全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
気に纏わる言葉ってたくさんある。
 
気を遣う、気が変わる、気が乗る乗らない、病気、元気、天気・・・などなど。
 
どんな気を被っているかでその人の印象は変わるし、人に与えるエネルギーも異なる。
イライラしてる人と会うとイライラが伝染し、穏やかな人に会うとゆったりした気分になる。
 
人同士に限らない。人は聖地やパワースポットで気をいただくし、そして、気を届けることもできる。
 
例えば、日本の聖地の気を肩や頭に載せてバリの聖地に運ぶこともできる。
もちろん聖水や湧き水などを届けて水の波動を混ぜ合わせることもできるし、祈りによって、
遠方に気を送ることもできる。
 
ふと長らく会っていない友人を思い出していたら、電話やメールがあった、そんな体験を持つ人は多いと思う。
そのように人は意識的にも無意識的にも気を飛ばし、気を配達して生きてるのかもしれない。
 
バリから日本に一時帰国した折、なぜか神社や聖地を巡る流れになり、
バリに戻ったらオダラン(ヒンズー寺院の祭礼)で踊る話が舞い込んでくる。
そんなことがよくあった。
 
踊っているとわたしの意識しないところで、載せてきた気とその場の気が交流してるようなことがあった。
 
そんな気の質や色や、どんなエネルギー体が来てるかを見てくれるのが彼女だった。
バリ人でもそういう能力がある人はいて、お前さっき頭の上にいたのは誰だ!?なんて、
なんじゃ!その質問とびっくりするような問いをぶつけてくるバリ人もいた。
 
人は誰も目に見える世界だけではなく、見えない世界に影響を与えまた与えられて生きている。
 
バリで世界の平穏を祈ることも人が束になれば大きな気を生むし、
実際、身体を移動させて気を動かすこともできるし、聖水信仰がもともとある日本とバリでは、
実際の水を届け混ぜ合わせることも場と場を結ぶことになる。
 
それは目には見えない結びかもしれないが、目に見えない世界で起こる化学反応は、
目に見える世界に確実に影響をもたらす。
 
その見えない世界が見えてしまう人が稀にいる。
それがウブドで最初のヒーラーの彼女だった。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事