日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]

それが「問題」とは、恐れ入る。ー【毎日社説】「自民の9条改憲論議 どの条文案も問題がある」の凄まじい「憲法変えちゃあいけない教徒」ぶり

応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/

【毎日社説】自民の9条改憲論議 どの条文案も問題がある
【毎日社説】自民の9条改憲論議 どの条文案も問題がある 
自民党の9条改憲論議 どの条文案も問題がある
毎日新聞2018年3月1日 東京朝刊

【1】 自民党が自衛隊の存在を憲法に明記する9条改正案の検討を進めている。所属議員から集まった条文案から、その方向性がみえてきた。

【2】 この議論はもともと安倍晋三首相が昨年5月、9条1項(戦争放棄)、2項(戦力不保持)の規定を維持して自衛隊を明記する案を提起したことから始まっている。

【3】 自民党憲法改正推進本部が昨年末にまとめた論点整理では、2項を削除して自衛隊を戦力と位置づける案も併記していた。今回集まった条文案は2項維持案の方が多かった。

【4】 ただし、その書きぶりをみると「自衛隊の任務や権限に変更が生じない」という首相の主張を条文化するのがいかに難しいかがわかる。

【5】 9条2項に「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」とあるのに自衛隊が違憲とならないのは、政府が「自衛のための必要最小限度の実力組織は戦力に当たらない」との憲法解釈をとってきたからだ。

【6】 9条3項または9条の2として「自衛のための必要最小限度の実力組織」を保持する規定を新設すれば、政府の憲法解釈を明文化できる。

【7】 しかし、その「最小限度」とは自国のみを守る個別的自衛権の範囲に限られるのか、それとも、同盟国も守る集団的自衛権を含むのか。

【8】 安倍政権は従来の政権が違憲としてきた集団的自衛権の行使を安全保障関連法の制定によって限定的に可能としたばかりだ。時の政権が恣意(しい)的に「最小限度」の解釈を変更できる余地は、憲法に明記しても残る。

【9】 「実力組織」を「自衛隊」と言い換えても、自衛の範囲が定まらない問題は同じく残る。自衛隊の名称を憲法に書くことに対しては、憲法に明記されていない防衛省などの行政組織との不均衡も指摘される。

【10】 「前2項の規定は、自衛権の発動を妨げない」など、自衛権全般の行使を可能とする案も出されたが、論外だろう。これでは9条の縛りが事実上かからなくなる。

【11】 自民党内には、とりあえず自衛隊を明記した後、2項削除へ進む2段階改憲論もくすぶる。本音は9条空文化にあるのではと疑いたくなる。

【12】 憲法に自衛隊を明記する首相の提起を否定するものではない。だが、自民党が検討している条文案はどれも問題があると言わねばならない。

神ならぬ身の人がなす事に、完全完璧なぞあるものか。


であるならば、出てきた自民党9条改憲案に「問題がある」とはいくらでも言えるだろう、と思いながら、上掲毎日社説を読んだ。全部で3つ(と番外編一つ)の「自民党9条改憲文案」について、「問題がある」とする主張だ。論点が整理されているのは良いことだ。良いことなんだが・・・各文案とその「問題点」を以下に抽出する。

文案1「自衛のための必要最小限度の実力組織」保持を憲法に明記した場合【パラグラフ6】

<1>「必要最小限度」の基準が恣意的に変わる可能性がある【パラグラフ7〜8】

文案2「自衛のための必要最小限度の”自衛隊”」保持を憲法に明記した場合【パラグラフ9】

<2>「自衛の範囲」が個別的自衛権のみか、集団的自衛権も含むのかが不明だ【パラグラフ9】

<3>防衛省などは憲法に明記されておらず、自衛隊だけ追記するのは「不均衡」だ【パラグラフ】

文案3「第2項の規定は、自衛権の発動を妨げない」と追記する場合【パラグラフ10】

<4>9条の縛りが事実上かからなくなる【パラグラフ10】

番外
<5>取り敢えず自衛隊を明記した後、2項削除へ進む2段階改憲論もくすぶる【パラグラフ11】

・・・揚げ足取りのイチャモン以外のなんだろうね。

 何しろ<1>の通り、「必要最小限度の」と付けても「恣意的に変わる可能性があると言うのだから、憲法に自衛隊を明記すること一切まかり成らぬ」って主張だ。他に解釈のしようがあろうか。正に「憲法変えちゃぁいけない教徒」の所業。

 <2>も酷いねぇ。長いこと「集団的自衛権は憲法9条違反」とされていたから「味をしめた」のだろうけれど、集団的自衛権は個別的自衛権と同様に「基本的国権の一つ」じゃぁないか。本来「自衛権」言ったら、個別的も集団的もひっくるめての自衛権だろう。従って文案2の「自衛の範囲」は「集団的自衛権を含む」で何ら問題ない。

 <3>ってのは、何だよ。「憲法に明記されていない防衛省などの省庁」の嫉妬かよ。
 「不均衡」と言うならば、自衛隊も自衛権も一切登場しない日本国憲法の現状の方が、よっぽど「不均衡」であろうが。

 <4>こそ、「論外」と評すほかない。「自衛権の発動を妨げる9条」なんぞ、条文ごと削除してしまって構わない。否。削除するべきだ。言い換えれば文案3は、「憲法9条を活かす道」ですらある。

 「自衛権の発動が出来ない」と言うことは、我が国は自衛できないと言うことだ。(これまた、他に解釈のしようがあろうか?)普通に考えれば敗戦で、またぞろ占領されて新たな憲法を強制されることだってあり得る状態・状況。そんな事態を招来する憲法条文なんてのは、「憲法の自滅条項」と言うべきだろう。

 かくも惨憺たる毎日社説の自民党改憲案批判であるが・・・もっとヒドいのが、現時点に至るも毎日新聞はじめとする「憲法変えちゃぁいけない教徒」どもは現行憲法を9条を含めてそのまま変えない方が良い」という根拠・理由を殆どまともに説明していないことである。「憲法9条は壊れていない(*1)」とか「改憲には切迫性がない(*2)」とか言う実に間抜けな「憲法9条擁護論」しかない。

 「変えちゃぁいけない。変えられない。変えない者は救われる。」

 そんな呪文よりマシな、まともな「憲法9条擁護論」を、さっさと示しやぁがれ。

 それはそれとして、北朝鮮は滅ぼされるべきである。

<注記>

(*1) 自衛隊という、世界第6位とも評される「立派な軍隊」が厳然として存在すると言うのに? 

(*2) 「9条改憲に切迫性がある」って状況は、開戦直前か戦争だ。そこから改憲議論始めてたら、まず間に合わない。敗戦確実だ。 


この記事に

閉じる コメント(3)

戦力と交戦権という言葉を削除して国連憲章をベースにした文章に書き換えた方がよい。

2018/3/6(火) 午前 10:19 [ ぬくぬく2 ] 返信する

> ぬくぬく2さん
コメントありがとう御座います。ベター論として同意出来る所です。本来ならば、その案を含めて議論したい所ですが、政治は現実との妥協の産物ですから、自民党改憲案も一案かと。

2018/3/6(火) 午後 0:14 [ ZERO ] 返信する

顔アイコン

本記事が日本ブログ村の人気記事となりました。
日本史14位の、歴史ブログ117位ってのは、微妙な順位ですが。

2018/3/11(日) 午後 2:53 [ ZERO ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事