ここから本文です
「THINK HAPPY BE HAPPY」オーナーの公式ブログ
気になるナチュラルセラピーや薬の情報を薬剤師PhAROMAcistが綴っています
こんにちわPhAROMAcistです

当ブログは、美と健康をサポートする、「THINKHAPPYBEHAPPY」の公式ブログです
当店では、静岡市の自宅サロン及びオンラインを通じてのサービスを行っております

様々なサービスをご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪♪

●公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

公式HPのトップ「今日のひとことというコーナーがあり、そこでは薬剤師、アロマセラピスト、ハーブコーディネーター、当店のオーナー』として情報共有したいの内容を週に数回、更新しています。なお、本ブログでは、その内容をより詳しくご紹介しています。
何かブログで気になること等、ございましたら、お気軽にコメント、DMいただければと思います

では、「今日のひとこと(’17/09/22」から引用
------------------------------
今日は朝から、メルボルン在住の方へ「基本精油(6種類)の活用法」のSkypeレッスンを行いました。
メルボルンの街の魅力などについても教えて頂き、オーストラリアに行ったことがないので、行ってみたくなりました。
レッスンの中で彼女は、最近咽頭痛に悩んでいるとのお話をされたので、基本精油以外でのヘルスケア法としてオススメの精油及び活用方法をご紹介させて頂きました。当店のレッスンは、プライベートレッスンが基本のため、お客様個々のニーズに合ったレッスンをその都度少しアレンジして行わせて頂いております。また、Skypeレッスンは、日本各地に住む方はもちろん、海外在住の方も日本語で様々なナチュラルヘルスケアの講座、薬・病気に関して学ぶ講座等を受講していただけます。不明点は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください♪
--------------------------------
●PhAROMAcistより●
海外での生活は楽しい反面、不安も多くないですか?
実際、私も、学生の頃の短期留学中も、社会人になってからの米国滞在中も、楽しい思い出もいっぱいできましたが、不安の多い日々、漠然とした将来の事を考えて不安になる日々、文化の違いによるストレスを感じる日々が続いていました。
その実体験を活かし、日本から、私のアロマセラピスト・薬剤師という職能を活かして、世界中の日本人をサポートをしたいと考え、当店は2016年よりプレオープンし、私自身も、現役薬剤師でありながら、独自のサービスや活動を行っております。
「健康に」「美しく」をモットーに、薬剤師として、アロマセラピストとして、世界中のお客様一人ひとりに合わせたサービスを提供し、いつまでもお客様が、健康で美しく、笑顔で生活が送れるサポートをさせていただければ幸いです。
--------------------------
イメージ 1

[お知らせ]
当店のオンラインサービス、『英語表記のお薬説明文書作成サービス』のプロモーションが出来上がりました。

実際に、当店オーナーがアメリカ滞在中に体調を崩し、苦労した経験からできたサービスです。

●英語表記のお薬説明文書作成サービス●
本サービスは、お客様の症状・アレルギー歴・副作用歴等を記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細を記載した「お薬説明文書」の英語版を作成するサービスです。
海外で日本人が適切な医療を受らけれるようお手伝いをします。
さらに、海外の万一に備え、医師や薬剤師にきちんと情報が伝えられるよう「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

(概要)
本サービスは、お客様の既往歴・アレルギー歴・副作用歴などを記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細(成分名、用法・用量、日本で規定されている用法・用量、使用目的、使用状況など)を記載した「お薬説明文書」の英語表記版を作成するサービスです。本サービスお申込みの方には、英語に不安のある方でも、海外での予期せぬ体調不良時に、適切な医療が受けるため、医師や薬剤師にきちんと病状等の情報が伝えられるよう構成された「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

