全体表示

[ リスト ]

練炭

イメージ 1

原油高騰で、日本でも見直されてきた練炭。

もっぱら暖を取るための日本に対して、熱帯のベトナムではもっぱら煮炊きの料理専用なのは、当然といえば当然。

だからでしょう、細く長く作られて、燃焼時間を長くしているのが日本なら、太くて火力優先なのがベトナム製です。

軽トラックに満載の練炭、販売店で荷下ろししているところに出会いました。



イメージ 2

練炭を燃やすのはもちろん七輪、外形がバケツに合うよう作られています。

ブリキのバケツには、ちゃんと通風口があって、火勢の調節も出来るし、閉じると自然消火も出来ます。

右下のペール缶に入っているのは、鉄筋を折り曲げただけの練炭ばさみです。

日本からのお客様に聞いたことがあります。
「どうやって練炭に火をつけるか、知っていますか?」
「ガスレンジに乗せると、簡単です」

例えば大震災などで、電気もガスも止まってしまった時のことを聞いたつもりだったのに、見事な肩すかしでした。

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

私の夢の一つ。七輪で秋刀魚を焼いたり、牛肉を焼いて食べたい。
夢だけあって、まだやったことがありません(笑)

2008/11/6(木) 午前 10:52 megmeg 返信する

顔アイコン

懐かしいです。
子供の頃ウチは掘りごたつで七輪に入れた練炭を炬燵の底に入れていました。最初新聞紙に火をつけその上に古材を少し入れて練炭を置いていたように思うんだけどよく覚えていないんです。

2008/11/6(木) 午後 1:14 sak*ras*mei 返信する

顔アイコン

お花見の時なんか便利に使えそうでいいですね(*^_^*)日本でも販売しないかしら、バケツ七輪

2008/11/6(木) 午後 1:44 mmmmmo 返信する

顔アイコン

アハハ練炭の火のつけ方はガスレンジですよ、私もそれしか知りません(笑)。今はオール電化なのでどうやって点けるのか教わっておかないといけないですね。

2008/11/6(木) 午後 3:11 kayokichikun 返信する

顔アイコン

まめ練炭ってあったよね〜

あたしもどうやって火をつけるかわかりません。。(照

2008/11/6(木) 午後 4:20 [ - ] 返信する

顔アイコン

peacefuld,desu.konnnitiha!imaha,KOREA,Seoul,niimasu.
nihongogautenaijoutaidesu.
buroguno,hensinwo,kakitainodesuga,Fiji,nitukeba,nihongogauteru,tokoroniikeru,toomounode,tuitara,buroguno,komentowokakimasu.

Thank you

2008/11/6(木) 午後 6:11 [ Peaceful ] 返信する

顔アイコン

ま〜ててさん、私のオフクロも、お正月料理には練炭を利用していました。
黒豆は、このゆっくりした熱源でなければおいしくできないと聞いたことがあります。
オフクロの黒豆、コンニャクのさいころが入っていたことを、思い出しました(笑)

2008/11/6(木) 午後 6:54 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

すずめさん、わが家でもシシャモを焼く時に使ってくれるんですよ。
もちろん玄関先で、です(笑)
風向きでおかずがわかる時があって、楽しいですよね。
ポチ、ありがとうございます!

2008/11/6(木) 午後 6:54 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

とーちゃんに頼んでみましょう、megmegさん。
「わが家はオール電化だから、災害時に備えて」
キャンピングセットやBBQセットがあるから、却下されてしまうかな?(笑)

2008/11/6(木) 午後 6:55 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

さくらさん、正解ですよ!練炭と七輪の孔を合わせておくと、新聞紙1枚で火がつきます。
ただ、火勢の出るまでにはまだ少々の時間が必要です。
小さい頃のコタツは豆炭でした、七輪に乗せておいた豆炭が「いこった」ら、金ばさみでコタツに移していました(笑)
懐かしいですね!

