金星 (2017/04/19朝)

 金星は朝の空に輝いています。黄道が寝ているので、あまり高度は高くなりません。内合を過ぎて約4週間経過しており、最大光度まで10日くらいです。大気のゆらぎのせいであまりくっきりとは見えません。内合の頃より小さくなっていますが、反射散乱特性と視表面積の関係で最大光度になるのは来週末のようです。

 

イメージ 1

 

撮影日時:20170325114935ころ

露出時間等:1/500秒(ISO100)、640x480クロップモード(59.94fps)で約62秒間撮影した動画ファイルからJPG画像3001枚を抽出しRegistax1051枚を自動選択してスタック合成

カメラ:EOS60Da(ビデオモード)

望遠鏡:AL107PH (D107mmf700mm)2xTeleplusPRO300
架台:AZ-EQ6GT恒星時駆動放置
画像処理:Registaxでスタック、wavelet処理は無し、PSE等でレベル・彩度調整等
トリミング:190ピクセルx190ピクセル(約2′×2′)
場所 自宅スカイバルコニー観測所

その他

 

この記事に

開く コメント(0)

月齢21.7(2017/04/19朝)

天候やら、体調やらその他都合により、約2週間ぶりの月です。今頃の下弦少し前ですが、月はいて座付近にあり、高度はあまり高くなりません。昨日まで荒れ気味の天候で、大気も不安定のようです。高倍率でなければそれなりにくっきりとした眺めです。
秤動の影響で月の左側が地球に向いてきています。

 

イメージ 1

月齢:21.689AL107PH+2xTeleplusPRO300

20170419043020

月の位相:263.239°、月の輝面比:55.886       

月の地心距離:399,093km、平均との比率:103.822%、月の高度:34.501°
 
 

2017/04/19_04:30:20の月の自転軸(中央標準時 ΔT=68s

月の自転軸の北極方向角:-10.321°
地球から見た月面中点の月面緯度:-4.229°、月面経度:-5.502°

太陽から見た月面中点の月面緯度:-1.33°、月面経度:-88.69°   

 

撮影日時:20170419043020ころ(画質JPG(L)45秒間の高速連写2回)

露出時間等:1/40秒(ISO400)で419枚位撮影し、Registax147枚を自動選択してスタック合成
望遠鏡:AL107PH (D107mmf700mm)2xTeleplusPRO300
架台:AZ-EQ6GT放置駆動
カメラ:EOS 60Da、高速連写モード撮影
画像処理:Registaxでスタック・wavelet処理、PSE等でレベル・彩度調整等
トリミング:3315ピクセルx3315ピクセル(約35'×35'
場所 自宅スカイバルコニー観測所

その他

 
 

この記事に

開く コメント(0)



観測結果観測地:36.06N140.11E
 潜入:204551887JST)(誤差:±1秒?失敗?)
 
44日夜のふたご座74番星の星食(暗縁潜入)は、手違いにより動画モード(SERファイル記録)ではなく連写モード(FITSファイル記録)としてしまったため失敗と考えていましたが、なんとか手動で拾い上げてみました。少しコマ飛びがあり、若干精度は期待値通りではありませんでしたが、それなりのデータはサルベージ出来たのではないかと思います。なお、他の問題点も出てきました。
 
グラフにすると以下のようになります。縦軸はLimovieによる明るさ測定値(任意スケール)です。横軸は、画像に記録されたPCの時刻(45分台の秒表示)です。
ここでは、PC時計基準の潜入時刻を51.455秒とします。
イメージ 1
 
事前のCartesDuCielでのシミュレートでは、204553秒ころ潜入となっていましたので、少し早めです。
 
 観測方法は、これまでと同じく、ASI071MCCの動画モードにGPS世界時計からのPPS信号でLEDを発光させ、撮像面を照明して、タイムマークとしました。なお、記録画像には、SharpCapが撮影時刻(PC内部時計)を1ミリ秒単位で描画されています。望遠鏡はいつものAL107PHの直焦点です。
 
今回の改良点は、動画モードの画像サイズをカスタム設定にして、200x100ピクセルにして、一コマあたりの転送時間を短縮し、約3.4ミリ秒(約300fps)の時間分解能を達成したことです。これまでは、320x240ピクセルでした。
 
 今回の対象星は約5.0等級の明るさですが、余裕で記録できました。月齢や、透明度によりますが、6等級でも大丈夫ではないかと思います。更にサイズを小さくすることもできますが、タイムスタンプの表示幅が200ピクセル近くあるので、これよりあまり小さくは出来ないと思います。(もう少し攻めて見たいと思います。)
 