→詳細はコチラ
-----------------------

それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

*****************************
健康・美容をサポートする薬剤師オーナーのサービス
THINKHAPPYBEHAPPY オーナー PhAROMAcist 八木

公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

問い合わせ等は公式ホームページ:contactページよりどうぞ♪♪
*****************************





この記事に

こんにちわPhAROMAcistです

当ブログは、美と健康をサポートする、「THINKHAPPYBEHAPPY」の公式ブログです
当店では、静岡市の自宅サロン及びオンラインを通じてのサービスを行っております

様々なサービスをご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪♪

●公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

公式HPのトップ「今日のひとことというコーナーがあり、そこでは薬剤師、アロマセラピスト、ハーブコーディネーター、当店のオーナー』として情報共有したいの内容を週に数回、更新しています。なお、本ブログでは、その内容をより詳しくご紹介しています。
何かブログで気になること等、ございましたら、お気軽にコメント、DMいただければと思います

では、「今日のひとこと(’17/09/21」から引用
------------------------------
昨日に引き続き、秋花粉対策についてのお話です。
今日は薬剤師として、アレルギーの薬(内服薬=飲み薬)についてご紹介したいと思います。

年々、市販薬の種類は増え、忙しすぎる現代人にとってもプラス、医療費軽減を図っている日本国にとってもプラスのベネフィットの大きい世の中になってきていると感じています。
ただ、そこで、重要なのは、購入者側、つまり患者さん側の意識改革が必要でしょう。
今まで、日本は特に、自分の健康・病気の事なのに、どこか他人任せ感じのある、医師に任せっきりの医療でした。ただ、今後は自分の健康・病気については自分で対応するセルフメディケーションの考え方が浸透していくべきで、国もそれを推奨しています。
なので、「薬には副作用がある」など、薬について理解を深めることが大事と考えています。

ちなみに、この取り組み、日本では最近、注目されてきている内容ですが、皆保険制度ではない米国では、当たり前。みんな、そういう意識でいます。

具体的にどのように意識の差が生まれるかと言うと、日本での薬のCMは、効果のみを押すようなものとなっていますが、米国では、副作用もCMの後に必ず長々と説明されます。
それにより、国民が自分チョイスで服用する市販薬についても、副作用があることを理解し、薬を適正に使用することに役立てているのです。

今日のブログでは、花粉症の代表的なお薬の名前等と副作用を記載しています。花粉症の症状がひどい、必要時には薬を上手に使いぜひQOL(クオリティー オブ ライフ=生活の質)をあげた生活を送ってください。
-------------------------------------
●花粉症のお薬〜有名どころ〜●
私の勤務する調剤薬局兼ドラッグストアで接客をしていて、よく出ると感じる内服のお薬についてご紹介です。
各お薬には、「成分名」、「飲み方」と「市販での購入の有無」「ジェネリック医薬品の有無」も記載しています。

成分名はジェネリック医薬品の名前になっていることがよくあります。
例)アレグラ(先発品)→フェキソフェナジン「EE」(ジェネリック医薬品)
なお、最近の流れとして、ジェネリック医薬品の名前は『成分名「メーカー名」』とされていることがほとんどで、今後、このように名称変更されている業界動向になっています。
イメージ 2


※上記の表の「飲み方」の欄には、成人が病院で処方される際の、一般的な用法用量を記載しています。患者様の個う々の状態(年齢・基礎疾患等)により処方内容と異なることがありますが、その場合は、かかりつけ医師・薬剤師の指示に従ってください。
※市販の薬剤で、ジルテック・エバスチンと同成分のものを購入できることができますが、服用量については、病院で処方される医療用医薬品より少ない規定になっています。

●花粉症のお薬の一般的な副作用●
口渇、眠気頭痛、吐き気、めまい 等

※副作用のない薬はありません。
しかし、人により副作用の出る人や出ない人、また体調により、副作用の出る日や出ない日はあります。
服用する薬剤の代表的な副作用を頭の片隅に入れおき、身体の変化に気づいてあげる事が薬を服用するうえで重要と薬剤師として、私は考えています。
というのは、その症状が副作用によるものと気づけば、お薬を変更したりして、副作用に苦しまない可能性もあるからです。
万が一、気になることがあれば、お近くの調剤薬局もしくはドラッグストアの薬剤師にお気軽にお問い合わせください。
------------------
それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております
------------------------
イメージ 1
[お知らせ]
当店のオンラインサービス、『英語表記のお薬説明文書作成サービス』のプロモーションが出来上がりました

