日出づる処の御国を護り、外国までも率いん心

東日本大震災犠牲者のご冥福を祈ると共に、我が国の復興とさらなる発展を誓います。−護り続ける。護り切るから。

全体表示

[ リスト ]


応援いただけるならば、クリックを⇒ https://www.blogmura.com/

 再三繰り返しているが・・・・

 ① 東京新聞は、脱原発原理主義である

 ② 原理主義というのは、一定の考え方・思想を絶対的真理=原理に祭り上げるある種の思考停止であるから、部外者から見ればキチガイ以外の何物でも無い

 であるならば、【キチガイ丸出し】とも言える下掲社説を東京新聞が掲げるのは、ある意味理の当然だね。

【東京社説】「再生可能エネ 主役に起用するならば」
【東京社説】「再生可能エネ 主役に起用するならば」

2018年4月23日

【】 「再生可能エネルギーを主力化する」−。経済産業省の有識者会議からの提言だ。風力や太陽光を電力の未来を担う主役に据える、というのなら、それなりの舞台と待遇を用意すべきではないか。

【】 風力や太陽光といった再生可能エネルギーを「主力電源」にすると持ち上げる一方で、原発は温暖化対策のための「選択肢」として維持し続ける−。

【】 二〇五〇年のエネルギー政策はどうあるべきかを考える、経済産業省の有識者会議による提言だ。

【】 風力や太陽光は増やしましょう。だが原発に関しても、依存度は小さくするが、なくすわけではないという。相変わらず、どっちつかずと言うしかない。

【】 第一に「主力電源」という位置付けが、よく分からない。

【】 四年前に閣議決定された国の第四次エネルギー基本計画でも、再生可能エネは「有望かつ重要な低炭素の国産エネルギー」と位置付けられて、最大限、導入を加速するとされてきた。

【】 政府は現在、三〇年時点の再生可能エネの比率は、原発とほぼ同じ、22〜24%と決めている。

【】 “先進国”と言われるドイツは、五〇年までに消費電力の少なくとも80%を再生可能エネルギーで賄う目標を掲げている。

【】 そのために、太陽光と風力を最優先で利用してもらい、足らない分を揚水発電やバイオマス発電などで補うよう、電力の供給体制も変えてきた。

【】 「主力電源」とうたうからには、少なくとも現行を大幅に上回る導入の数値目標、そして、基幹送電線への優先接続など給電システムの改革案を具体的に明示すべきなのである。

【】 送電網の拡充などに時間と費用がかかるという意見もある。

【】 しかし、3・11を経験し、原発の新増設は、もう不可能と言っていい。老朽化していく原発に膨大な費用を投じて安全対策を施しながら、あと三十年、恐る恐る使い続けていくよりは、はるかに安上がりかつ合理的ではあるまいか。

【】 原発維持は、温室効果ガスの排出をなくしていくためだという。しかし、原発の燃料であるウランの採掘などの過程で、かなりの二酸化炭素(CO2)が排出されるという指摘もある。

【】 再生可能エネ普及の加速こそ、脱炭素化の王道でもあり、世界の主流なのである。「脱炭素化のため」と言われても、原発維持の口実にしか聞こえない。

   

夜間は1Wも発電しない太陽光如きが、「主力電源」とは、片腹痛いわ

 それ即ち、「主力電源と持ち上げているだけ」で「主役に起用する気は無い」のだろう。

 当たり前である。理の当然である。

 再三繰り返し、「私の自然エネルギー推進論」でも論じた通り、太陽光や風力の様な「発電量が制御できない不安定電源」を「主力電源=主役に起用」するためには、「大容量高効率な蓄放電技術」の開発と普及が不可欠で、尚且つそんな超技術は「未だコンセプトさえ確立していない」のだから、太陽光も、風力も、「主役に起用=主力電源とする」訳にはいかない。

 諄いようだが繰り返すと、「大容量高効率な蓄放電技術の開発と普及」が完了するまで、太陽光や風力は、少なくとも一面「電力供給の不安定要因」なのである。これは、太陽光や風力が抱える根源的な問題である。

 と言うのに・・・・・・

1> 「主力電源」とうたうからには、
2> 少なくとも現行を大幅に上回る導入の数値目標、
3> そして、基幹電線への優先接続など給電システムの改革案を具体的に提示すべきなのである。

・・・「主力電源」と称されたからって、図に乗ってやぁがる。

 大体、現行を大幅に上回る導入の数値目標」を掲げねばならなかったり、「基幹電線への優先接続」なんて優遇処置を必要とするような電力が「主力電源」な訳が無かろうが。
 
 これだから、原理主義ってのは端から見ればキチガイなんだよ。

 それにしても、北朝鮮は滅ぼされるべきである。
.

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事