どたばたママ♪2児(中2+小3)の母日記

音楽と車が好き〜!な司書です♪コメントしてね。
この前の金曜日。

朝読時間に、5年生へ読み聞かせをしました。
梅雨なので、日本の昔話「ふるやのもり」です。
ちょうど、明け方に土砂降りの雨で、読み聞かせの時間も雨が降っていて
雰囲気がありました^^
私が小さいころ母に読み聞かせてもらった時のタイトルが
「ふうれんもうろう」で、同じ話とわかった時に、懐かしかったです。

1時間目は、3年生のクラスで、国語で俳句を習っているので、
「はいくのえほん」を読み聞かせして、そのあと、俳句を使って
班で活動してもらいました。教科書で出てくる小林一茶や、松尾芭蕉など
の俳句もえほんで、しっかり風景描写込みの読み聞かせ。
活動は、教科書には載っていない、小林一茶や松尾芭蕉の俳句を
読む発表と、各班の句を読んで思ったことを発表しました。
担任の先生が、俳句の風景を想像しながら読むことって大切だねと
言われて、伝わった〜って、嬉しかったです。
最後のおまけは三浦樗良の七夕の俳句、
あう夜とて めでたき星の ひかりかな】 
を読んで、何について書かれた句かをみんなに質問。
何人かの子は気づいてました。
で、黒板を大きく使って、壁面飾りで作った彦星・織姫を両端に貼って、
チョークで天の川を描き、そこへ、かささぎを数羽貼って橋を作りました。
俳句って、イメージがちょっと変わってくれるといいかなと^^

七夕って、お話しするの、時期がなかなか短いんですよね。
梅雨に気を取られ、夏休みに向けウキウキし、、、
学校にいるときは、本物の竹を飾って、短冊つるしてもらってましたが、
今の図書室はちょっと無理です(^^;

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

2年生、ブックトーク

先日、小学2年生にブックトークしました

お題は国語で習っているスイミーだったので、
テーマは「みずの なかの いきもの」にしました。

導入は、スイミーの大型絵本読み聞かせです。

教科書よりも絵がたくさん載っていて、綺麗なので、
みんな釘付けでしっかり聞いてくれました

そのあと、スイミーみたいに群れになって泳ぐ魚のことが
載っている自然科学系の本を数冊、

で、スイミーに「ゼリーのようなクラゲ」が出てくるので、
クラゲが出てくる日本の民話を読み聞かせ。

他には、はらぺこあおむしの作者エリックカールさんの、
「とうさんはタツノオトシゴ」と、
ジョンクラッセンさんの「ちがうねん」を使用しました。

全体的に、読み聞かせが多くなってしまった割には、
時間が短くなってしまったので、そこ反省点です

最後に、スイミーの作者、レオ=レオニさんの他の作品絵本を
20冊ほど公共図書館から借りてきて置き土産しました。

国語のスイミー、残りの授業も興味を持ってくれると嬉しいです


今日は、今から朝読時間の読み聞かせ5年生、
1時間目、3年生にアニマシオンのような図書の時間をしてきます!
行ってきまーす

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

今回の4年生のブックトーク、
お題は、浄水場への社会見学もあるので、「水」です。

なんと、こちらの地方では今週梅雨入り、さらに、「水道週間」でも
ある、もう「水」しかないでしょ〜

もちろん、導入はそのネタです

水の惑星(海水と淡水について)
ー水の旅(雨で降って、海に流れ込むまで)
ー水びっくりクイズ(バーチャルウォーター、比重など)
ー大切(貴重)な水(世界の水問題)
ー水が出てくる昔話

の流れです。
4年生では習わないけど、本にはいろんな雑学も載っていて、
興味を引くところだけをピックアップした感じです。
将来的に、「あれ?この話しってるかも」と
中高生くらいで思い出してくれると嬉しいな。

昔話は、ラストのおまけお楽しみ的な感じで、「わかがえりの水」の
読み聞かせです。知らない子も多かったな。
今になって気づいた「ふるやのもり」のが梅雨に合っていたかな。
民話・昔話大好き

今日は、本業の前に、
来週の授業ネタ本探しに公共図書館行ってきまーす
次は、2年生に「スイミー」がらみのブックトークします

この記事に

開く コメント(4)

今日、利用者さんが新刊図書のコーナーで
結構長い時間佇んでいらっしゃって、
”何か、探し物?それとも、読みたい本がない?”
と気になっていたところ、
カウンターに新刊を持ってこられて一言。
「最近、選書の感じが変わった?」
(ドキっ、ベテランさんの真似した選書を続けていたけど、
ここ最近、自分の選び方に変わりつつあるからやっぱりダメ?)
と思った瞬間、
「読みたい本がたくさんあって、どれにしようか迷った」
とおっしゃるではないですか!
本当に、ものすごく、飛び上がるほど嬉しかったです。