実際に、当店オーナーがアメリカ滞在中に体調を崩し、苦労した経験からできたサービスです。

●英語表記のお薬説明文書作成サービス●
本サービスは、お客様の症状・アレルギー歴・副作用歴等を記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細を記載した「お薬説明文書」の英語版を作成するサービスです。
海外で日本人が適切な医療を受らけれるようお手伝いをします。
さらに、海外の万一に備え、医師や薬剤師にきちんと情報が伝えられるよう「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

(概要)
本サービスは、お客様の既往歴・アレルギー歴・副作用歴などを記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細(成分名、用法・用量、日本で規定されている用法・用量、使用目的、使用状況など)を記載した「お薬説明文書」の英語表記版を作成するサービスです。本サービスお申込みの方には、英語に不安のある方でも、海外での予期せぬ体調不良時に、適切な医療が受けるため、医師や薬剤師にきちんと病状等の情報が伝えられるよう構成された「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

→詳細はコチラ
-----------------------

それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

*****************************
健康・美容をサポートする薬剤師オーナーのサービス
THINKHAPPYBEHAPPY オーナー PhAROMAcist 八木

公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

問い合わせ等は公式ホームページ:contactページよりどうぞ♪♪
*****************************

この記事に

こんにちわPhAROMAcistです

当ブログは、美と健康をサポートする、「THINKHAPPYBEHAPPY」の公式ブログです
当店では、静岡市の自宅サロン及びオンラインを通じてのサービスを行っております

様々なサービスをご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪♪

●公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

公式HPのトップ「今日のひとことというコーナーがあり、そこでは薬剤師、アロマセラピスト、ハーブコーディネーター、当店のオーナー』として情報共有したいの内容を週に数回、更新しています。なお、本ブログでは、その内容をより詳しくご紹介しています。
何かブログで気になること等、ございましたら、お気軽にコメント、DMいただければと思います

では、「今日のひとこと(’17/09/20」から引用
------------------------------
「鼻がムズムズする。目がかゆい。くしゃみが出る。」等の症状に最近悩んでいたりしませんか?
それ、『花粉症』かもしれません。花粉症とは、その名の通り、植物の花粉がアレルゲンとなり、アレルギー症状が生じてしまう事で、春先のスギやヒノキが原因となる方が多く、有名ですが、今の時期もブタクサ・ヨモギが原因となる花粉症の方が近年とても増えてきています。
ちなみに、私も現在、花粉症でお悩み中の一人。薬についても、明日、ご紹介しますが、今日はとりあえず、精油を使ってのヘルスケアを紹介しようと思います。私の場合、片頭痛持ちで、寒暖差が最近激しいこともあり、ここ最近、ずっと頭痛も続いています。そこで、鎮静効果の強い「ラベンダー」と花粉症対策に有効な「ユーカリ×ペパーミント」をミックスしたブレンドにしてみました。精油の詳細は公式HPでご確認ください。
--------------------
●「ラベンダー」の精油について
主成分:
酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール、テルピネン-4-オールなど

抽出法:水蒸気蒸留法

期待される作用:
鎮静、抗菌、抗真菌、鎮痛、抗炎症、細胞成長促進、鎮痙、血圧降下

特徴:
・アロマの世界で最も人気のある基本精油。香りも万人ウケされやすく、様々な作用がある。
・ヨーロッパでは、中世より積極的に使用。特に防虫効果と安眠作用を期待し、リネンによく使用されていた。
・鎮静効果が高いため、睡眠の質の向上、筋肉痛、呼吸器系のトラブルに!
・抗菌・抗炎症・鎮静・細胞成長作用とやけどをした時の回復に役立つ作用があり、軽いやけどの時には、オススメ。さらに、日焼け止めのケア吹き出物や吹き出物のケア、さらに虫刺され小さな傷褥瘡(床づれ)にも使用できます。

