全体表示

[ リスト ]

昨日、アゲインRCの伊藤大三選手(Z750FX1 1100cc)に鈴鹿サーキットで、
Z1用トロコイドオイルポンプのテスト走行を行って貰いました。
イメージ 1
前回9月の走行時より気温が15度低いですが、走行中の油温が20℃下がりました。
トロコイドオイルポンプへの換装でオイルクーラーの冷却効率が大幅にアップした様です。
心臓移植手術は術後の相性も良く、無事退院です。

【以下はDCさんのうんちくです。】
Z1の組立式クランクシャフトには油圧は差ほど重要ではありませんが、
油圧を上げないとオイルの流量は増えません。
トロコイドオイルポンプへの交換で、油圧が2倍(40℃程度のアイドリング時)になります。
油圧が2倍になるとオイルの流量は約1.4倍になります。(ベルヌーイの定理)
ギアポンプは、高い油圧と脈動が細かい為、F1等のマルチエンジンで採用されていますが、
Z1のオイルポンプ(ギア式)は歯数が少ないので高温時の油圧低下等のデメリットだけが目立ちます。
Z1用トロコイドオイルポンプは、アイドリング時に毎分約4ℓのオイルを吐出します。
1分で循環しますが、リリーフバルブが作動する時点では6ℓ以上のオイルを吐出します。
40秒以下で一循環する計算になります。(当然オイルクーラーへも同量が流れます)
尚、リリーフバルブは2500rpm位から作動します。
Z1用トロコイドオイルポンプの一番の狙いは、シリンダーヘッドへのオイル量の増加です。
シリンダーヘッドがオイルで冷却されますとその分油温が上昇しますので、
オイルクーラーは必需品となります。
同時代のカタナ1100やCB1100Fの4バルブエンジンはトロコイドオイルポンプです。
KR1000がトロコイドオイルポンプであれば、4Vヘッドは幻で終わらなかったと思います。
以上

GPz1100Fが4Vヘッドになっていたかも・・・ですねぇ。

◎お知らせ
Z1のオイルポンプには、今まで取り上げられていない問題の箇所が有るそうです。
商品としてのZ1用トロコイドオイルポンプにはその対策が追加される事になりましたので、
今しばらくお待ちください。

閉じる コメント(2)

お聞きしたい事があって質問させていただきます。 kz1000を1075ccか1105ccにボアアップします。 賛否両論あると思いますがオイルクーラーを付けたくありません! もちろん渋滞で走ったり 街乗りでダラダラ走りません。トロコイドオイルポンプはオイルクーラー無しでもメリットは有りだと思っているのですが、実際のところどうでしょうか? (友人のkz1000はワイセコ1075cc 10.25. ヨシムラst1 キャブcr33) オイルクーラー無しで 普通に乗ってますが 渋滞とかダラダラ走っていると 熱ダレをするみたいです。 よろしくお願いします。

2017/11/28(火) 午後 3:48 [ kz1000a1 ] 返信する

顔アイコン

> kz1000a1さん
大変にお待たせし申し訳ございませんでした。
トロコイドオイルポンプのメリットは、油温上昇時においても安定したオイル流量及び油圧の確保が可能です。ギヤ式ポンプであってもギヤが大きければ良いのですが、Z系の場合そう言う訳には行かず油温が上昇すると流量及び油圧が低下しているのが現状です。
ギヤ式ポンプの場合オイルクーラーを装着しても油温上昇時には流量が足りずIN側ホースは熱くなっていますが、OUT側ホースは冷たい場合が有ると思いますがこれは、オイルクーラーで冷やされた訳ではなく単純にオイル流量が不足している事が考えられます。
話しが横にそれましたが、トロコイドオイルポンプに交換のみでメリットはございますので宜しくお願い致します。
長々と申し訳ございませんでした。

2017/12/9(土) 午前 10:34 [ スリーウェーブ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事