どたばたママ♪2児(中1+小2)の母日記

音楽と車が好き〜!な司書です♪コメントしてね。
昨日、今年初めて公共図書館に行きました。
市内に図書館が10館近くあって、結構より取り見取り?というか
好きな図書館選んで行っています

昨日の図書館では、新春福袋貸し出ししてました
限定30袋限りで、手作り新聞エコバッグ(英字新聞でかわいい!)
に2〜3冊ずつ入ったものです
もちろん、中身の本は貸し出ししてからしか見ることができないように、
袋の外側にコピーされたバーコードがはってある状態です。

子ども向き高学年用読み物と、
子ども向き絵本テーマ「笑う門には福来る!」
を子どもたちは選んでいました。
中身の本は、私が知っているものでしたが、なるほどーの選書でした
子どもたちは知らない本だったので、よかったねーと喜んでました
エコバッグはもらえるのですが、大人向きは外側が英字新聞でおしゃれ、
子ども向きは内側英字新聞、外側はお絵描きができるよう無地でした。
考えられてますね〜
そして、下の子が、そのエコバッグの作り方の載っている本も借りていました。ちゃんと、その本も福袋コーナーに展示されていたのです。

新年早々、なんか楽しい思いができました

この記事に

開く コメント(2)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します

毎年恒例、普通に一般的な?お正月でした。
紅白が終わるとともに初詣に行き、
朝には、親戚が来宅し、おせち料理にお雑煮・・・

なんか、毎年ブログ記事にしてるような気もするのですが、
うちの地方では、お雑煮が各家庭で随分違うんです。
 
我が家は、お味噌の味です。お餅はうちで年末についたお餅なので、
普通に四角です。焼かずにお餅も煮る感じです。
具は、畑で採れる大根と里芋。それにおあげが入ります。
三日分くらいの原液?をつくっておいて、毎日ちょうどいい濃さに調節
しながらいただきます。

これ、私の実家もおなじ感じですが、ここに金時人参がはいります。
親戚の家では、おすましですし、餅が丸かったりします。

こってりVSあっさり といったところでしょうか?!
関東と関西で違うんですかね〜。

さすがに、3日間、お雑煮とおせちだと、そろそろふつーの料理が
食べたくなります 贅沢だなぁ。。。

この記事に

開く コメント(6)

良いお年を^^

今年の年末、
25日のクリスマスでブログの話題がストップかと思いきや、
インフルエンザA型にかかってしまい、
相変わらずブログネタに困らない人やなぁ〜
と自分にツッコミを入れてしまいそうになりましたが

なんか、体力が完全には戻ってないというか、
寝てばかりだと本当に体が鈍りますねぇ

紅白をゆっくりみて、終わり次第初詣に出かけまーす
子どもたちは、ダウンタウン派。

みなさま、良いお年をお迎えください
そして、
また来年もよろしくお願いします

この記事に

開く コメント(2)

この年末の忙しい時期に、
インフルエンザA型にかかってしまいました。

25日、サンタブーツの記事をupした頃はまだ良かったのですが、
その日の夕方から、がたがたっと体調が悪くなってきて、
体温が38度後半から39度5分くらいまでを
2日間さまよってました 
イナビルの副作用なのか、その2日間、全く眠れず。。
かなりきつかったです。
やっと今は熱が下がりました。
子どもにうつさないようにと寝室に軟禁状態です

というわけで、出勤停止です
今年は去年までと違って年末は28日まで勤務だ!と
覚悟していたのに、結局26日から、年明けまで休んでくださいと言われ
もう一人の司書さんには申し訳ないけど、来年からまた頑張ろうと思います。

この記事に

開く コメント(8)

メリークリスマス!