●「ユーカリ」の精油について
成分:1,8-シネオール、α-ピネン、リモネン

抽出法:水蒸気蒸留法

期待される作用:
抗菌・抗真菌・去痰・鎮咳・粘液溶解・鎮痙・抗炎症・免疫賦活・昆虫忌避

特徴:
・呼吸器系のトラブルに最適抗菌作用+粘液溶解作用+鎮咳
花粉症や副鼻腔炎、気管支炎に!
防虫効果
・空気浄化・免疫力UPが期待できるので、感染症予防に。
・筋肉をほぐすので、肩こり・腰痛のセルフトリートメントとして
・目の前を明るくしているので、気分をあげたい時や気分転換に。
・脳の血流を促進するので、集中力をあげたい時

●「ペパーミント」精油について
主成分:
l-メントール・l-メントン・1,8-シネオール・イソメントン

抽出法:水蒸気蒸留法

期待される作用:
抗菌・抗ウイルス・去痰・鎮痛・鎮痙・抗炎症・局所麻酔・抗痒・消化器系機能調節・中枢神経刺激・母乳生成抑制

特徴:
・気持ちをスパっと切り替える。集中したい時に!
過敏性腸症候群や鼓腸(ガスがたまる)、便秘のケア
胃痛を伴うストレスケアに最適。
・痒みある時のもGood!!夏のボディースプレーに。
・ケトン類を含むため、乳幼児・妊婦・授乳婦・高血圧患者・てんかんの患者様には注意
・皮膚刺激が強いので要注意

------------------
イメージ 1

[お知らせ]
当店のオンラインサービス、『英語表記のお薬説明文書作成サービス』のプロモーションが出来上がりました



実際に、当店オーナーがアメリカ滞在中に体調を崩し、苦労した経験からできたサービスです。

●英語表記のお薬説明文書作成サービス●
本サービスは、お客様の症状・アレルギー歴・副作用歴等を記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細を記載した「お薬説明文書」の英語版を作成するサービスです。
海外で日本人が適切な医療を受らけれるようお手伝いをします。
さらに、海外の万一に備え、医師や薬剤師にきちんと情報が伝えられるよう「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

(概要)
本サービスは、お客様の既往歴・アレルギー歴・副作用歴などを記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細(成分名、用法・用量、日本で規定されている用法・用量、使用目的、使用状況など)を記載した「お薬説明文書」の英語表記版を作成するサービスです。本サービスお申込みの方には、英語に不安のある方でも、海外での予期せぬ体調不良時に、適切な医療が受けるため、医師や薬剤師にきちんと病状等の情報が伝えられるよう構成された「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

→詳細はコチラ
-----------------------

それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

*****************************
健康・美容をサポートする薬剤師オーナーのサービス
THINKHAPPYBEHAPPY オーナー PhAROMAcist 八木

公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

問い合わせ等は公式ホームページ:contactページよりどうぞ♪♪
*****************************

この記事に

こんにちわPhAROMAcistです

当ブログは、美と健康をサポートする、「THINKHAPPYBEHAPPY」の公式ブログです
当店では、静岡市の自宅サロン及びオンラインを通じてのサービスを行っております

様々なサービスをご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪♪

●公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

公式HPのトップ「今日のひとことというコーナーがあり、そこでは薬剤師、アロマセラピスト、ハーブコーディネーター、当店のオーナー』として情報共有したいの内容を週に数回、更新しています。なお、本ブログでは、その内容をより詳しくご紹介しています。
何かブログで気になること等、ございましたら、お気軽にコメント、DMいただければと思います

