・・・というわけで
3月まで勤務していた学校3校ですが、
最後1校の歓送迎会が先週行われました

退職する学校2校の送別会や離任式、転職先の職場など、
最近は、挨拶する機会が重なったため、
ちょっと油断して?準備なしで話してみました

1校目の送別会では、アニマシオンやブックトークのことにふれて、
2校目の学校では、図書室は教室と保健室の間の重要なポジションという内容で話ました。
今回は、転職をして「大切なものを手放してしまった」思いはある。。
とちょっとネガティヴになってしまいましたが、
でも積み上げたものは手放したくないから、
欲張りだけど、
どういった形になるかわからないけど、
将来的には独立して、自分で何か活動したい
という野望を宣言しちゃったよ〜
大臣表彰をいただいたり、研究大会で発表させてもらったり、
いろいろな経験を積ませてもらった学校だったので、
本当にそんな気持ちになってしまいました

今まで回っていた学校の先生と、授業をまたする話が何件か出ているし、
自分の子どもの学校からは、1年生と2年生の担任の先生から、
アニマシオンのオファーがすでに来ています

今、新しい仕事の覚えることがいっぱいで、大変な毎日ですが、
野望を諦めずに、なんとか前に進んでいきたいです

この記事に

開く コメント(6)

働いてますよ。

転職してから、よくこの時間帯にブログ更新をしているのですが。。。

実は、今度の職場は、司書が2人で、シフト制です。
早番、遅番があります。なので、遅番の日はお昼頃から仕事になります。
ということで、朝の片付けをし、子どもを学校に送り出して、
そのあとブログしてる状態なんです

帰ってくるのは、前の職場よりも1時間遅いですが、
午前中に夕飯の段取りをしていくので、なかなか良い感じです。

早番のときは、前より、15分くらいは早く出ますが、
帰ってくるのは前より1時間半くらい早い


仕事が慣れていないのはものすごく大変ですが、
勤務時間がフルタイムじゃないのって、体はやっぱり楽な気がします。

新しい職場で、毎日失敗の連続です 
1日1回は注意されてる〜
今まで、司書として自分では気にせずにきた苦手な部分や、私に足りない部分
が毎日露呈される感じといいますか
思い立ったら、即実行、ダメならもう一度考え直す!の精神が逆効果です。
とにかくミスのないよう、じっくりじっくり確認を何度もという感じで

すでに半月たちますが、まだそんなです

私の後任の司書さんにレクチャーしに行ったりしていますが、
その方も初めての司書で頑張っていらっしゃるし、
我が家の上の子も新生活だし、
みんな頑張ってるんだからとなんとか踏ん張ってます

この記事に

開く コメント(4)

ピアノのおけいこ

下の子が、3年間続けたヤマハを辞めてから、
個人のピアノ教室に通い始めてもうすこしで1年になります。

ヤマハのときはグループレッスンで、本当にレッスンに不真面目で
上の子の時からずっとお世話になってる講師さんに申し訳ないくらいでした

ところが、個人に変わってから、がらっと態度豹変一生懸命、
真面目に、レッスンを受けるようになりました
私は、エレクトーンが専門だったので、
ピアノのことはすべて先生にお任せして、
自宅の練習もほとんど娘は私を頼らずに頑張ってます

そして、夏の発表会に向けて練習が始まりました。
なんと4ステージも出番が

①ピアノ独奏
②ピアノ連弾(娘+私)
③アンサンブル(娘と、その他のレッスン生さんたち)
④ハンドベル演奏(私ほか、保護者の方々)

①と②は、娘が選んだ曲です。
④は、私が学校司書の時に、図書ボランティアさんたちに楽譜を書いて
読み聞かせ会で演奏してもらってたことをピアノの先生が聞いて、
発表会でやりましょうということになった経緯があって、
私が一番多く出てくる音の担当になってました

連弾の伴奏も練習しなきゃ
またまたやることを増やしてしまいました

この記事に

開く コメント(8)

