日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]

応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/
 
 先行する記事「心、此処にあらざれば、見るとも見えず http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/39105808.htmlで私(ZERO)は、中央日報コラムを取り上げ、セウォル号転覆沈没事故を題材としながら反日火病(*1)故に「とてもじゃないが、反省して再発防止できそうにない」どころか「そもそも反省なんかしそうにない」中央日報を揶揄・非難した。
 
 だが、「マスコミの無責任体質」は玄界灘の東西を問うものでは無い、ようだ。

 

<注釈>

(*1) と、恐らくは生来の無責任(=他人事)体質 
 
【東京社説】【社説】美味しんぼ批判 行き過ぎはどちらだ
2014年5月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014051402000163.html
【1】 被災者の切実な声が届くのか。それとも風評被害を増すのだろうか。漫画「美味しんぼ」が物議を醸している。何事にせよ、問題提起は必要だ。だがその表現には、もちろん思いやりも欠かせない。

【2】「美味しんぼ」は一九八三年から週刊漫画誌上で連載されており、昨今のグルメブームの発信源とされている。東日本大震災後は、被災地を取り巻く食の問題などにほぼ的を絞って、問題提起を続けてきた。

【3】 前号で、主人公の新聞記者が東京電力福島第一原発を取材直後に鼻血を流す場面が論議を呼んだ。

【4】 そして今週号では、福島第一原発のある双葉町の井戸川克隆前町長や関係する学者らが実名で登場し「大阪が受け入れたがれきの焼却場周辺でも眼(め)や呼吸器系の症状がある」「福島にはもう住むべきではない」などと訴えて、騒ぎはさらに広がった。

【5】 福島県の佐藤雄平知事は「風評被害を助長するような印象で極めて残念」と強く批判した。

【6】 漫画作品だけに、創作部分も多いだろう。表現の隅々にまで、被災者の心と体に寄り添うような細心の注意が必要なのは、言をまたない。その意味で、配慮に欠けた部分もある。

 
【7】 しかし、時間をかけた取材に基づく関係者の疑問や批判、主張まで「通説とは異なるから」と否定して、封じてしまっていいのだろうか。

【8】 東電が1号機の格納容器から大量の放射能を含んだ蒸気を大気中に放出するベント作業をした後も、住民にそれを知らせなかった。「そうとは知らず、われわれはその放射線を浴び続けてたんです」と、前町長は作中で訴える。

【9】 SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)による放射能の拡散情報が、住民に伝えられなかったのも事実である。

【10】 またそれよりずっと以前から、原発は絶対安全だと信じ込まされてきたというさらに強い疑念がある。それらが払拭(ふっしょく)できない限り、被災者の心の底の不安はぬぐえまい。素朴な疑問や不安にも、国として東電として、丁寧に答える姿勢が欠かせない。情報隠しの疑念こそ、風評の温床なのである。

【11】 問題提起はそれとして、考える材料の提供である。登場人物が事故と被害をどう見ていくのか。作品を通じ、作者は社会に訴えようと試みる。行き過ぎはないか。もちろん、過剰な反応も。
 

すり替えと誤魔化し、此処に極まる

 さて、如何だろうか。
 
 あらためて言うまでもないが、上掲は東京新聞社説である。東京新聞と言えば「脱原発原理主義」ぶりをいかんなく発揮し、再三当ブログの題材となった新聞。その新聞が「主人公が福島原発事故現場取材直後に鼻血を出す」だの「震災がれき処理場周辺で"眼や呼吸器系の症状がある"」「福島にはもう住むべきではない」と主張する実名登場(*1)の学者やら前町長やらが登場する漫画「美味しんぼ」を擁護するモノだから、御覧の通りの酷い有様、だ。
 
 まず第一に、「直後に放射線の影響で鼻血を出す」程の放射線を喰らった人間は、先ず生きちゃいられないだろう。「鼻血を出す」原因は様々で、転んでぶつけても鼻血は出るのだから、「鼻血を出した人間は、必ず死ぬ」訳では無いが、「直後に放射線の影響で鼻血を出す程の放射線」と言うのは、X線撮影も放射線治療も裸足で逃げ出すぐらいの強烈な放射線だ。放射線治療を体験した者は少ないだろうが(*2)、X線撮影ならば毎年受けている人も在ろう。「X線撮影後に毎回鼻血を出すか否か」を考えれば、上記の事は「ほぼ自明」と言い得る。