では、「今日のひとこと(’17/09/16」から引用
------------------------------
風邪ってひいたことありますか?
先日、「風邪に効く薬はない⁉⁉」みたいな記事を自然派のSNSグループの書き込みをみかけました。簡単にいうと、その書き込みは、「医師が風邪をひいたときに薬を飲まない人がほとんど。あなたたちは、医師達に副作用もある医薬品を売られて、いいようにされているんですよ。それでいいんですか?そんな副作用もある医薬品より、精油を使って風邪を治しましょう」みたいな内容の書き込みでした。
今やネットの時代。アロマ業界も、一部の大手企業の精油販売方法が、連鎖販売取引のビジネススタイルを取っていることもあり、精油の力・知識が独り歩きして、誇大広告を出したり、人間の弱みに付け込んだりして、間違った知識が広がってきている気がします。
今日のブログでは、上記のような「風邪に効く薬はない」と記載されたのか、私が考えるカラクリをお話ししたいと思います。
そして、1つ今日、覚えておいていただきたい事は「精油の知識、薬の知識を含め、正しい知識を取捨選択して得ていくことがとても重要」という事です。気になる方はぜひ、公式ブログをご覧ください♪♪
---------------------------------

●風邪に効く薬
そもそも「薬」ってどういう目的で飲みますか?

咳が出ているから、咳を止めたい。
鼻水が出ているから、鼻水を止めたい。
熱が出ているかた、熱を下げたい。

風邪の場合は、このように「ある症状を緩和させたい」という目的で薬を服用を考えませんか?

その視点で考えると、これらのいわゆる風邪症状を抑える薬は世の中に存在します。

では、なぜ、「医師が風邪に罹った時には薬を服用しない」なんて書かれてしまったのでしょう。

そもそも「治療」を大きく分類すると、「根本治療」と「対症治療(療法)」に分かれます。
根本治療とは、病気の根本、つまり、病気の原因となる病原や状態に対しての治療です。
具体的に言うと、インフルエンザの時に、抗インフルエンザ薬【タミフルやイナビルなど】を服用したり、狭心症の時に心臓に血が行くよう、冠動脈という大事な血管を広げるための薬【ニトロ舌下錠】を服用したりすることです。

一方対象治療(療法)とは、いわゆる症状に対して、それを緩和する目的で使用する薬です。
具体的に言うと、熱が出た時の解熱剤【カロナールなど】、吐き気がする時の制吐剤【ナウゼリンなど】、アレルギー症状(くしゃみや鼻水など)が出る時の抗アレルギー薬【アレグラなど】のことです。
ただ、これらの薬は、それぞれの症状を緩和するために服用される薬なので、薬の効果が消えれば、熱・吐き気・アレルギー症状などが再発する可能性はあります。

では、話を風邪薬について戻すと、風邪とは、『風邪症候群』のことをさし、「症候群」つまり、色々な症状が起きてしまう病気のことをさます。
さらに、狭義には、「急性ウイルス性上気道炎のことを指すこともあります。
なので、医師や薬剤師に「風邪を治す薬はありますか?」と聞いたら、人によっては「風邪の薬風邪を根本から治す薬はないです」と答えるでしょう。
なぜかというと、風邪のウイルスを特定することはできず、そもそも風邪の原因となっているようなウイルスを殺す薬は世の中には存在しないからです。

でも、聞き方を変えて、「風邪をひいたみたいで、頭が痛いのですが、薬はありますか?」と聞いたら、医師・薬剤師は絶対に「解熱鎮痛剤」を渡してくれるでしょう。

結局、私がオンラインでみた記事も「医師が風邪薬を飲まない」と言うのは、医師や薬剤師は、根本治療の薬のみを治療薬として指すこともあり、そうすると、そもそも風邪薬と言うのは存在しないので、飲まない(飲めない)という回答になったからと考えられるでしょう。
なので、薬剤師の私からしたら、この質問は、愚問と言えます。

そして、そのあとに「・・・だから精油を使って風邪を治しましょう」みたいな文書は、これも、また正直アホみたいな文ですね。

そもそも、精油は薬ではなく、日本ではあくまで雑貨(一部の商品は食品)の分類で販売されています。
なので、「治る」とか公言するのは、そもそも違法行為。

風邪は精油では治りません!!