 赤道儀の駆動精度によりますが、出現時はあまりサイズを小さくすると星が視野外にズレてしまっている可能性が高くなるので、度胸?が必要です。
 
 PPS信号が時々途切れる問題(GPS衛星の位置のせいか?)は、今回も発生しましたので、比較的近い時刻に記録できたデータを元に校正しました。
 
4533566(動画) → 4534?秒000PPS
4551455(動画) → 潜入時刻XPPS
4639570(動画) → 4640?秒000PPS
として比例計算すると、X = 4551887PPS推算)と考えられます。
 
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



【問題点と解決方法】
 ここで、何が問題かというと、画像に記録されたPC時計の時刻が、直前にNTPサーバー(通常はntp.nict.jp)に同期したにも関わらず、正秒(X.000秒)からかなりズレていることです。PPSパルス信号単独では、それが1.000秒なのか、2.000秒なのかわかりません。ズレが0.3秒とかなら近い方の正秒に校正しても問題ないと思うのですが、今回のように0.4秒以上ズレていると、本当にそれで大丈夫かと不安になります。
 
 解決方法として、GPS時計からのPPSの正秒パルスに加えて、正分パルスでもLED(別の色にする?)を発光させるようにして、毎分の0秒を特定できるようにしたいと思います。普通のGPSモジュールでは正分パルスは出力されませんが、私の使用中のGPS世界時計(秋月電子通商から購入、現在は絶版)では、正分、正時、正日、正月のパルスが出力されるので、比較的簡単にできると思われますので、LED発光部を改造してみたいと思います。少し高かったですが、GPS世界時計を購入しておいて良かったです。
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

月齢7.3(2017/04/04夜)

必ずしもきれいに晴れているわけではなく、薄っすらと霞がかった空でしたが、とてもきれいな月面が見れました。wavelet処理はいつもよりかなり弱めですが、細部までよく写っていると思います。見えにくいものを見やすくするために様々な画像処理をしていますが、条件の良い空には敵わないと思います。
 
月面は、上弦を僅かに過ぎています。何故かこのくらいの月齢の写真がたくさんありますが、なかなかベストショットは得られません。北から南まで、どこを見ても素晴らしい景観でした。
 
なお、44日は、ふたご座74番星(約5等級)の暗縁潜入が見られました。当地では、2046分少し前の現象で、観測しようと準備していたのですが、うっかり動画モードではなくシングルショットにしてしまったため、だめでした。画面上では、潜入する様子がしっかり見えたのですが残念でした。良い経験ですが、これがトラウマになって次回からは決して間違えないと思います。

 

イメージ 1

月齢:7.325AL107PH+2xTeleplusPRO300

20170404194620
月の位相:98.615°、月の輝面比:57.490
月の地心距離:375,445km、平均との比率:97.670        %、月の高度:65.759°
 

2017/04/04_19:46:10の月の自転軸(中央標準時 ΔT=68s

月の自転軸の北極方向角:10.816°
地球から見た月面中点の月面緯度:4.179°、月面経度:5.058°

太陽から見た月面中点の月面緯度:-1.05°、月面経度:86.20°     

 

撮影日時:20170404194620ころ(画質JPG(L)45秒間の高速連写、2回)

露出時間等:1/60秒(ISO400)で420枚位撮影し、Registax148枚を自動選択してスタック合成
望遠鏡:AL107PH (D107mmf700mm)2xTeleplusPRO300
架台:AZ-EQ6GT放置駆動
カメラ:EOS 60Da、高速連写モード撮影
画像処理:Registaxでスタック・wavelet処理、PSE等でレベル・彩度調整等
トリミング:3315ピクセルx3315ピクセル(約35'×35'
場所 自宅スカイバルコニー観測所

その他

 
 

この記事に

開く コメント(0)

これまでに、一応の温湿度記録ができるようになっていましたが、リアルタイムクロックとSDカードが一枚のシールドに載っているDeekRobotのデータロガーシールドがAmazon で入手できましたので、これを使ってみることにしました。リアルタイムクロックで4本、SDカードで6本、合わせて10本の配線が省略できます。
 
イメージ 1

 
これに搭載されているリアルタイムクロック(I2C接続、0x68)はDS1307ですが、特にスケッチの変更無しに動きました。LCDディスプレイ(I2C接続、0x27)についても変更有りません。
 
温湿度センサー(DHT22AM2302)との通信は、これまでデジタル2番ピンを使用していましたが、配線の位置を整理するため、アナログ2番ピンをデジタルピンとして使用することにして、スケッチを変更しました。これで、LCDディスプレイを含めて配線がシールド基板の片側のみに集約できました。
 
