ゴレパニ&プーンヒルトレッキング

ネパール旅行でヒマラヤトレッキングに行ってきました〜!!!
トレッキング5日目。この日でトレッキングは終わり。なんだか名残惜しいけど、結構疲れたからちょうど良いのかもしれないなぁ。「もう十分!」ていうよりも、「ちょっと足りない!」っていうほうが幸せだよね。だって、また次に来るモチベーションになるじゃない???
 
この日はガンドルンからナヤプルまで歩いて、そこからは車で移動の予定。ガンドルンからナヤプルまでは、森の中を進みます。下り坂が多いから、結構楽しく歩けたかな。途中から、初日に歩いた道に合流。
「あ〜!!!ここ歩いたよね!!!」
ってなんか4日前のことなのに、彼氏と懐かしいなんて話してた。この5日間が濃密過ぎて、すでに懐かしく感じてるんだよね〜。
 
ナヤプルには、ゲストハウスからの車が迎えに来てくれてました。なんか、下界に下りてきた感覚。別に天空に行っていたわけじゃないのにね。ゴレパニでこんな風に感じるんだから、もっと標高の高い場所まで行っている人はどんな風に感じるんだろう???
 
ポカラに戻ってくると、ちょっとホッとしている自分がいた。なんか、あまりにもいつもと違う環境にいたからかもしれないなぁ。やっぱり私にはネット環境が整っていて、電気も水道設備もしっかりあって、快適で、食べ物も美味しくて、買い物も楽しめて、そんな環境があってるんだなぁ。もちろん、今回みたいに旅行で行くのは大好きだけどね。長期間行くとなると、話は別。
 
我が儘な日本人だけど、これに関しては彼氏と同意見。彼氏はもう少し適応能力高そうだけど。でも、やっぱり便利で綺麗な日本が好きなんだよね。

この記事に

この日は、タダパニからガンドルンまでトレッキングです。
 
タダパニからは、鬱蒼としたちょっと暗い森の中を歩いていく。ガイドさんによると、昔は山賊とかがこの辺りに出ていたんだって。彼氏と「絶対に一人で歩きたくないよね〜。」と話した。私は、彼氏と二人でも歩きたくないなぁ。ガイドさんがいてくれるから安心だし。別に、彼氏を信用してないわけでは決してなくて、やっぱり現地の信頼できる人がいるのは心強い。ネパール語がわからないと、困ることもたくさんあるだろうし。
 
なんか、山賊っていうのも久しぶりに聞いた言葉だなぁ。でも、なんかネパールにはぴったりかも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。別に、今まで怖い思いをしたことはないけれど。
 
その森の中を歩いていくと、ガサっと木々が揺れる音がした。ビックリして、音のほうを見ると、猿だった〜(´・ω・`)。山賊の話をさっきまでしてたから、超びっくりしたよ〜。彼氏も「ウワ!」だって。結構ヘタレなのかも、私の彼氏。まぁ、良いんだけどさ。
 
この日はガンドルンで宿泊。もう少し歩いたランドルンっていう村(名前が似てる・・・)でも良いんだけど、ガンドルンのほうが綺麗なんだって。グルン族最大の村だそうだ。そんなガイドさんはグルン族。だから、自分の民族の村に待って欲しかったのかもね。
 
確かに、ガンドルンは綺麗だった。緑も豊かでヒマラヤも遠望できる。のどかで美しい村。こういう村でゆっくり1週間くらい過ごしてみたいなぁと思ったけど、実際に1週間いると暇で暇で仕方ないのかなぁ。文庫本とノートPCを持ってくればいいかなぁ。でも、PCを持ってくると日本と変わらないか。本と音楽があれば、良いかも!

この記事に

プーンヒルで彼氏と大感動した後は、来た道を戻ってゴレパニのロッジへ帰った。明るくなった道を下ると、「あれ?こんなに急な山道を歩いてきたのか?」と思うほどだった。暗いとイマイチ傾斜もわからないし、周りも見えないから、ただ必死に目の前の登り坂を歩いていくって感じだったから。これは、意外に見えないほうが楽に登れるのかもしれないという大発見だm9( ゚Д゚) ドーン! 視覚って大事だけど、見えなくて良いこともたまにはあるらしい。
 
ゴレパニでは、ゆっくり朝ごはんタイム♪日の出前から動くなんて、日本の生活ではありえない。でも、その分朝ごはんを美味しく食べられる♪今日の朝食は、パンケーキ。彼氏はチベタンブレッド。どっちも美味しい〜♪これにミルクティ、最高の組み合わせでしょう。こんなにミルクティを飲むなんて、生まれて初めてだわ。
 
お腹も満たされて、タダパニへ出発!ゴレパニからは、いきなり森の中に入っていく。ゴレパニからはキレイにヒマラヤ山脈が見えていたのに、森に入ると全然見えなくなって、ちょっと悲しい・・・。でも、一時間くらい歩くと、キレイに見える場所に到着!やっぱりヒマラヤを見ると、パワーをもらえる。ヒマラヤって、すごいパワースポットなんだと思う。今は、アメリカのセドナが有名だけど、絶対ヒマラヤのほうがパワーは上だよ!!!私、セドナ行ったことないけど。でも、でも!そう思う!!!
 
