日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]

応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/
 沖縄県知事選挙で、普天間基地辺野古移設に反対を唱える候補が当選したと言うので、沖縄二紙は言うに及ばず、アカ新聞どもも大騒ぎの様だ。各紙の社説タイトルを列挙すると、以下の通り。
 
【朝日社説】沖縄県知事選―辺野古移設は白紙に戻せ
 
【琉球新報社説】<社説>新知事に翁長氏 辺野古移設阻止を 尊厳回復に歴史的意義  http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234623-storytopic-11.html
 
【沖縄タイムス社説】社説[県知事に翁長氏]辺野古に終止符を打て
 
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=90861
 
【毎日社説】:辺野古移設に審判 白紙に戻して再交渉を
 
【東京社説】新基地拒否の重い選択 沖縄県知事に翁長氏
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014111702000130.html
 
【日経社説】いまこそ政府と沖縄は話し合うときだ
 
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO79790180X11C14A1PE8000/

 
【読売社説】沖縄県知事選 辺野古移設を停滞させるな
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20141116-OYT1T50103.html
 
【産経社説】沖縄県知事選 政府は粛々と移設前進を
  
http://www.sankei.com/column/news/141117/clm1411170003-n1.html
  
 タイトルを見れば明らかなとおり、朝日、毎日、東京らアカ新聞どもが「辺野古移設撤回を主張するのに対し、産経、読売が「辺野古移設を変わらず推進」を主張し、日経が”中立的”な「話し合え」って主張。まあ、予想通りと言う処か。
 
 再三繰り返す通り「普天間基地移設問題」と言うのは、先ず第一に「普天間基地に配置した兵力を、何処に配置するか」と言う問題であり、我が国の安全保障の問題だ。我が国の安全を如何に保障するかが最優先で、「基地負担軽減」なんてのは二義的三義的話。「沖縄県民の民意」は、例え「県民唯一人の例外の無い総意」であろうとも、「一県民の意見」でしかなく、「国民の一部の声」でしかない。これは「沖縄差別」でも「県民差別」でもなく、「国の安全保障は、国の責任だから」である。
 
 従て、私(ZERO)の主張は、と言うよりは「普天間基地移設問題を真面に冷静に考えたならば殆ど自明」であると思われるぐらいに、産経&読売社説同様「辺野古基地への移設推進」であり、それが嫌なら「普天間基地継続使用」でしかない。別にそれで、米軍も、米政府も構いはしない。日本政府は「日本国民の一部の声」があるから、気にはするだろう。
 
 さらに言えば、かつて、普天間基地にほど近い普天間小学校を移転させようとしたとき、普天間基地反対派(の一部)が移転に反対したのと同様に、些か逆説気味ではあるが、「普天間基地の継続使用こそが、普天間基地反対派(の一部?)にとって都合が良い」のだろう。
 
 つまりは、翁長新知事の「公約」は、先ず確実に実現しないし、させるべきでもない。
 
 「辺野古移設を白紙に戻せ」とか、アカ新聞どもは平気で主張している
 
が、「(普天間基地移設先は)最低でも県外」と口約束して日本国首相になった鳩山由紀夫と民主党は、再交渉どころか、「普天間基地移設先代替案」どころか、「普天間基地移設先民主党案」すらまとめられずに終わったんだぞ。今度は沖縄県知事が「鳩山由紀夫」になったとて、何が、どうなるモノかよ。
 
 そりゃ鳩山由紀夫と民主党は、信じがたいほどに無能無策であったけれど、日本国首相と、憲政史上最多の衆院議席数を擁した与党だったのだぞ。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

今回の知事選で、沖縄にはロクな奴がいないという事がハッキリと分かりました。

仲井真さんが負けてしまった事もありますが、自らの主張を『裏建白書』であっさりと否定した翁長が当選し、更に、県議会の野党会派の連中が、政府に辺野古移設断念を訴えると言い始めた為、また普天間基地の問題が頓挫してしまいます。もうほとほと愛想が尽きた、としか言えません。

自分達の主義主張を通す為に、他人を平気で切り捨てる、沖縄は完全にロクデナシの吹き溜まりに成り果てました。 削除

2014/11/21(金) 午後 7:02 [ ] 返信する

顔アイコン

> 凛さん、コメントありがとう御座います。

お気持ちは解る気がします。私(ZERO)も先々回の衆院選で民主党が大勝したときは、我が国の民主主義に絶望しかけました。

しかしながら、「明日の無い星と知っても、キミは地球を愛していた」とは「宇宙海賊キャプテンハーロック」主題歌にあるところ。「ろくでなし」ばかりでも「強請の名人」ばかりでも、そうそう「捨てられない」のが故郷であり、郷土愛では無いでしょうか。

また、今回選挙結果は確かに残念ですが、沖縄県および沖縄県民に絶望するには、まだ早いのではと、期待もし、希望もします。

「ろくでなし」が圧倒的多数派でも「ろくでなしで無い」者も居りましょうし、同志も居るのではありませんか。

2014/11/22(土) 午前 0:16 [ ZERO ] 返信する

顔アイコン

ZEROさん、確かに、沖縄にはまだちゃんと物事を考えられる人がいると信じたいです。

しかし、先の名護市長選挙といい、今回の県知事選といい、沖縄の人々の「お花畑」ぶりにはほとほとウンザリしているのです。今現在沖縄が置かれている状況を考えもせず、その場の雰囲気だけで物事を決めてしまう。マスコミに影響されているとは言え、流石に酷すぎると思います。 削除

2014/11/23(日) 午後 9:23 [ ] 返信する

顔アイコン

> 凛さん 心中お察しします。

しかしながら、衆愚政治こそ民主主義の宿敵。而して、宿痾/宿命とせぬように十全な注意が必要なのが民主主義。

国民、有権者、選挙民が【ちゃんと物事を考える」ように嚮導していく努力は、常に必要なのでは無いでしょうか。
その程度が、現状沖縄においては「非道い」ものだとしても、程度の差こそあれ本土および日本にも、ある事です。

絶望して諦めてしまうのが、最悪の事態です。

「諦めた時点で合戦終了だよ」織田信長@「ドリフターズ」

2014/11/23(日) 午後 10:03 [ ZERO ] 返信する

顔アイコン

確かにそうですね。諦めずにやっていきたいと思います。 削除

2014/11/24(月) 午前 4:51 [ ] 返信する

顔アイコン

> 凛さん
「絶望は、愚か者の結論なり」とは、昔ラジオの電話人生相談で使っていたフレーズです。
絶望何ざぁいつでも出来るんですから。

2014/11/24(月) 午後 9:10 [ ZERO ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事