情報シート、服用中の薬剤を日本の承認量とお客様が服用されている用量を記載した一覧を英語で作成します。
また、Skypeでのプライベートセッションも開催しており、海外滞在中に生じたヘルスケア関連の疑問や質問にも対応しております。詳細は公式HPをご覧下さい。


この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。

現役薬剤師の知識とスキル、また海外滞在中に経験した実体験と英語スキルを活かして、「静岡から世界へ 世界中の日本人をHappy&Healthyにしたい」とモットーに事業を行っております『PhAROMAcist【Pharmacist(薬剤師)+AROMA】』です。

日本では、台風21号で各地大きなダメージを受けたり、今朝も未明に北海道で大きな地震があったりと天災が続いています。

被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災や西日本豪雨など、今までも多くの災害が起こり、そこでは、アロマセラピストがボランティアさせて頂いたりしてきています。
私自身は、まだ実際に災害地でボランティアなどさせて頂いたことはありませんが、今回は、私が実際に被災地で生活されたセラピストの話を聞いて、災害袋に入れている精油のご紹介をしたいと思います。

ラベンダーオレンジスイートなど、万人受けするリラックス効果の高い精油
被災地の避難所での生活、また散らかってしまった部屋での生活は、ストレスが多くかかるもの。
そんな時にお勧めなのは、リラックス効果の高い『ラベンダー』『スイートオレンジ』といった、万人に好まれるようなリラックス効果の高い香りです。
被災した子供が不安定で眠れなかったり、自身の心労がかなり溜まったと感じた際に精油ビンから直接香りを嗅ぐか、ティッシュに垂らして、大きく深呼吸をして香りを嗅いでみるとよいでしょう。

②抗菌作用が強いとされる精油(ティートリーレモングラス
エタノールと精油を混ぜた抗菌スプレーは災害時にとても重宝するそうです。
実際に現地にいたセラピストによると、「感染症対策で着用するマスク」「トイレ使用後」「なかなかお風呂が入れないときの体の洗浄」等などに使用するそうです。

③クリニカルアロマとして精油(代表:ペパーミントユーカリラベンダー
クリニカル用途で使うアロマセラピーはエビデンスが不十分である場合も多くありますが、私のようなアロマセラピストは軽微な体の不調は軽傷には精油を用いてセルフケアすることがしばしばあり、多くの場合、症状が軽快しています。
このようにけがなどに使用するときは、あくまで軽傷/軽症時に自己判断のもと、使用するようにしてください。

私が日常より使用している精油の紹介です▼▼

●「ペパーミントの精油」の活用:感染症予防・打撲・発熱時・虫刺されに対して
ペパーミントには冷却作用・抗菌作用・抗痒作用があるため、上記のような目的で使うことができます。例えば、感染症予防のために、着用マスクに精油を1滴落としたり、打撲個所に濡れたタオルに精油を数滴落とし、冷やしたり、発熱時にはそれを冷やして氷枕として活用したりできます。さらに、痒みも静めますので、虫さされ箇所に、使用するとよいでしょう。その際には、綿棒に1滴落とし、その綿棒で患部をトントンっとして塗布するようにしましょう。

●「ユーカリの精油」の活用:呼吸器系の風邪に対して
去痰作用・鎮咳作用の持つユーカリは気管支炎及び花粉症時期に使用することで症状が緩和されます。本来は、マッサージ用のオーガニックの植物油(ホホバオイル等)に精油を1〜3%になるように希釈し、喉〜胸にかけて塗布するのがいいのですが、被災中に植物油の入手が困難であれば、無香料のハンドクリームや保湿クリームを使っていただいても問題ありません。

●「ラベンダーの精油」の活用:軽度なやけどや怪我・虫刺され、及び安眠に対して
軽度なやけど等の炎症の際には、ラベンダーが非常に有効です。綿棒に一滴たらし、患部に直接塗布します。細胞成長促進作用があり、治癒を早めてくれます。
また、避難所ではなかなか、熟睡することは難しいと思います。就寝前にラベンダーの精油を1滴、ティッシュに落とし、それを胸元や枕元に置くなどして、安眠を心がけるようにしましょう。