週初めから、歓送迎会でした。

まだ名前も顔も、仕事内容も全然わからない初日の夜から!
新しい職場の方々にご挨拶する機会なので、
人見知りとか言っていられないので、もちろん参加です。

結構な職員数なので、
ホテルのビュッフェ形式の歓送迎会。
朝の事務所内での挨拶も緊張しましたが、
壇上で挨拶も緊張しました。
でも、中学校の全校生徒よりは人数少ない!と勇気を出して。。
なんとか話しました。

お酒、注ぎに行く暇もなく、注ぎに来てくださる方がみえて
顔と名前、一度には全然覚えられませんでしたが、
参加させてもらって良かったです。

スパークリングワインに、チーズとドライフルーツ、
デザート思いっきりいただいて、ご機嫌でございました

来週は、課の歓迎会もあり、
また、勤めていた小学校の歓送迎会もあります。
(今後の、図書授業やります!の宣伝も兼ねて行きます♪)

あー、そうして、どんどん体重が増えてゆく

この記事に

開く コメント(8)

先日、所属中学校の送別会に出席しました
すごく立派な料亭の大宴会場が会場でした

花束贈呈のプレゼンターの図書担当の先生には、
「分類9の文学ばかりでなく、きちんと教科の単元にぴったり合った本を、
他の分類の棚にもたくさん揃えてもらって授業で使え、ありがたかったです」
とお言葉をいただきました

サプライズに、花束に加えて、特別支援のクラスの女の子からのお手紙
その場で読んで、って言われて、読み、またまた涙
小学校からずっとありがとう、忘れませんの内容に加えて、
私がその子に本を渡しているところの絵が描いてくれてありました


離任式に引き続き、こちらも緊張しながら、挨拶をしました

実は、7年前初めて学校に来た時は、使い方もかなりひどかった、
でも今は昼休みに先生も利用してくださったり、今では、市内トップクラスの利用数、静かなとてもよい使い方が定着していることを伝え、
そのあとで、ちょっと幼いくらいのほのぼのとした飾りをしていた理由を。

去年だったか、ツイッターかなにかで、公共図書館が「死ぬなら図書館へ」みたいなツイートして、話題になったことに触れ、
中学校では、保健室にいくほどの体調不良でもなく、不登校になるほどまだ心が折れていなく、
だけど、ちょっと心が疲れたり、悩み事があったり、
そんな子達は、必ずと言っていいほど図書館に来ます。
その子たちの居場所になれる空間でありたい、
図書館は情報発信の場であり、学習の場であり、読書する場でもあるけど、
同じように、癒しの空間でもありたいと思っていました。

というようなことを伝えたら、全員の先生がとても真剣な眼差しで聞いてくださって、みなさん、うんうんと頷いていてくださっていました

その後の、ご歓談タイムでも、何人かのベテラン先生方から、
その件で、ああ確かに!と思いました、とか、気づかせてもらいました、
とかお声をかけていただいて、
最後に、学校司書としてしっかりと伝えることができたと嬉しかったです

この記事に

開く コメント(8)

お互い頑張ろうね。

初めて、が続いていました

初めての送別会送られる側、という記事を書きましたが、
その前に、初めての離任式を体験しました。
所属中学校での離任式。
今回は離任の教職員が案外少なくて、6名で、当日は4名参加でした。
全校生徒(といっても、3年生は卒業したので、1、2年生だけですが)
の前で挨拶をしました
それほど一生懸命考えていかなかったのですが、
パイプ椅子がセットされていて、1人ずつ結構しっかりと挨拶させてもらう感じになっていました

