日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]

久々の冷たい計算式ー「日経テクノロジー」「川内村に32MWのメガソーラー建設、原発の休止送電線に接続」の稼働率は、11%
応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/
【日経テクノロジー】「川内村に32MWのメガソーラー建設、原発の休止送電線に接続」
川内村に32MWのメガソーラー建設、原発の休止送電線に接続 東光電気工事と飯舘村による稼働済みのメガソーラー(出所:日経BP)[画像のクリックで拡大表示]

【】 東光電気工事は、福島県川内村の低未利用地(村有地)2カ所にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。2月9日に設備認定を受け、2020年3月に運転開始する予定。停止している原発の休止送電線を活用して首都圏に送電する。

【】 同村は福島第一原発事故の影響で一部が避難指示区域となったが、2016年6月に全域で避難指示が解除されている。同発電所の建設により、2020年の東京オリンピックに福島の再生可能エネルギーを供給することを目指すという。

【】 同村大中合および大津辺に各16MWを設置し、合計出力32MWの発電を行う。年間発電量は合計3200万kWhを見込み、これは一般家庭約8000世帯分に相当する。太陽光パネルおよびパワーコンディショナー(PCS)のメーカーは未定。EPC(設計・調達・施工)は東光電気工事が担当する。

【】 系統連系先として福島送電合同会社への接続となり、接続容量を確保した。東京電力の原発で休止している送電線を活用して首都圏に送電する。変電所までの距離は約5km。

【】 1月15日に事業運営主体となる特定目的会社(SPC)「サン・エナジー川内」(福島市)を設立した。資本金は6000万円で、出資比率は東光電気工事が67%、地元の建設会社である広栄電設(福島市)が33%。社長には、東光電気工事再エネ事業部長の辻賢之氏が就任した。


さぁってと、始めるとするか


1>  同村大中合および大津辺に各16MWを設置し、合計32MWの発電を行う。
2> 年間発電量は3200万kwを見込み、これは一般家庭約8000世帯分に相当する。

 例によって、「理想的な年間発電量(稼働率100%としての年間発電量)」は、「24時間365日定格発電量(*1)」と考えるから、

 32MW×365日×24h = 32×10^3kw×365日/年×24h/日 = 2.082×10^8kw・h/年 ・・・①

 これに対し、上記2>「年間発電量は合計3200万kwh」だそうだ、稼働率は、

 3200万kw・h/年 ÷ 2.082×10^8kw・h/年 =0.1142 =11.4% ・・・②

 やぁっぱり「我が国における太陽光発電の稼働率は、約1割」なのである。くどいようだが繰り返すと、太陽光発電は発電量を制御できないから、この「稼働率11.4%」は、「目一杯太陽光発電した出来高」であり、「発電しないこと、発電量を減らすことが出来て、そうすることで燃料消費や水量低下を抑制できる(=必要なときの発電に廻せる)火力、水力、原子力発電における稼働率」とは些か意味が異なる。

 火力、水力、原子力発電における低い稼働率は、「必要に応じてもっと発電できる余裕」を意味するが、上式②「川内村32MWメガソーラーの稼働率11.4%」は、「天気が予想よりも良くならない限り、これ以上は発電しない限界」であり、且つ「電力需要の高低に依らず、発電するときには発電してしまい、発電しないとき、たとえば夜間は逆立ちしても発電しない」のである。

 「発電量が制御できない」とはそう言う事であり、それは、風力発電でも同じ事だ。

 再三繰り返し、「私の自然エネルギー推進論」でも結論づけた通り、風力や太陽光のような「再生可能エネルギー」は、大容量の畜放電技術の発明・普及までは、発電力の主力たり得ないのである。
 
 それはそれとして、北朝鮮は滅ぼされるべきである。

<注記>

(*1) この定義自体が、夜間は1kwも発電しない太陽光発電に対してナンセンスなのは重々承知だが、「発電所として、電力源として、理想的な発電量は、24時間365日定格発電の発電である」と考え、こう定義する。
 これは、発電法に依らない。風力だろうが太陽光だろうが水力だろうが火力だろうが原発だろうが、「発電所としての理想的な発電は、24時間365日定格発電である」とする考えだ。 