SDカードは、前回のmicroSDではなく、フルサイズのSDカードです。SPI接続で、配線の必要はありませんが、チップセレクトがデジタル10番ピンになっています。他のサンプルスケッチではデジタル4番ピンなど別のピンにアサインされていることもあるので注意が必要です。DeekRobotのデータロガーシールドの情報が乏しく、最初これが分からずにSDカードが認識できなかったのですが、基板のパターンを見れば一目瞭然でした。
 
また、しばらく使ってみたところ、放っておくと、同じファイルにずっと書き込み続けるので、後の整理が面倒だと思いました。そこで、ファイル名を日付にして、1日分毎に別ファイルとするようにスケッチを変更しました。
 
データの取得頻度は約1分ごとですが、loop()の最後のdelayで調節していますので、ここを書き換えれば変更できます。また、省エネのため、最初の約5秒が経過したところで、LCDのバックライトを高速で点滅させて暗く見えるようにしました。表示そのものは残したままです。
 
あとは適当な箱(ケース)に入れて使いやすくしたいと思います。
 
 
 
 
//--スケッチ--------------------------
#include <Wire.h>
#include <SD.h>
#include <LiquidCrystal_I2C.h>
#include <Adafruit_Sensor.h>
#include <DHT.h>
#include <SPI.h>
 
#define DHTPIN A2    // what digital pin we're connected to
//#define DHTTYPE DHT11  // DHT 11
#define DHTTYPE DHT22  // DHT 22  (AM2302), AM2321
//#define DHTTYPE DHT21  // DHT 21 (AM2301)
#define RTC_addr 0x68
#define ASCII_ZERO 48
 
const int chipSelect = 10;//SDcard
 
LiquidCrystal_I2C lcd(0x27, 16, 2);
DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);
 
String str_cmd = "";
char* pchDate = "1990/01/01";
char* pchTime = "00:00:00";
char* filename = "datafile.csv";
int i = 0;
 
void setup() {
  Serial.begin(19200);
  Wire.begin();
  dht.begin();
  lcd.begin();
 pinMode(A2, INPUT)
 
 Serial.print("Initializing SD card...");
  if(!SD.begin(chipSelect)) {
   Serial.println("Card failed, or not present");
   lcd.setCursor(12,0);
   lcd.print("SD?!");
    return;
  }
 
 Serial.println("card initialized.");
  lcd.setCursor(12,0);
 lcd.print("SDOK");
 Serial.print("    DHT");
 Serial.println(DHTTYPE);
 
  File dataFile =SD.open(filename, FILE_WRITE);
 
  if (dataFile) {
   dataFile.print("No, Date, Time, Humidity,Temperature, ");
   dataFile.print("   DHT");
   dataFile.println(DHTTYPE);
    dataFile.close();
  }
  else {
   Serial.println("error opening dataFile !");
  }
 
//  lcd.setCursor(0,0);
//  lcd.print("Humand Temp ");
}
 
 
void loop() {
  // Wait a few secondsbetween measurements.
  /* Make sure thebacklight is turned on */
  lcd.backlight();
 
  delay(1000);
 
  // Readingtemperature or humidity takes about 250 milliseconds!
  // Sensor readingsmay also be up to 2 seconds 'old' (its a very slow sensor)
  float h =dht.readHumidity();
  // Read temperatureas Celsius (the default)
  float t =dht.readTemperature();
  // Read temperatureas Fahrenheit (isFahrenheit = true)
  float f =dht.readTemperature(true);
 
 
  // Check if any readsfailed and exit early (to try again).
  if (isnan(h) ||isnan(t) || isnan(f)) {
   Serial.println("Failed to read from DHT sensor!");
    lcd.setCursor(0,1);
    lcd.print("DHT?!      ");
    return;
  }
 
  // Compute heat indexin Celsius (isFahreheit = false)
  float hic =dht.computeHeatIndex(t, h, false);
 
  Serial.print(++i);
  Serial.print("\t");
 
  RTC_read1();
 Serial.print(pchDate);
 Serial.print(",");
 Serial.print(pchTime);
  Serial.print("\t");
 
  //  Serial.print("Humidity: ");
  Serial.print(h);
  Serial.print("%\t");
  //  Serial.print("Temperature: ");
  Serial.print(t);
  Serial.print("");
 Serial.print((char)223);
 Serial.println("C ");
 
  /* Output the testdata to the LCD */
  lcd.setCursor(0, 0);
  lcd.print(pchTime);
  lcd.print("");
//  lcd.print(pchDate);
// lcd.print("      ");
  lcd.setCursor(0, 1);
  lcd.print(h);
  lcd.print("%  ");
  lcd.print(t);
  lcd.print((char)223);
  lcd.print("C");
 
  // make a string forassembling the data to log:
  String dataString ="";
 
  // open the file.note that only one file can be open at a time,
  // so you have toclose this one before opening another.
 