3名の先生方が挨拶されて、自分の番になり、演台の前に立ちました。
マイクの高さを自分に合わせて、礼をした瞬間、
子どもたちの真剣に聞き入ろうとする眼差しがありました。
しかも、小学校低学年から図書の授業をしてきた子たちがほとんどです。
その姿を見た瞬間、言葉が、一言目の言葉が、どうしてもでてきませんでした。
胸がいっぱいになってしまって。
「7年間、、、7年間ここで勤めました。7年間は、やっぱり長いですね、
思い出がたくさんあります。ありすぎて。」この一言を話すのに1分以上
かかりました
私の一番の思い出は、昼休みの図書室。利用の多さは市内でもトップクラス!
市内の司書さんたちにも自慢していました。本を真剣に読む姿、そしてそれを盗み見て?選書の参考にしようとしたり、、、。
そして、図書室は中学校で唯一季節感のある空間。疲れた時や悩んだ時、そんなときにも利用してほしい。これからもたくさん図書室を使ってね。
新しい学年でも頑張ってね、先生も新しい場所で頑張ります。
という感じの挨拶にしました。

他の先生のように立派なことは言えないし、考えていかなかった。
でも私が一番好きな場所、みんなが毎日たくさん集ってくれる空間。
それを伝えられたらいい、そう思って行きました。

伝わったかな。。。

生徒会の子たちから、花束もらいました。
それも、小学校から図書室によく来てくれていた子たちで、
また涙が

離任式、一生忘れません。

この記事に

開く コメント(6)

初めて送られる側。


先日、職場の送別会に出させてもらいました。
7年間、週一回巡回していた小学校の送別会です。

たくさんの先生方に、図書の授業(アニマシオンやブックトークなど)の
ことをお話ししに来ていただいて、とっても嬉しかったです。

7年間、一度も異動しないままに、退職・転職することになったので、
今回が初めて送られる側になりました。

図書担当の先生が花束贈呈のプレゼンターでした。
「アニマシオンとか全然しらなくて、こういう図書の授業をしてもらうのが
普通だと思っていたけど、贅沢なことだったのですね」というご挨拶を
してもらい、他の聞いていた先生方もみなさん頷いてくださっていて、
じわっときてしまいました。
授業で全クラスに授業をさせてもらえるようになって5年、
先生方へアニマシオンの講師をさせていただいたり、
司書さんたちを集めて公開のアニマシオン授業をさせていただいたり、
本当に、本当に、やりたいことをたっくさんさせてもらってきたのに、
そういうふうに思ってもらえていて、幸せだなって。

実は、あと小学校1校と、中学校1校の送別会にも参加させてもらいます
いっぱい、いっぱい、思い出話してきたいと思います


この記事に

開く コメント(4)

新生活!

7年間の学校司書の生活にピリオドを打つことになりました。
私自身が、この3月はじめまでは、次年度以降にやりたい仕事を考えたり、
まだまだ学校司書を究めていこうと思っていたので自分自身でもびっくり。
退職し、転職が決まっています。
今度も、司書ですが、専門図書館系です。

公共図書館7年間、
学校図書館7年間、
奇しくも同じ年月の勤務年数となりました。

転職先のほうが少し勤務時間が短くなるので、
家庭のことにもうちょっと時間を割ける感じがします。

大好きなことを、思う存分やりたい放題させてもらってきた今の仕事。
子どもに、(とくに上の子に)頑張りすぎと釘をさされるようになり、
家庭を顧みず?あまりに仕事に没頭し、家庭内でも仕事の話をやりすぎ・・・
そんな日々を過ごしていました。

気がつけばこのブログも、図書生活といいながら、仕事のことばかり。

これからは、児童書関連、子どもにささげる図書支援は、趣味で行います。
新しい職場になれたら、有志でアニマシオンの会とか、
地元民話を伝える会とか、
はたまた子どもの学校へ図書ボランティアとか、
そういうなにかしら学校や子どもたちにお話の楽しみを伝えることが
行えるといいなと、野望を抱いたりしてます

その時期になったら、ご関係の方々からのご依頼を首を長くして
お待ちしておりますので、ぜひぜひよろしくお願い致します

とりあえずは、4月からの、新しい職場に早く慣れるように
頑張ります^^

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事