タダパニへは最後の登り坂が異常に辛かった〜。今日は、あんまり標高差もないから、楽なトレッキングかと思ってたのに、意外に厳しかった。上ったり下ったりが繰り返し。もったいない。でも、タダパニからはきれいにマチャプチャレが見えるから、元気回復!!!
 
さぁ、トレッキングも実質あと2日。なんか名残惜しいけど、疲れも出てきたからちょうど良いかもね。

この記事に

ネパール旅行 (9)

この日は、超早起き。日の出前に暗い中ごそごそと起き出して、簡単な身支度を済ませ、トレッキングウェアを着て、貴重品と懐中電灯を持って、ダイニングルームへと降りていった。
 
まだまだ真っ暗な中、外に出る。今から、日の出を見るために、プーンヒルへ登るんだ〜。プーンヒルからの日の出は本当に綺麗らしいから、楽しみ゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
 
ネパールの山の中はもちろん街灯なんてないから、懐中電灯の光を頼りに歩いていく。上り坂を歩くこと1時間で、プーンヒルに到着した。少しずつ明るくなってきたけど、日の出までにはまだまだ時間がかかりそう。寒くて暗い中、太陽が顔を出すのをひたすら待つ。やがて、うっすらと東の空がオレンジ色に染まってきた。もうこの時点で、かなり綺麗。空のグラデーションが本当に綺麗。ヒマラヤ山脈も徐々に見え始めた。もうなんかうまく表現できないけど、すっごいエンターテイメントショーを見せてくれたような気がする。自然って本当にすごい。空が明るくなるにつれて、暗い空に隠れていたダウラギリやマチャプチャレなどが姿を現して、それが本当に幻想的。刻一刻と空の色が変化していくのが、本当に不思議だった。自然の素晴らしさを本当に感じた。自然ってすごいm9( ゚Д゚) ドーン!
 
日の出ショーが終わった後は、プーンヒルにある茶屋でミルクティーを飲んで冷えた体を温めた。やっぱり寒い時にはミルクティーだな!明るくなってからわかったんだけど、プーンヒルにある展望台がとってもショボイ。さすが、ネパール(´・ω・`)もうちょっと良いものを作ればよいのに、と思ったが、車も走れない場所だから、材料を運ぶだけでもたいへんだし、これが良いのかもしれないな。

この記事に

ネパール旅行 (8)

今日は、このトレッキングの目的地ゴレパニという村を目指しますよ〜!!!ガイドさんいわく「今日は、階段がハード」ということで、彼に荷物を多めに持ってもらって、荷物を軽めにしてトレッキングスタート!
 
ティルケドゥンガからすぐのところに吊橋があって、それを渡ると早くも階段・・・。階段といっても、もちろん石のボコボコ階段ね。これがずっと続くそうで、ガイドさんが2時間くらいかなって言ってた。2時間も階段登り続けるの〜???と早くもゲッソリだよ。でも、ヒマラヤに会うためには一歩一歩登るしかないし。登り始めると、すぐに息がハァハァしてくる。昨日の楽勝ムードとは大違いだよ。彼に荷物を多めに持ってもらってよかった〜。それじゃなくても、きついからね。昨日と同じ重さの荷物を持っては、登れないよきっと。途中で休みながら、ゆっくりゆっくり登っていく。途中で、ヒマラヤ見えた〜!!!!!ここで、ちょっと元気になる。ガイドさんは、「ゴレパニ着けば、もっとすごいよ」って言ってたから、これは頑張ってゴレパニに行くしかない!!!とちょっと根性を見せてみようと思った。
 
・・・それなのに、意外にも早めにウレリという村につき、「階段終了!!!」となりました。根性見せるまでも無かったみたい。あぁ〜良かった!!!ここからの道は、ある程度楽らしいので、ホッとしました。それにしても、ウレリで飲んだお茶が美味しいのなんの!!!日本では紅茶にお砂糖入れないけど、ネパールでは甘い紅茶も美味しいと思い直したよ。もちろん、日本に帰ったらノーシュガーだろうけどね。
 
ウレリからは、ちょっと薄暗い森の中を歩いて、午後2時半ごろ目的地ゴレパニに到着。ゴレパニに着いた途端、視界が開けて、一気にヒマラヤ山脈が見えた。しかもかなり近い!!!マチャプチャレやダウラギリ、アンナプルナもキレイに見える。このブログが言っていたとおりだ。すごい!ここまで来て良かったなぁ。ロッジに荷物を置いて、彼と2人でカメラを持って、外に出た。最初は、キャッキャしながらテンション高く写真を取りまくってたけど、その後はボーっとしながら、時折シャッターを押して、ネパールに来たことを実感した。これが見たくて、ネパールに来たんだよね、私たち。ヒマラヤトレッキング、最高だ!!!外は、ちょっと寒いけど暖かくして出てきたから、大丈夫。ただひたすらボーっと眺めていました。途中お茶を飲んだりして、贅沢な時間だったなぁ〜。ポカラなんかよりもずっと近くでヒマラヤを見れるよ。信じられないくらいキレイ。神々しいというか、神様がいる山だなぁって。
 