この図書館に転職したのが1年前の4月。
あの当時、ベテランさんの側で自分に自信がなくなったり、
悩んだり、いろいろあったけど、1年経って、
この図書館での仕事のやりがいとか、面白さとか、
なんか好き度数がアップしてきています。

学校の図書の授業も楽しいし、
本というツールで、みんなの学習やお仕事のバックアップが出来る
司書の面白さ、楽しさに夢中です。

最近、育児・家事がおろそかです(><)
ライフワークバランス、大切にしなきゃ(汗)

この記事に

開く コメント(6)

今年度の初は、、、
6年生に、朝読の時間を使った「読み聞かせ」
 
ある意味、元気すぎて有名なクラスです
選書に迷いました。
担任の先生からは、あまり長くない本でとお願いされていました。

選んだのは、私が学校司書時代、
中学1年生の図書オリエンテーションで、
毎年必ず読み聞かせしていた
「おおきな木」シェル・シルヴァスタイン作、村上春樹訳です。
私の中では、一番多感な時期に是非読み聞かせしたい本、No1なのです。
件の?6年生、なんと、ものすごい集中力で聞いてくれました
中盤に差し掛かる前くらいから、
ガンガン惹きつけられている感じが伝わってきました
上々のスタートです

そのあと、1時間目は、1年生のブックトーク
45分とはいえ、小学生2ヶ月目のみんなの集中力を考えて、
20〜25分くらいになるようにプログラム作りました。
5月なので、ちょっと過ぎちゃったけど「愛鳥週間」
にちなんで「野鳥」の本を集めてみました

導入は、「からすのパンやさん」続編含めてシリーズの紹介。
かこさとしさん追悼の意味も含んでます 
そして、カラスが出てくる民話
「ふくろうのそめものや」を読み聞かせ。
そのあと、数冊、科学絵本、写真絵本を紹介しました。
鈴木まもるさんの繊細な絵画の素敵な「鳥の巣」の本も。
もう一冊、盛り上がりように、おならネタ?
民話「とりのみじいさん」の読み聞かせ。

ところで、鳥が出てくるお話って結構たくさんあるんですよね
「つるのおんがえし」とか、イソップなら、「きつねとつる」とか。

1年生は、ブックトーク初体験
やっぱり最後は、本の取り合いになりそうな雰囲気だったので
1ヶ月のクラス貸し出しにしてきました。

来月から、
3年、4年、5年と、図書の授業が続きます
本業の忙しい時期と重なっててちょっと不安ですが、、
楽しんでボランティアやっていきたいです


この記事に

開く コメント(6)

祝(*´∇`*)記念日。

イメージ 1


さっきまで、お祝いしてました
結婚記念日

この記事に

開く コメント(4)

ピアノ、きたーーー♪

ピアノを習い始めてもう直ぐ2年になる下の子。
中古ですが、ようやくピアノを買いました
居間が2階なので、クレーンで吊り上げて、
イメージ 1

ベランダから入れました

実はピアノを選ぶのに、お店に数回通い、
娘と沢山のピアノを試弾しました
ピアノって、個体によって、全く音が違うんです。
びっくりです
これ!と決めていたはずのピアノが、
一通り試弾した後に弾いたら、二人とも
「?、これ違う!」
ってなって  絶対これがいいというものが
娘と私と共通で、すぐに決まりました

これ!!!というものが選べてよかったのですが、
その時に見た、透明のグランドピアノを
娘がめちゃめちゃ気に入っていました
いわゆる?XのYOSHIKIモデルです。

イメージ 2

後日、調律師さんにきてもらいました。

調律後、蓋を閉める前に、
弾いてもいいですか?とお願いして、
その状態で弾きました。

透明のピアノは買えなかったけど、
中身の動きを見ながら弾けて
娘、大満足の様子でした。

これを機に、私のエレクトーン生活は終止符を打ちました
で、娘と取り合いで?ピアノを弾いてます

生の楽器の音は、体の奥まで響いてくるんですね
音も、すごく気に入っている音なので嬉しくなってきます


この記事に

開く コメント(6)

我が家の、リフォームが始まって、約2週間。
思った以上のストレスでした

この時期、職場でも新しい人間関係が始まり、
忙しい日々の中、
朝7時半過ぎからリフォームの作業に来ていただき、
土曜日も同じく夕方まで。
毎日、午前と午後のお茶セットを作って

一部屋改修中で、寝室は飽和状態の荷物置き場、
残るオープンスペースはとりあえず、
子供の二段ベッドが二段でなく並べて置いてある状態で、
残るはキッチンのみ。

もうプライベート空間のない生活がこんなにも
精神状態に影響するとは。
想像以上に負担だったようで、毎日過食気味で太りました 
お腹いっぱいなのに、食べるのがやめられないの〜!!絶対、おかしい。
服もきつくなったし。。。

残るは、電気工事と、外装です。 
もう少し、、、

太ったのはストレスのせい
きっとそうだ、、ですよね?(泣笑)


この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事