私の原発推進論&自然エネルギー推進論

私の原発推進論&自然エネルギー推進論
① エネルギー政策の目的は、見通せる将来に渡って「電力の安定供給」である。電力を電力需要にあわせた必要充分な電力量を停電させずに安価に安定した電圧で給電する事である。
 
② 現時点においては大容量の電力を蓄電する技術はない。精々が揚水式水力発電の上の方のダムに水として蓄える程度である。また、将来的に大容量蓄電技術が確立普及したとしても、蓄電して取り出す電力には必ず損失が付きまとう。
 
③ 大容量蓄電技術が普及するまで、電力は、必要量に応じて発電し送電しなければならない。
 
④ 必要に応じて発電できる、制御可能な発電力は、火力、原子力、大分落ちて水力である。
 
⑤ 「再生可能な自然エネルギー」太陽光、風力、地熱、潮汐力などは、「態と発電しない」ことしか出来ず、原理的に制御不可能な発電力である。これは、発電コストが如何に安くなろうと変わりようが無い。
 
⑥ 従って、大容量の蓄電技術が普及するまで、「再生可能な自然エネルギー」は発電の主役たり得ない。
 
⑦ 少なくとも大容量の蓄電技術が普及するまで、発電の主役は、火力、原子力、大分落ちて水力である。これに付け加えられるとすれば、バイオマス火力発電ぐらいである。この中で原子力は、制御のレスポンスが鈍い恨みはあるモノの、比較的狭い敷地で大きな発電量を二酸化炭素排出なしで発電できる利点を持つ。また発電コストとしても、「福島原発事故に対する補償や対策を加味して漸く火力に負けるかも知れない」程度であり、水力に対しては依然優位である。
 
⑧ 従って、火力と原子力は共に不可欠な発電方であり、水力以外の「再生可能な自然エネルギー」の発電量は、全体の1割程度とすべきであろう。尚且つ我が国では、水力発電の開発が進んでおり、水力発電の劇的増加は望めない。
 
⑨ 以上から当然ながら、我が国に原発は不可欠である。我が国の現時点での脱原発なぞ、愚挙にして暴挙である。
 
⑩ ドイツやベルギーがお気楽に「脱原発」を実施できるのは、電力が足りなければフランスの原発から電力を輸入できるからである。これら西欧諸国の「脱原発」は、「ナンチャッテ脱原発」と呼ばれるべきであろう。

冷たい計算式シリーズ

① 冷たい計算式・沖縄のメガソーラー、稼働率13% ― オリオン、メガソーラー3カ所10月着工へ  http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/38245438.html

② 冷たい計算式―風力発電1(淡路島)、稼働率2割 修正削除 移動 記事をクリップするクリップ追加   http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/38015463.html

③ 続・冷たい計算式「稼働率約1/7」―メガソーラー:赤磐市に設置 県内立地6件目、8月から稼働へ   http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/37893671.html
④ 冷たい計算式―千葉のメガソーラー第1号始動。但し発電容量1.9MWで予想稼働率13% 修正削除 移動 記事をクリップするクリップ追加   http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/37592041.html
冷たい推算式シリーズ
① 冷たい推算式―北海道厚真町の15MW級メガソーラー  http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/38455357.html
② 冷たい推算式―大分の国内最大出力メガソーラー、稼働率14% http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/38193486.html
③ 冷たい推算式−赤穂市のメガソーラー4.2MW級、可動率8%  http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/38132046.html
④ 続・冷たい推算式―国内最大の巨大洋上風車が運転開始 千葉・銚子沖  http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/37984913.html
⑤ 冷たい推算式―帝人、広島にメガソーラー 7月稼働予定  http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1tiger2stiger/37953248.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事