 
Serial.println(filename);
 
  File dataFile =SD.open(filename, FILE_WRITE);
 
  // if the file isavailable, write to it:
  if (dataFile) {
    dataFile.print(i);
   dataFile.print(",");
   dataFile.print(pchDate);
    dataFile.print(",");
   dataFile.print(pchTime);
   dataFile.print(",");
    dataFile.print(h);
   dataFile.print(",");
   dataFile.println(t);
    dataFile.close();
   lcd.setCursor(12,0);
   lcd.print("SDOK");
  }
  // if the file isn'topen, pop up an error:
  else {
   Serial.println("error opening datafile ");
   lcd.setCursor(12,0);
   lcd.print("SD?!");
  }
 
  delay(1665);
  delay(2000);
  lcd.noBacklight();
  for(i = 0; i <5500; i++) {
    lcd.backlight();
    delay(1);
   lcd.noBacklight(); 
    delay(9);
  }
    
 
lcd.noBacklight();
  delay(10000);
  delay(10000);
  delay(10000);
  delay(10000);
  delay(10000);
}
 
 
 
int myReadLine(void) {
  int cnt_buf = 0;
  str_cmd ="";
  char ch;
 
  //
  if(Serial.available() > 0) {
    delay(100);
    cnt_buf =Serial.available();
    for (int iii = 0;iii < cnt_buf; iii++) {
      ch =Serial.read();
     str_cmd.concat(ch);
    }
  }
  return cnt_buf;
}
 
//
void I2C_action1(void) {
  if (str_cmd =="RTC") {
    RTC_read1();
   Serial.println(pchTime);
  } else if (str_cmd =="RTC_set") {
    RTC_set1();
  }
}
 
//
void RTC_read1(void) {
 
  byte sec = 0;
  byte mini = 0;
  byte hour = 0;
  byte day = 0;
  byte date = 0;
  byte month = 0;
  byte year = 0;
 
 Wire.beginTransmission(RTC_addr);
  Wire.write(0x00);
 Wire.endTransmission();
 
 Wire.requestFrom(RTC_addr, 7);
  if (Wire.available()>= 7)
  {
    sec = Wire.read();
    mini = Wire.read();
    hour = Wire.read();
    day = Wire.read();
    date = Wire.read();
    month =Wire.read();
    year = Wire.read();
 
    pchTime[0] =bitRead(hour, 5) * 2 + bitRead(hour, 4) + ASCII_ZERO;
    pchTime[1] = (hour& B00001111) + ASCII_ZERO;
    pchTime[3] = (mini>> 4) + ASCII_ZERO;
    pchTime[4] = (mini& B00001111) + ASCII_ZERO;
    pchTime[6] = (sec>> 4) + ASCII_ZERO;
    pchTime[7] = (sec& B00001111) + ASCII_ZERO;
 
    filename[0] = pchDate[0] = '2';

    filename[1] =pchDate[1] = '0';

    filename[2] =pchDate[2] = (year >> 4) + ASCII_ZERO;

    filename[3] =pchDate[3] = (year & B00001111) + ASCII_ZERO;

    filename[4] =pchDate[5] = bitRead(month, 4) + ASCII_ZERO;

    filename[5] =pchDate[6] = (month & B00001111) + ASCII_ZERO;

    filename[6] =pchDate[8] = (date >> 4) + ASCII_ZERO;

    filename[7] =pchDate[9] = (date & B00001111) + ASCII_ZERO;

  }

}

 

//

void RTC_set1(void) {

  // 2017/03/09 08:02:00

  byte sec = B0000000;

  byte mini =B00000010;//02

  byte hour =B00001000;//08

  byte day =3;//probably day of the week, sunday, monday, tuesday,,...

  byte date =B00001001;//09

  byte month =B00000011;//03

  byte year =B00010111;//17

 

  delay(100);

 Wire.beginTransmission(RTC_addr);

  Wire.write(0x00);

  Wire.write(sec);

  Wire.write(mini);

  Wire.write(hour);

  Wire.write(day);

  Wire.write(date);

  Wire.write(month);

  Wire.write(year);

 Wire.endTransmission();

  delay(50);

 

 Serial.println("RTC_set");

}

 



 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事