つれづれ日記

日々思う事をつれづれている雑念日記です。

全体表示

[ リスト ]

フロッピーディスクドライブ(FDD)の主要
メーカーが、生産撤退に向けて動き始めた。

大容量のUSBメモリなどに押されて、市場規模が
30分の1に縮小しているからだ。
ディスクについてもメーカー各社が販売をやめ、
「フロッピー」は退場目前だ。
ただ、財務関係など古いデータをフロッピーに
保存している会社もあり、波紋が広がっている。

■FDD生産のピークは2000年度

ティアックの2008年度FDD出荷台数は245万台。
近年は前年比20%減のペースで減っていて、
生産をやめる方向でPCメーカーなど法人顧客と
協議している。

時期については、一部で「2010年4月に生産を終了する」
と報じられているが、ティアック広報担当者はJ−CAST
ニュースに対し「顧客のニーズと市場の動きをみて、
これから決める」と答えている。

ワイ・イー・データも供給先と協議に入った。
時期は未定。ソニーも2010年3月まで生産が決まっているが、
それ以降は未定だ。

調査会社によると、FDD生産のピークは2000年度で、
台数ベースの市場規模は1億5616万8000台だった。

しかし09年度の出荷見込み台数は541万台とおよそ
30分の1に激減している。

FDDはPCに搭載されることが少なくなり、外付けタイプが
ほとんどだ。サプライヤーから製造を請け負っていることが多い。

主に法人向けに販売しているIOデータの広報担当者は、

「USBメモリは使わず、財務関係のデータなどはフロッピー
ディスクで保存している会社もあります。FDDがなくなれば
データが見られなくなるので、可能な限りお客さまに提供
できるよう、現在調整を進めています」

と、やや困惑している。

■ここ数年は法人客に安定して売れていた

大手量販店で販売しているバッファローではピーク時より
激減したが、ここ数年は法人客に安定して売れていて出荷
台数は年間10万台だ。

「3社で国内外のシェアのほとんどを占めていますので、撤退後は
販売できなくなります。当社では2010年春の出荷分で最後になる
予定で、取り扱い店舗に順次お知らせしてきます」

といっている。

フロッピーディスクそのものも、すでにほとんどのメーカーが
販売をやめている。三菱化学メディアは、原料である磁気ディスクの
生産終了を理由に09年3月末で終了。日立マクセルも同月で終えている。


              (8月3日17時5分配信 J-CASTニュース)




材料メーカーは「採算が取れなくなりました。」で生産を辞めれば
良いのですから楽なモノですよね。
その材料を使って仕事をしている企業などの都合などお構いなしです。

せめてドライブの生産、販売が終了するタイミングに関して足並みを
揃えるべきだともいますけどね。
現在フロッピーディスクにデータを保管している企業だって突如フロッピー
ディスクの生産を辞められては困る事もあるでしょうに。

わたしが今勤めている会社でも古いデータをフロッピーに保存して
いますが、10年ほど前のモノはデータが消失しているモノも出始めて
います。
そう考えると、USBメモリに移行するにしても一時的に古いフロッピーの
中身を新しいモノに移すなどの処理が必要である場合もありますよね。

記事にもここ数年は法人相手に安定的に販売数があったという
事なのですからね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事