子どもたちは、かなりの早起きで、サンタさんからのプレゼントにハイテンションでした

わたしにも来たようで、いただいたお菓子ブーツを車に飾って出勤しました

イメージ 1

この記事に

開く コメント(6)

毎年、今年を表す漢字一文字、ありますよね。
みなさんのこの一年を表すとしたら、何にしますか


私自身の今年の大ニュース

 もう中学生
    上の子が、中学生に。どたばたママも、もう中学生の母です
    今年もサンタさんを楽しみにして心待ちにしている上の子
    まだまだかわいいですが、
    サンタさんにお願いしているのは
    話題の韓国コスメ!www
    アンバランスさが最高に面白い年代ですね〜。飽きません
    
   
 まさかの転職
    一生、学校図書館司書で過ごすと信じて疑わなかった
    今年の3月のこと、たまたまみたハローワークで見つけた
    専門図書館の司書求人、応募したらまさかの採用
    人生わからないもんですね、
    7年も勤めた、天職と思っている学校司書を退職するとは。
    ところがまだ、学校に出入りして授業してる。
    やっぱり手放したくないものがあるんです・・・
    よくばりですが、3学期もいろいろ依頼されているので、
    まだまだ突っ走ります〜〜〜


ということで、
 私にとっての、今年の1文字は・・・・
 わー、思いつかないもんですねぇ 「変」(変化)かな。
 本当に、ガラッと生活スタイルが変わりました。
 上の子の部活動やら、自分の仕事がシフト制だとか。
 来年も、徐々にいろんなことステップアップできるように
 過ごしたいな〜。 
 
     

この記事に

開く コメント(7)

今日は、子どものお友達家族とカラオケに行きました
こんなのって初めてのパターンです

家族でカラオケは以前よく行ったけど、
最近はそれもほとんどなかったし。

で、ハードルを下げるために
昭和〜バブル期しばりのレパートリーで
カラオケすることに。3時間。

職場の飲み会2次会とかのカラオケは
あるけど、
夫婦で他の人の前で歌っているのは珍しいもんですねー。
学生時代以来です

これがまた、選曲に困らないほどどんどん思い出す
新しくガンガン聴いてる最近の歌よりも、
昔カラオケでよく歌った歌のほうがはるかに点が採れるし、
うまく聞こえる気がしました
昔取った杵柄?

若かりし頃は、友達と二人でぶっ通し10時間とか普通だったので。
その頃の歌は、20年以上歌ってなくても覚えてるんですね。

楽しかったです

ちなみに中学生の娘たちは、別室で、
歌とダンスの、K−POP三昧だったかな

この記事に

開く コメント(10)

私が、学校図書館司書時代に、ずっとやりたかったこと、
『中学生に1時限ずつかけてアニマシオンすること。』
叶いました

前年度までいた中学校の1年生。
つまり私が、この子たちが小学校1年生のときから毎年かならず、
授業の単元につながるようなアニマシオンを実施してきた子が
ほとんどという学校です。

今回は国語で習うヘルマン・ヘッセにつなげて。。。
ヘルマン・ヘッセで、1時間完結のアニマシオンは
ちょっとハードルが高いので
苦肉の策? ドイツの詩人・小説家のヘッセと同時代に、
おとなりのポーランドで詩人・小説家として活躍していた
人が再話した、ポーランド民話を使いました
これが、とってもマイナーなのか、近隣の図書館12館のうち、
1館しか所蔵がなかったお話。
なんと読み聞かせ、15分近くかかります。
宮沢賢治作品より若干長いくらい。

まず読み聞かせして、そのあと、アニマシオンの作戦
「どんな人?」を行いました。
一言で言うと、登場人物の人物分析です。
まず、文章化されていた人物の特徴をとらえ、
次に、文章から読み取る、想像できる人物の性格や特徴を考えます。
最後に班でまとめて、発表してもらいました。

なにより嬉しかったのは、私を見つけた生徒が、
「あっ
「ひさしぶりーーー
と笑顔になってくれたこと。

それから、読み聞かせ。
中学生たち、すごくお話に入り込んで聞いてくれました
読み聞かせ側からすっごくわかるんです、これ
特に最初落ち着かなさそうだった男子がた(笑)も含め、
みんなが、結構絵本に釘付け それだけで、もう私は満足

今回の絵本は、中学生向きにストーリーがしっかりあって、
特徴ある人物が出てくるお話と思って、かなり探しました

中学は結構時間にシビアというか、教科ごとの時間があるので、
なかなか授業時間1時間もらって、できるというのは貴重なのだと思います。
でも本音は、今回の作戦、できたら90分くらいかけてやりたかったです。

引き継いでくれた司書さんや、国語科の先生方に見守られながら、
無事に全クラス終了しました

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事