精油を使ってリラックスしたりすることで、恒常機能や免疫機能があがり、風邪を治す手助けをしてくれることがあったり、抗菌作用があるとされている精油を芳香浴しておくと、二次感染予防になる可能性もありますが、そもそも風邪は、基本的には自力で治す病気ですから、精油で治ったわけではありません。

文章が下手なので分かりにくい所もあったかもですが、分からないことや疑問点があれば、よければ、DMください。

私は、アロマセラピストとして、薬剤師として、活動しています。

「精油を悪!」と思った事もないし、「薬を悪!」と思った事もありません。

当店のお客様には、どちらも上手に使って、健康でいて欲しいと思っています。

なので、自然療法のレッスンを受けられに来た方でも、健康状態をお聞きし、場合によっては、医師への受診、薬の服用や病院での検査をオススメすることもありますし、病気や薬の知識習得を目的で来られた方にも、お話しを聞いて、とりあえず、オススメの精油やハーブを使ってみることを勧めます。

精油のお勉強をされている方が最近はとても多く、販売トークで「精油を神。薬を悪。」みたいに言う方もいらっしゃいますが、その方々は、本当に精油の勉強をしっかりされていますか?ひいては、薬・病気の勉強をしっかり本当にされていますか?

精油を間違った使い方をして、健康被害にあわれるケースもあります。
一方、もちろん、薬を使って、副作用で苦しまれる方もいらっしゃいます。


正しい知識をしっかり持った人が多くなっていくことを私は切に祈っています。

イメージ 1


------------------------------
[お知らせ]
当店のオンラインサービス、『英語表記のお薬説明文書作成サービス』のプロモーションが出来上がりました


実際に、当店オーナーがアメリカ滞在中に体調を崩し、苦労した経験からできたサービスです。

●英語表記のお薬説明文書作成サービス●
本サービスは、お客様の症状・アレルギー歴・副作用歴等を記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細を記載した「お薬説明文書」の英語版を作成するサービスです。
海外で日本人が適切な医療を受らけれるようお手伝いをします。
さらに、海外の万一に備え、医師や薬剤師にきちんと情報が伝えられるよう「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

(概要)
本サービスは、お客様の既往歴・アレルギー歴・副作用歴などを記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細(成分名、用法・用量、日本で規定されている用法・用量、使用目的、使用状況など)を記載した「お薬説明文書」の英語表記版を作成するサービスです。本サービスお申込みの方には、英語に不安のある方でも、海外での予期せぬ体調不良時に、適切な医療が受けるため、医師や薬剤師にきちんと病状等の情報が伝えられるよう構成された「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

→詳細はコチラ
-----------------------

それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

*****************************
健康・美容をサポートする薬剤師オーナーのサービス
THINKHAPPYBEHAPPY オーナー PhAROMAcist 八木

公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

問い合わせ等は公式ホームページ:contactページよりどうぞ♪♪
*****************************








この記事に

こんにちわPhAROMAcistです

当ブログは、美と健康をサポートする、「THINKHAPPYBEHAPPY」の公式ブログです
当店では、静岡市の自宅サロン及びオンラインを通じてのサービスを行っております

様々なサービスをご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください♪♪

●公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

公式HPのトップ「今日のひとことというコーナーがあり、そこでは薬剤師、アロマセラピスト、ハーブコーディネーター、当店のオーナー』として情報共有したいの内容を週に数回、更新しています。なお、本ブログでは、その内容をより詳しくご紹介しています。
何かブログで気になること等、ございましたら、お気軽にコメント、DMいただければと思います