2008/11/6(木) 午後 6:55 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

M&Mさん、ぜひこれで熱燗を!(笑)
去年の冬は灯油の値上がりで、七輪や練炭が復活し始めたとか、伝わってきたんですけど。
きっと今年はホームセンターなどで売られている…かも知れません。

2008/11/6(木) 午後 6:56 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

こんばんは、smokyさん。
やっぱり!(笑)
↑に書いた通りですけど、新聞紙の丸め方にはちょっとしたコツがあるようです。
一気に新聞紙が燃えないようにもしないといけないし…。
もうすぐ松茸のシーズンですから、ぜひチャレンジしてみて下さい!(笑)

2008/11/6(木) 午後 6:56 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

私たちが豆炭やたどんと呼んでいたものと同じかな?
丸くて四角い(笑)ものでしたね、どーりーさん。
中学時代の級友にこのあだ名を持つ人がいました、今は私より背が高いそうです(笑)

2008/11/6(木) 午後 6:56 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

おお、もうすぐフィジーに到着ですね。
Peacefulさん、無理はしないでいいですよ、落ち着かれてからでも十分です。
日本に帰られてからでも、遅くないほどです!(笑)

2008/11/6(木) 午後 7:01 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

懐かしい!!
子供の頃には、寒い冬にアンカに豆炭を入れて、朝までほっかほっかに寝てましたね
そのころは、薪風呂で木の代わりにオガライトと言う 木屑を固めて 灯油みたいのを染込ませた物も有りましたね
火力が強くて 風呂釜(火を燃やす釜)が数年でイカレテましたけど。

2008/11/6(木) 午後 9:16 [ 甚三郎 ] 返信する

顔アイコン

豆炭にオガライト、懐かしいですね。
五右衛門風呂も記憶があります。
小さい頃、家の中を走り回って火鉢で頭を割り、お袋が手ぬぐいで額を押さえながら医者に走っていったのも覚えてます。
ミゼットにはねられたこともあったっけ(笑)

現代では炭火で調理なんて憧れですよね。

2008/11/7(金) 午前 11:12 [ トミー ] 返信する

顔アイコン

懐かしいでしょう、とやいちさん。
こちらでは都市ガスがないので、ボンベのLPガスを使用しているんです。
それでも全家庭というわけではないし、木炭を使ったりカセットボンベを使うオタクもあります。
アンカに豆炭、よく覚えています(笑)
オガライトが…思い出せません(汗)

2008/11/8(土) 午前 2:36 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

gabotenさん、みんな懐かしい響きです、五右衛門風呂も入り方を教わらないでも大丈夫です(笑)
オガライトだけが、どうしても思い出せません、石油バーナーも丹波の下宿先で経験あるんですけど(汗)
これも新聞紙を使って火をつけました。
だからでしょう、飯ごう炊さんやBBQなどでは、食べることより火の当番が多かったみたいです(笑)
私はマツダのK-360を運転させてもらった時、急ハンドルを切って広場の真ん中で転倒させてしました。
頭を打って痛かったけど、運転させてくれた氷屋さんのお兄さんが泣きそうだったから、言えませんでした。

2008/11/8(土) 午前 2:36 ベトナム オフロード 返信する

顔アイコン

近頃じゃ全然見たことないですね。 こういうので魚焼いたら旨そう。
う〜んと、日本人はどうでしょう。。 大地震が来てライフラインが止まったら・・・想像するとコワいです。

2008/11/8(土) 午後 7:52 [ anbeln ] 返信する

顔アイコン

ベトナムの魚料理は中華風、熱した油を丹念にかけて焼き上げるんですよ、anbelnさん。
家内はシシャモと薄切りの鮭は、この七輪と練炭で焼いてくれます。
それまでは油料理とほとんど変わりませんでした(笑)

2008/11/8(土) 午後 10:57 ベトナム オフロード 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事