日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]

応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/
 「犬が人を噛んでもニュースではない。
  人が犬を噛んだら、ニュースだ。」

ってぐらいだから、これは紛れもなくニュースに違いない.何しろ三アカ新聞の下っ端・沖縄二紙が、「在沖米軍兵士の善行を報じている記事」なのだから。

①【沖縄タイムス】命に関わる事故「2人がいなかったら母は…」 米軍大佐と女性に涙の感謝 沖縄

2017年3月2日 05:00

【1】 沖縄県嘉手納(かでな)町の国道58号で2月3日夜に起きた交通事故で重傷を負い、素早い救護措置によって一命を取り留めた徳里リカさん(47)=嘉手納町=の家族が1日、ニライ消防本部を訪れ、救助した2人と面会して感謝の気持ちを直接伝えた。女性は痛みが残るものの、車いすの使用とリハビリを始めるまでに回復。長女の徳里愛梨さん(23)は、涙を流しながら礼を述べた。

【2】 救助したのは在沖米空軍第18航空団医療中隊司令官のジョン・コットン大佐(48)と、沖縄リハビリテーション福祉学院に通う金城菜未さん(40)=嘉手納町。2人は嘉手納署に続いてニライ消防本部から表彰を受けた後、女性の家族と会った。

【3】 リカさんの家族は交際する仲座健次さん(42)と女性の長女、愛梨さん、長男の亜以輝さん(18)。仲座さんは「笑顔を見ることができる幸せを感じている。2人のおかげです」と述べ、深々と頭を下げた。亜以輝さんは「あの時、現場にいたが何が何だから分からずパニックになった。本当にありがとう。今は、お母さんは笑っている」と話した。

【4】 愛梨さんはハンカチで涙をぬぐい、何度も言葉を詰まらせながら「お医者さんも言っていたが、出血がひどくて命に関わる事故だった。応急処置のおかげで母の命は助かり、リハビリに頑張っている」と感謝した。

【5】 コットンさんは「やるべき行動をしただけ。翌日は本人のことが気になっていたが、助かってよかった」。金城さんも目を真っ赤にしながら、亜以輝さんの肩を優しく抱いていた。



②【沖縄タイムス】通りかかった米軍人は「ドクター」だった 専門学校生と共に重傷の女性救う
 沖縄で感謝状通りかかった米軍人は「ドクター」だった 
専門学校生と共に重傷の女性救う 沖縄で感謝状

2017年2月28日 17:35

【】 沖縄県警嘉手納署は2月24日、交通事故で足に大けがを負った40代女性に救護措置をして命を救ったとして、在沖米空軍第18航空団医療中隊司令官のジョン・コットン大佐(48)と、沖縄リハビリテーション福祉学院に通う金城菜未さん(40)=嘉手納=に感謝状を贈った。 

【】 現場を偶然通りかかった2人は大量に出血していた女性に対し、すぐに2人がかりで右足の付け根部分を指で押さえて止血。医療の知識を生かした応急処置を施し、救急車に引き継いだ。

【】 同署によると、事故は町内の国道58号で3日午後7時半ごろに発生。車を左端に寄せて後部に荷物を積んでいた女性に後方から軽自動車が突っ込んだ。女性の右足の傷は深く、応急処置が適切でなかったら命を失う危険があったという。

【】 コットンさんは「傷口をみて早く止血しないといけないと思った」と振り返り、警察や消防、医療関係者の協力にも感謝した。

【】 金城さんは「助かってほしいと無我夢中だったが、一緒に手当をしている方がドクターだと分かり、冷静になるよう自分に何度も言い聞かせた」と話した。女性に対しては「1日でも早い回復を心から願っている」と気遣った。

】 2人にはニライ消防本部からも3月1日に感謝状が贈られる。


③【琉球新報】「母救った」娘涙で感謝 コットン大佐、金城さん表彰 
嘉手納署2017年3月5日 15:44 感謝状 交通事故 救護 ニライ消防本部
【嘉手納】嘉手納署は2月24日、米空軍医師のジョン・J・コットン大佐(48)と金城菜未さん(40)=嘉手納町=に感謝状を贈った。嘉手納町水釜の国道58号沿いで2月3日午後に事故が発生し、その際、重傷を負った徳里リカさん(47)=嘉手納町=に対し、救急車が到着するまでの間、救護措置をとって命を助けた行動に感謝した。

【】 松崎賀充署長は「後続車両からの追突が予想される道路で、勇気を持って処置をし、命が助かった」とお礼を述べた。

【】 コットン大佐は、負傷した女性の足を圧迫し、止血措置をとった。感謝状を受け取り「たまたま居合わせたので救護した。医者として当然のことをしたまで。怖がらずに行動に移すことが大事だ」と話した。

【】 金城さんは専門学校で医療福祉を学んでおり、「動揺したが何かしなければいけない」と思い、救護措置を手助けした。命が助かったと聞いた時は「うれしかった」と話した。

【】 2人は3月1日にニライ消防本部からも協力者表彰を受け、式後には事故に遭った女性の親族らとも対面した。

【】 徳里さんの長女の愛梨さん(23)は「命に関わるような事故だった。母を助けてもらい感謝している」と涙ながらに語った。長男の亜以輝さん(18)は「自分は現場にいたが、パニック状態だった。今は母も笑ってる」と深々と頭を下げた。

「人命救助だから、報じない訳にはいかなかった」かな?

 
 或いは、民間人(多分日本人で、沖縄県民)との共同人命救助だったから、か。
 かような「うがった見方」をするのは、「沖縄二紙は、在沖縄米軍の善行は記事にしない.そのため、コンビニ強盗を居合わせた米軍人が拘束した/撃退した事件は、記事にならない.」というまことしやかで真偽不明な噂があり、私(ZERO)にはこの噂が「真実と思われて仕方がない」から。
 何しろ米軍基地周辺の凧揚げや、風船放球などの立派なテロ行為を賞賛推奨しちまう沖縄二紙だから、な。
 
 但し、上掲①から③の「在沖縄米軍人の善行を報じる記事」が続けば、そんな私(ZERO)の「沖縄二紙認識」は、「改めざるを得ない」事になろう。
 実は(一応)期待して居るぞ、沖縄二紙よ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事