ぜひ、皆様のなにかの参考にしていただければ幸いです。



当店は、お客様が安心して海外に出発していただけるよう、また海外滞在を過ごしていただくために、個々のお客様のための『英語版医療用個人情報シート』の作成、および『英語版お薬手帳』の作成を行ったり、海外から病気やお薬の相談を受ける薬剤師のスキルと活かしたサービスを提供しております。

海外旅行にお出かけ準備、海外滞在中のヘルスケア相談は当店にお任せください♪♪

詳しくはこちら▼▼▼

本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー




イメージ 1


・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

この記事に

開くトラックバック(0)


こんにちわ。

海外滞在中に経験した実体験を活かして、「静岡から世界へ 世界中の日本人をHappy&Healthyにしたい」とモットーに事業を行っております『PhAROMAcist【Pharmacist(薬剤師)+AROMA】』です。

今日は、単位についてのお話です。

日本での温度の単位は摂氏(℃)ですよね。

そして、特に子供の薬の量などを決めるときに重要となる体重の単位は「kg」ですよね。

私が以前住んでいたアメリカでは、温度の単位は「華氏(℉)」。
また、体重の単位が「ポンド(lb.)」でした。

医療機関に行くときというのは、たいてい、体がかなり辛かったり、動揺していたりいます。

そこで、当店のサービスをご利用いただいた方には、以下のような単位換算表を提供しています。
イメージ 2



これを現地のスタッフにこの表を出し、指を指しながら、「My body temperature is 38.5 degree」といいながら、双方とも熱のイメージがつきやすいです。

ちなみに
「(体温は)、38.5度あります」の言い方は、
「My body temperature is 38.5 degree (celsius).」
となります。

同様に、
「息子の体重は、20kgです」の言い方は、
「My son is 20kg」
となります。


当店は、お客様が安心して海外に出発していただけるよう、また海外滞在を過ごしていただくために、個々のお客様のための『英語版医療用個人情報シート』の作成、および『英語版お薬手帳』の作成を行ったり、海外から病気やお薬の相談を受ける薬剤師のスキルと活かしたサービスを提供しております。

海外旅行にお出かけ準備、海外滞在中のヘルスケア相談は当店にお任せください♪♪

詳しくはこちら▼▼▼

本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちわ。

8月も折り返して、夏の終わりも見えてきたような気がします。

さて、今日は、渡航準備のお話の最終回です。
実際に海外で住んでいた薬剤師の私が、渡航前に準備していてほしいことなどをツラツラと書いてきましたが、とりあえず、渡航準備のお話は今回で一度、完結させます♪♪

今までのブログについては、以下のタイトルリンクよりぜひ、覗いてみてください。

===============
④軽傷・軽症には自分で対応できるように準備
常備薬の準備
持病に対する医師に処方してもらった薬の他、OTCとして販売されている以下の薬剤を持って行くと、万が一の時も安心です。

〜渡航時に準備しておきたい医薬品〜
解熱鎮痛剤:(成分名)アセトアミノフェン、ロキソプロフェン、イブプロフェンなど
整腸剤:ビオフェルミン
総合感冒薬:体調を崩す時に「鼻水から、咳から、咽頭痛から」など人によって症状は様々なので、一番合ったものをドラッグストアで薬剤師・登録販売員と相談して購入していくとよいでしょう。
下痢止め:(商品名)ストッパ下痢止め、
酔い止め:(商品名)トラベルミン
抗アレルギー薬:(商品名)アレグラ、アレジオンなど
保湿剤
ステロイド入り塗り薬
抗生物質入り塗り薬


渡航者様のご年齢・既往歴・渡航先等で、事前購入しておいたものや現地で購入が簡単にできそうなものなどは異なってきます。
渡航先の風邪の引きはじめや大したことないと思うようなケガの際には、病院への受診を語学の問題もありためらう方も多いものです。事前にしっかり、必要となる可能性の高い薬は日本で買いそろえて置き、使用方法なども把握したうえで、渡航するようにしましょう。
薬や渡航医学に関する不安や疑問は、ぜひ、お気軽に当店のプライベートセッションよりお問い合わせください。

===============
さて、今日のブログはいかがでしたか?

今から海外に出かけられる予定の方、ぜひ参考にしてみてください。
本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

イメージ 1



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事