ボーっと生きて アジア放浪と里山輪行

日本で生まれた幸せを確認しに行った我が人生一番の思い出インドシナ放浪記と古き良き時代への郷愁で癒される里山原風景の自転車輪行

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

日本経済新聞おすすめのサイクリングコース全国ランキング1位で、

サイクラーの聖地?として名高い、

瀬戸内海しまなみ海道(詳細コース地図)に行って来ました。



本州四国ルートの中、唯一自転車で渡られるのが“しまなみ海道”で、

四国の今治から尾道までの6島7橋約70kmです。

イメージ 2 イメージ 3

本格ライダーで約3時間〜初心者やゆっくり走って10時間程度と書かれ、

日帰りでは新幹線や特急を使っても無理と思われ、

またそんな贅沢してまで行きたくはありません。

イメージ 4
愛媛県西条市東予港
イメージ 5
今治北ICから第3来島海峡大橋を望む、向かいは橋の中間に在る馬島で、一般車は利用出来ない。


ところが、我が町の大阪南港から22:30発のフェリー(\5500)に乗れば、

今治近くの東予港に翌朝6:10に着き、海道を渡った後は、

尾道から青春18切符を使って余裕で帰られる。



今治まで無料送迎バスにも自転車を持ち込めるとの事で決めました。

イメージ 6 イメージ 7
今治造船所。自転車道は、橋部分のみなので渡ると下まで下りなければ成らない。


船がデカイ分ずいぶん歩かされてタラップを上がってビックリしました。



船内に入った所のエスカレーター(←素直にリンクに乗って欲しい)でも驚いたのに、

上がった所は螺旋階段の吹き抜けの大ロビーに成っていて、

まるでタイタニックです。

イメージ 8
急流の難所来島海峡に浮かぶ小島

まるで田舎者ですが、恥ずかしいながら本当にそう思いました。



一万トンの内海フェリーなので船酔いは心配していませんでしたが、

睡眠不足での翌朝の送迎バスは心配ですし、

橋を渡ってからも青春18切符での各駅停車を使っての強行軍なので、

船内見物もそこそこにアイマスクと耳栓をして、マット布団に横に成りました。

イメージ 9 イメージ 10
左右共に来島海峡大橋

到着前の案内放送(5:30)で目が覚めるまで熟睡し目覚めも良い。



船に比べると貧相な東予港は、松山・今治・新居浜の中継地で、

車以外の乗客は無料送迎バスに乗換え、連絡よく待つ間もなく散っていきます。

イメージ 11

バスは、前部に小さなドアの観光バスタイプで、

輪行バックに入れた自転車は持ち込み難かった。



普通なら下部荷物室に入れるか迷惑の掛からない最後部が適切だろうが、

車酔いを考え、自転車を抱き抱える様に中央に座りました。



東予港から今治まで走っても20km程なので、此処から走っても良いのだが、

無料なのとスタミナの温存を考えて乗りました。

イメージ 12
橋を吊るワイヤー点検用のゴンドラ。
イメージ 13
最初の島、大島に下りると何枚もの標識で迷う事はないが、あえて逆方向に行ったのは、距離は少し長いが勾配が緩いと読んだからでしたが・・・・。


殆んどの乗客が降りた今治駅で降り、朝食後、

今治北ICを目指しますが、此処では島民用バイクや自転車は入られず、

もう少し先の来島海峡SAから入るのですが、

海峡を通る大型船の為に高さ80m以上も、

車での進入路同様に円を描いて進入する。

イメージ 14
美しい水と浜だが、泳ぐ者はいない
イメージ 15
漁船にはテントの屋根があるので、橋上から見ると屋形船に見えた。意外と漁港が少ないと感じたのは、造船所で働いているからか。


バイクと違って緩い勾配でないと漕いで上がれないので、

進入路は更にバイク用と自転車用に分かれて上がるから

グルグルと随分大回りに高さを稼ぎ

やっと“しまなみ海道”に合流する。



合流の為の自転車道用橋脚だけでも、相当金が掛かっているので、

全線で500円の通行料も仕方がない。

イメージ 16
愛媛県の島なので、岡山・福山(尾道)が名指しされているが、大阪の近郊でなくて良かった。
イメージ 17
山口県は知っていたが、この辺にもカブトガニが居るようです。


橋横に自転車道が在るのは橋の部分だけなので、

島に渡ってしまうと高い取り付け部から0mまで降りて島内一般道を走り、

次の島に渡る時にグルグルと大回りして、山の様な橋に上がる事を繰り返す。



日本経済新聞おすすめのサイクリングコース全国ランキングで、おっさんも行った事の在る“しまなみ海道”が1位の他に、よし笛ロード嵐山木津自転車道も入っていました。




閉じる コメント(4)

瀬戸内海の景色、美しいです♪

さすがサイクラーの聖地(?)自転車持ち込みOKなんですね。

ん?カブトガニが普通にいるのかしら?

2010/8/28(土) 午後 10:36 OSO♪ 返信する

他の本四架橋は自動車専用道ですが、多島橋の島同士の移動も考えて自転車道を付けたのかも知れませんね。
各地からのサイクラーよりも外人を含めた観光客がレンタサイクルで走っているのが目に付きました。

アジアでは普通に売られているカブトガニは、写真の看板を見ただけで、見かけませんでしたね。
食べた事はないのですが、卵しか食べられずゴムの様で不味いと聞いています。

2010/8/29(日) 午前 9:41 ハゲおっさん 返信する

顔アイコン

地図も一緒に拝見させていただきました。
そうか、橋の旅にいちいち登り降りしないといけないんですね。
これは結構きついかも・・・(笑)。
でも、拝見させていただいて、ますます行きたくなってきました。

http://vrooom.blog.so-net.ne.jp/

2013/6/9(日) 午前 0:56 [ ぼの ] 返信する

ぼのさん返事遅れてすみません。
直ぐ西のとびしま諸島も人気が在るそうですが、
遠いので行きそびれて居ます。

2013/6/28(金) 午前 6:59 ハゲおっさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事