ここから本文です

飲まずにやってられっか!

書庫全体表示

なかた屋 高田店

イメージ 1


「なかた屋 高田店」

 煮干しソバ濃口+味玉+背あぶらネギ飯

弘前市高田のなかた屋におじゃましました。


メニューがリニューアルしてから2度目の訪問です。


初回よりも券売機が見やすくなっていました。



今回は煮干しソバの濃口(600円)に


味玉(100円)トッピング、

前回美味しかった背あぶらネギ飯(150円)を注文しました。



イメージ 2


濃口は以前の煮干中華そばに近いですかね。


酸味や苦味は少なくソフトな口当たりです。

始めはあまり煮干煮干しておらず

節の後を追って煮干がくる感じがしましたが、

スープの温度が下がってくるとだんだん煮干が前に出てきました。

かえしもしっかりと主張していて、

後半はしょっぱく感じたので完汁は断念しました。


麺もいつもの角切りぱっつん麺。

芯が残ったアルデンテのような独特の弾力があり、

細ストレート麺でもしっかりと麺の強さがあります。

麺量も十分で、

これで600円はなかなかのコスパです。


バラチャーシューは前回よりも幅広なものが2枚。

皮付きバラ肉を使用していて、

薄切りながら弾力が強く脂身の食感がしっかりしています。

柔らか太メンマ、黄身まで味が染みた味玉も旨いですね。


イメージ 3


背あぶらネギ飯はやはり中毒性高し。


150円でご飯の盛りもよく、

卓上の焦がしネギ一味をかけて食べると

背脂のくどさが緩和され味が引き締まります。


イメージ 4


リニューアル当初、

焦がしネギ一味は有料になりましたが、

不評だったんでしょうね。

元通り卓上トッピングに戻りました。


迷走していたなかた屋ですが落ち着いたようですね。

ごちそうさまでした☆


ブログ村↓
https://localeast.blogmura.com/aomori/ranking.html




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事