 であるならば、如何に「時間をかけた取材に基づく関係者の疑問や批判、主張(*3)パラグラフ【7】 であろうとも主人公が福島取材直後に鼻血を出し、それを放射線の影響と結びつける」マンガ「美味しんぼ」は、「通説に反する」までも無く「創作」である。別にノンフィクション作品では無いのだから「漫画創作である」事自身は非難の対象ではないが、「事実に基づかない創作による風評煽り」は、糾弾されて然るべきであろう。+
 
 況や、実名で登場し、「震災がれき処分場周辺で健康被害がある」「福島県に人は住むべきでは無い」と主張する学者だの元町長だのは、正真正銘掛け値なしの人非人である。左様な主張を実際にしていないのに、漫画で主張しているのならば、名誉棄損で「美味しんぼ」作者を訴える事が出来よう。もし実際に左様な主張をしているのならば、それ自体は犯罪にはならないだろうが、以前記事にもした通り(*4)、当ブログ及び私(ZERO)が「人非人」と断定し、糾弾し、軽蔑しよう。
 
 無論、人非人が「人非人の主張」を為すのは言論の自由の一部である。その点、「封じてしまっていいのだろうか。」パラグラフ【7】と言う上掲東京新聞社説の主張にも一理ある。
 
 だが、「虚偽/創作に基づく人非人の主張」で「煽られる風評被害」も看過されるべきでは無い。それは表現の隅々にまで、被災者の心と体に寄り添うような細心の注意」パラグラフ【6】とは対極にあり、「配慮に欠けた部分もある。」などとふやけた評価は出来ない。特筆大書して糾弾されて、然るべきである。
 
 無論、「人非人の主張であり、糾弾されるべき」とは、私(ZERO)の主張である。これに対し上掲東京新聞社説は「行き過ぎ」として「美味しんぼの主張」を「封じるべきでは無い」とする。だが、その「封じるべきでは無い」根拠を上記東京新聞社説から拾っても・・・
 
 ①「通説とは異なるから」封じるのは良くない パラグラフ【7】
 
 ② 東電が放射性物質を放出するベント作業を住民に知らせなかったから パラグラフ【8】
 
 ③ SPEEDIによる放射性物質拡散予測を、住民に知らせなかったから パラグラフ【9】
 
 ④ 「原発は絶対安全」と信じ込ませていたから パラグラフ【10】
 
…他に見落としは無い、よなぁ。なんともはや。
 
 上記②〜④は、論外だ。これらは「政府不信/東電不信の根拠」ではあり得ようが、「虚構に基づく漫画で風評を煽り、被災地復興を妨害して良い」理由には全くならない。それどころか、相関さえ「原発繋がり」でしかない。脱原発原理主義者たる東京新聞には「密接な関係」なのかも知れないが、「異教徒」たる私(ZERO)からすれば、上記②〜④を「美味しんぼ擁護の論拠にする」とは「正気の程を疑いたくなる」程だ。
 
 「美味しんぼ」が煽った風評により、実害を被るのは、東電や日本政府ばかりでは無い。真っ先に、且つ最大規模で、被災地たる福島県及び福島県民が被るのだ。確かに「福島に人を住まわせない」ための一手段ではあろうさ。それ故にこそ、かかる「風評煽り」は「人非人として糾弾されるべき」なのだ。
 
 前述の通り、上記①は「通説と異なる」どころではない。「科学的事実に反する」とさえ言い得る、「全くのフィクション」である。まあ、「美味しんぼ」の何処かには、「本作品の登場人物、組織等は実在のモノではありません」とか何とか「アリバイ作り」の言い訳がしてありそうだが、事実に基づかずとも風評は煽れるし、煽られた風評で実害は生じる。その実害を「美味しんぼ」作者や出版社、並びに東京新聞はどう責任を負うか、と言う問題だ。
 
 ふざけるなよ。人非人ども。

 

<注釈>

(*1) って事は、当然ながら実在の人物を、少なくとも"思わせる" 
 
(*2) 私(ZERO)自身、そんな体験は無い。 
 
(*3) で、あるかどうかから、先ず疑問視できるのだが。ああ、「事実」ではなく、「関係者の疑問や批判」としては、ありうるか。 
 
(*4) (1) 震災がれき受け入れ反対者に問う!
(2) 原水禁に対する公開質問状―「震災がれき」をどう始末する心算か

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

本記事が,日本ブログ村反原発トーナメント63の5位に終わりました。初戦敗退って事らしいです。

トーナメントの趣旨に真っ向から対立しているのだから,逆風は覚悟の上。それでもトップとれることもあるのだから、挫けず参りましょう。

2014/5/31(土) 午後 8:21 [ ZERO ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事