全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

”黒いボーイング機”モーリス・スミス。K-1誕生以前のキックボクシング界において、
最強の名を欲しいままにしていた。なにしろ、全盛期のピーター・アーツに敗れるまで、
8年間無敗だというから凄い。

年齢による衰えやK-1発展による選手のレベルアップにより、
あまり活躍できなくなってはいたが、この人は格闘技における天才的センスがあった。
総合格闘技にも積極的に参戦し、アルティメット(UFC)の王座にもついた。

元々、この人には特定のコーチやスパーリング・パートナーが居なかった。
全日本キックに参戦していた頃は、カーク・ジャンセンというトレーナーが居たが、
スミスのキックの威力が強烈なため、ミット持ちすらしなくなってしまったという。

「強すぎて相手が居ない」と言われていたが、実はミットを持ってくれるトレーナーすら、
居なかったのだから、呆れてしまう。それでも、WKA世界ヘビー級王者として、
ピーター・スミット、ヤン・ウェッセル、スタン・ザ・マンなどの強豪を退けた。

モーリス・スミスが最初に脚光を浴びたのは、UWFのU-COSMOS in 東京ドームだった。
前田日明vsウィリー・ウィルヘルム、安生洋二vsチャンプア・ゲッソンリットといった
異種格闘技をメインとした大会だったが、その中でモーリスは鈴木みのると対戦した。
当然、内容はスミスの圧勝。この試合が真剣勝負だったかどうかは定かではないが、
どのみち鈴木に勝ち目がないのは明白な試合だった。蹴りの鋭さが目を引いた。

年が明けて、全日本キックに参戦。当時の人気選手ドン・ナカヤ・ニールセンを
圧倒的に叩きのめした喧嘩屋ケビン・ローズイヤーと対戦。結果は、スミスの圧勝。
ハイキックでローズイヤーの巨体をフッ飛ばし、重いローキックで痛めつける。
ほとんど戦意喪失状態で、ローズイヤーはあっさり敗れた。

しかし、この頃のスミスの試合を見ていて、気になる点があった。
ほとんど右の蹴りしか使わないのである。また、試合序盤のエンジンのかかりが遅く、
相手の攻撃に反応しきれていない。「コリャ、練習不足だな…」

あまり練習が充実していない時は、誰しも得意な攻撃ばかりに頼りやすいものだ。
スミスは右利きの構えなので出しやすい後ろ足(右)蹴りばかり打つ。
パンチも上手いことは上手いのだが、何かキレがない。

練習不足、試合不足のため、いざ試合という時に勘が戻るまで時間がかかる。
それでも、後半盛り返して勝ってしまうのは、天性のセンスによるものだろう。
”極真の暴れん坊”ピーター・スミットと対戦すると決まった時は、
あのスロースターターぶりでは、嵐のようなスミットのラッシュに巻き込まれたら、
相当苦戦するだろうと思われたが、やはり試合は予想通りの展開になった。

しかしながら、結果はスミスのKO勝ち。途中、セコンドを交えた乱闘騒ぎがあったが、
試合再開後の4ラウンド以降、スミスの調子が加速がついたように良くなって行く。
結局、小刻みな連打をスミットの顔面に叩き込み、アッパーでケリを着けた。
日本でのスミスのハイライトは、このスミット戦だと思う。

K-1誕生以前の、陽のあたらぬ世界において活躍した早過ぎた天才選手だった。

ちなみに”黒いボーイング機”の異名は、キックボクシングだけでは食えなかった
スミスが、副業(?)としてボーイング社の整備工の仕事をしていたことによる。

(モーリス・スミス入場)
http://www.youtube.com/watch?v=yH3MCGmHymg

この記事に

閉じる コメント(3)

ご訪問感謝!!でアリマス! やりたい放題&懐古趣味のブログではありますが 今後ともよろしくお願いするでアリマス〜☆

2006/3/13(月) 午前 0:48 [ - ] 返信する

顔アイコン

彼の異名にはそんな過去が含まれていた事から付いた事は初めて知りました。
とても勉強になりました♪

2009/12/4(金) 午後 11:55 Masa 返信する

顔アイコン

Masaさん、コメント有難うございます!
おそらく、心はキックボクサーでも、実質、本業は整備士だったんでしょうね。
日本での知名度が増すにつれて、スミスの試合での動きが良くなりましたが、経済的ゆとりが出来て練習に集中できるようになったからかも知れませんね。

2009/12/5(土) 午前 0:59 thunderlips! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事