日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]


応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/
【東京社説】「COP23閉幕 「脱炭素」が加速する」
【東京社説】「COP23閉幕 「脱炭素」が加速する」

【】 気候変動問題の国際会議、COP23は地球温暖化対策の新たな枠組みであるパリ協定の運用ルール作りを加速させ、また一歩、脱炭素に近づいた。変わってしまった米国、変われない日本を置いて。

【】 昨年十一月に発効のパリ協定に“観客”は存在しない。国際社会が全員参加、各自の目標を掲げて温室効果ガスの削減を競い合う。

【】 “試合開始”は二〇二〇年。しかし、来年末のCOP24までに、その「ルールブック」をつくることになっている。

【】 今月六日に開幕したCOP23では、開催地ドイツではなくフィジーが議長国だった。温暖化の進行に伴う海面上昇で国土消失の危機にさらされた、島国の代表だ。

【】 米国トランプ政権のパリ協定離脱宣言は途上国を動揺させた。

【】 温暖化による環境変化に適応していくための支援に影響が出るのではないか、という不信感が頭をもたげ、南北対立の再燃も心配された。

【】 それでも、COP23の「ルールブック」のたたき台となる文書の作成や、各国が自主的に設定済みの削減目標を引き上げるための対話活動を新年早々始めること、先進国の削減目標の達成や途上国支援の進捗(しんちょく)状況を検証することなど、すべての議題に合意をみた。

【】 世界が共有すべき気候変動危機の象徴であるフィジーを軸に、参加国が、先進国、途上国の立場の違いを超えて、全員参加の枠組みを維持する意志を強める中で、離脱を表明した米国の次に浮き上がって見えたのが日本だ。

【】 COP23の開幕当日に発表された「日米戦略エネルギー・パートナーシップ(JUSEP)」では、原子力や石炭火力の推進が確認され、国際NGOなどの非難が集まった。

【】 石炭火力はたとえ高効率のものであっても、天然ガスの二倍の二酸化炭素(CO2)が出てしまう。

【】 温暖化対策の面から見れば、石炭火力も原子力も、すでに“終わったエネルギー”なのである。

【】 一方、よい意味で存在感をアピールしたのが、自治体や企業による脱炭素化の取り組みだ。【】 世界経済は脱化石燃料、脱炭素へと急展開しつつある。再生可能エネルギーなど、脱炭素市場も急速に膨らみ続けている。

【】 あと一年、世界の脱炭素化は、さらに加速するだろう。日本政府も野心的な貢献策を掲げて「ルールブック」づくりへの関与を強め、発言力を持たないと、経済の足を引っ張ることになる。




原子力を「既に”終わったエネルギー”」と断じる理由が、一切書かれていない。


 どうせ脱原発原理主義の東京新聞のことだ。「原子力は、既に”終わったエネルギー”」と言うのは「神聖にして犯すべからざる大前提」なのだろうさ。だから「何にも書いていない」=「書かずとも判る。自明」ッテワケダ。
 無論、脱原発原理主義者ならざる(どころか、福島原発事故を経て尚原発推進論者たる)私(ZERO)には、「自明ではない」どころか、本記事タイトルにもした通り、「脱酸素社会の本命は、原子力」と考えている。真、普通に、冷静に考えれば「我が国の脱炭素社会化」には「ほかの選択肢など、あり得ない」と断じて良いぐらいなんだが。
 今日本が新設予定している石炭火力発電を原発で代替すれば、その分の二酸化炭素排出量は減らせる。これこそ自明だな。
 また、所謂「原発ゼロ」=「日本の全原発稼働停止」の間電力を供給したのは主として火力発電なのだから、脱原発原理主義者どもが歓迎した「原発ゼロ」は、「日本の炭素社会化をさらに深刻にしたし、今もしている」と言える。上掲東京新聞社説が非難する「日本の新設石炭火力発電」ってのも「原発ゼロでさらに深刻化した日本の炭素社会化」の一例だ。
 風力?太陽?寝言は寝て言え。発電量を制御できず、出来高発電量の風力や太陽光発電は、電力供給の不安定要因で、発電力の柱になんぞ、見通せる将来にわたってなり得ない。まともな経済と「最低限の文化的な生活」を目指す限りは、な。
 尤も、「原発を再生エネルギーで代替して二酸化炭素排出量を減らそう」なんて社説で主張してしまえるキチガイには、何を言っても無駄だろうがね。
  ところで、北朝鮮は滅ぼされるべきである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事