では、「今日のひとこと(’17/09/15」から引用
------------------------------
すっかり秋めいてきて来ましたね。
日本の夏はジメジメして個人的にはあまり好きではないですが、やはり、「四季があるというのは素敵だな」と季節の変わり目にはいつも思います。
「今日のひと言」は、精油とも病気とも薬とも関係のないお話です。

今朝、北朝鮮がミサイルを発射しましたね。
3歳になる息子は、「ロケット、かっこいい〜〜」と平和な事を言っていましたが、私は大きな衝撃を受け、とある出来事を思い出しました。
約4年前、アメリカのNYにいる時、みんなが休めるような公共のフリースペースで、照明器具か何かの電化製品がショートして火花が散ったことはありました。
その瞬間、私以外の人(約50〜70人くらい)は、荷物も何も持たず、一目散に逃げだしたのです。
私は、「明らかに、ただ何かがショートしただけでしょ!」と瞬時に思い、「大事にならないように、小さい火種を消しに行かなきゃでしょ」と思いました。
そして、「え?みんな、どうしたの?」なんて心底思いました。
結局、私が足で火種を踏みつけて消しに行き、しばらくして警備員が来て、「電気トラブルだったんだね。テロかと思ったよなんて、言われて、初めて、「それでみんな、逃げたのか!!」と気づきました。
あとで、このストリーを米国の友だち含め、海外の人に話したら「平和ボケしているね。勇敢だね。」みたいなちょっと馬鹿にされたようなコメントをされました。
今日のJアラートが発動されて、でも日本人の多くが、何も変わらず、「どこか遠くで起きている他人の事」みたいな感覚でいて、そして、なんとなく「日本は絶対安全・安心!と思い込んでいる人が多いんじゃないかな」なんて思い、なんとも言えない怖さ羞恥心を感じました。
日々、好きな仕事を一生懸命できるのも、子育てを楽しんでできるのも、怒ったり、悩んだりできるのも、全部、私たちの生活が「平和」だからこそ。
日本がずっと平和であった欲しい。
大きなことを言えば、世界中から戦争や内紛がなくなって、みんなが私みたいに、生きる喜びを感じてほしいなんて思ってしまいました。なんでもない「普通の人」だから、政治家みたいに何か世の中に影響のあることができたりするわけじゃないけど、『平和』について、『今の生活の維持』について、『人生の限りある時間』について、ぼんやりと考えさせられてしまっています。
---------------------------
イメージ 1


------------------------------
[お知らせ]
当店のオンラインサービス、『英語表記のお薬説明文書作成サービス』のプロモーションが出来上がりました


実際に、当店オーナーがアメリカ滞在中に体調を崩し、苦労した経験からできたサービスです。

●英語表記のお薬説明文書作成サービス●
本サービスは、お客様の症状・アレルギー歴・副作用歴等を記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細を記載した「お薬説明文書」の英語版を作成するサービスです。
海外で日本人が適切な医療を受らけれるようお手伝いをします。
さらに、海外の万一に備え、医師や薬剤師にきちんと情報が伝えられるよう「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

(概要)
本サービスは、お客様の既往歴・アレルギー歴・副作用歴などを記載した「(医療用)個人情報シート」及び、服用・使用歴のあるお薬の詳細(成分名、用法・用量、日本で規定されている用法・用量、使用目的、使用状況など)を記載した「お薬説明文書」の英語表記版を作成するサービスです。本サービスお申込みの方には、英語に不安のある方でも、海外での予期せぬ体調不良時に、適切な医療が受けるため、医師や薬剤師にきちんと病状等の情報が伝えられるよう構成された「指差し英会話集・体温換算表等」も提供します。

→詳細はコチラ
-----------------------

それでは、本ブログに興味を持っていただき、ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

*****************************
健康・美容をサポートする薬剤師オーナーのサービス
THINKHAPPYBEHAPPY オーナー PhAROMAcist 八木

公式ホームページ:https://think-happy-be-happy.com/

問い合わせ等は公式ホームページ:contactページよりどうぞ♪♪
*****************************

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事