最強ドリブル塾DVDに挑戦!幸町日記

最強ドリブル塾DVDは、JSC CHIBA代表U-12監督の川島和彦さんの サッカー上達法
最強ドリブル塾DVDは、JSC CHIBA代表U-12監督の川島和彦さんの
サッカー上達法です。

5ステップのドリブル上達法だと、驚異的に上手になるのだそう。

実際には、これで教えてみないと何ともいえませんが、
もしこれで上手になり喜んでくれるなら、それは非常に有難いことです。

これから挑戦していくにあたって、何が効果的で
何が駄目だったかなど、私個人の経験としてまとめていきたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

このドリブル上達法があれば、子供が身体能力に自信が無くても体が小さくても足が速くなくても小学校低学年でも今よりも、試合で活躍させる事が出来る。取り組むべきトレーニングはたった5つでこの5つに取り組めば、本来、子供が持っている個性をグングン伸ばし、他の子には無い天才的なドリブルテクニックを身に付けさせる事が出来るのだ。

どなりつけたり、厳しい練習を課する必要は一切ない。他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要もないのだ。この方法は、川島和彦が監督を務める「JSC CHIBA」のアンダー12で実際に取り入れられていますが、富山、滋賀、新潟など他県の少年チームでも結果が出ている。

25年間、1,500人を超えるサッカー少年達への指導の中で開発された今回の「少年向け天才ドリブラー育成法」があれば?子供は、今よりも輝きを増したプレーを見せてくれるようになるのだ。

多くの指導者が気づいていない少年サッカー指導で最も大切な事とは目先の勝敗にこだわらず、選手個人の技術を伸ばす事を重点に置くということだ。つまり、少年サッカーの指導においては、今日明日の結果よりも、子供達の将来を見据え、“個人の能力を伸ばす”事の方が重要だと分かったのである。

ドリブルテクニックは体格や身体能力の差を埋める事が出来る。体格や身体能力の差を帳消しに出来るのだ。体格差や、身体能力差が大きい少年期において、ドリブルテクニックを育てる事は、子供が試合で活躍する上でとても重要だ。

運動神経は少年期に育つので、もし、子供を1流のプレーヤーに育てたいのであれば、サッカーセンスの基盤となる敏捷性、バランス感覚等の運動神経は今の内に磨いておく必要がありドリブルトレーニングによって子供の敏捷性、バランス感覚等のサッカーに必要な運動神経を、遊びの感覚を持ってグングン育てる事が出来るのだ。

ドリブルトレーニングは取り組み方次第で、楽しみながら子供達の“自主性”や“発想力”、“モチベーション”を育てる事が出来る。子供達に頭と感性を使う機会をたくさん与えサッカーに対する興味を更に高め、上達する事に自らどん欲にさせるのだ。

追求したのは、楽しくてシンプル、というポイントでシンプルで無ければ、子供はその内容を理解しようとしないのだ。楽しく無ければ、子供は嫌々練習する事になる。

数多くのサッカー少年がその効果を実感したドリブル上達法を披露したDVD6枚は自分の好きなタイミングで好きな場所で子供にトライさせることが出来る。DVDを見て思うような効果が得られなければ購入日より90日間は理由を問わず返金してくれる。

川島和彦による完全メールサポートもある。期間や回数に制限がない。そして今回のDVDに収録されたドリブル上達法を、文章になおしたノウハウブックが特典でついてくる。この冊子を練習場へ持ち込めば、「あれ?どうするんだっけ?」と言う時でも、的確に子供へドリブル上達法を指導する事が出来る。


>> 最強ドリブル塾DVDのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事