だんだん空がオレンジ色に変わってきて、サンセットの時間。ヒマラヤ山脈がオレンジ色から赤に染まっていく様子は、言葉もないくらい幻想的。この景色は、きっと永遠に忘れられないと思う。ネパールに来て、トレッキングに来て本当に良かった。
 
 

この記事に

開く コメント(1)

ネパール旅行 (7)

今日からいよいよトレッキングスタートだよ〜!!!憧れのヒマラヤトレッキングinネパールだ!!!まさか、本当にネパール旅行&トレッキングが実現するなんて思わなかった・・・。彼に感謝だね。
 
朝起きて、ホテルで朝ごはんを食べてから、タクシーでナヤプルというところまで移動。相変わらずずっとクネクネ山道を走るから、「ネパールって山ばっかりだな」って彼がつぶやいてた。1時間半くらいで、ナヤプルというところに到着。もちろん周りは山だらけ。ネパールの山=ヒマラヤって思いがちだけど、この辺は普通に森がいっぱいって感じで緑が多かったよ。ナヤプルは標高1000mくらいらしいので、まだまだ亜熱帯って感じだね。ここから歩いて本当にヒマラヤが見えるのか疑問だけど、行くしかない!!!
 
ナヤプルから歩き出すと、段々畑が両サイドに広がっていた。とってもキレイ光景。山の中に田んぼや畑を作ろうとすると、どうしても段々畑にするしかないんだろうなぁ。それにしても、これを作るのはかなりの労力が必要だろうなぁ・・・。ガイドさんに「これ、何を作っているの?」と聞くと、「アワと麦」だって!「アワと麦」って聞くとビールを連想してしまうけど、「アワ=粟」!粟なんて、江戸時代とかに食べられてた印象だよ〜!この21世紀にも食べるんだなぁ〜。粟って食べたことないけど、美味しいのかな?ガイドさんは「美味しいよ」って言ってたけど。ちょっと興味あり。
 
ナヤプルから歩いて1時間半くらいで、ご飯タイム。あんまりアップダウンも多くないから、それほどきつくもないし、良い感じ。これからが、きつくなるのかなぁ。ランチタイムの後、またもや1時間半くらい歩いて、ティルケドゥンガという村に到着!!!今日は、ここに宿泊するよ。ティルケドゥンガは1577mだから、今日は500mくらい登ったみたい。ここからは、ヒマラヤは見えないけど、景色のきれいなところ。そして、ロッジの部屋はとっても簡素。簡単なベッドが二つボンって置いてあるだけ。でも、山の中のトレッキング中は贅沢は言えないよね。たまには、こんなところも良いもんだ♪
 
ロッジの人も、親切で温かい感じ。押し付けがましい親切じゃないから、ホッとできるし。夕食はダルバート!美味しかったよ。夜は冷え込むから、ずっとキッチンにお邪魔してた。この辺りは、カマドで調理するから、焚き火が暖かくて。調理の邪魔だろうなぁと思いつつも、「ここにいて良いよ」って言ってくれるから、ついつい甘えちゃった。

この記事に

開く コメント(1)

ネパール旅行 (6)

この日からいよいよ、トレッキングツアー開始。といっても、今日はポカラへ移動するだけだから、本格的に始まるのは明日からなんだけどね。5時半に起きて、荷物をまとめて、彼を起こして、6時半にロビーへ。ガイドさんがもう待っててくれました。
 
その後、3人でツーリストバス乗り場へ向かった。こんなに朝早く起きて外を歩くのはかなり久しぶりな気がする。ネパールの朝は、爽やかな朝でした。バス乗り場は、タメル地区から5分くらい歩いたところ。ズラッとバスが並んでいて、荷物を持った旅行客&水や果物を売る人がいっぱいいた!私達もお水とバナナを買って、バスへ乗り込んだ。思ったよりボコボコなバスじゃなくて、ホッとした。ツーリストバスだからかなぁ。彼と窓側の席を取り合いになったけど、無事私が獲得♪
 
カトマンズから郊外に行くと、どんどん景色が変わって面白い。でも、なんか日本の朝よりゆっくりしてる気がする。立ち話してるおばさん、おじさんが多いし。途中、ヒマラヤ見えたよ〜。彼と、「おぉ〜!!!」って言いながら、窓にへばりついて見てしまった。だって、カトマンズからは見えなかったから、初ヒマラヤだったし。ちょっと感動してしまった!!!
 
途中のサービスエリアみたいなところで、休憩。軽くご飯を食べて、またバスに乗り込む。約7時間後、バスは無事ポカラに到着した。ホテルの客引きがバス乗り場にウヨウヨいたけど、ガイドさんに着いて行って、タクシーに乗り込み、私たちのホテルへ。ホテルっていうよりゲストハウスだけど、結構キレイだし全然OK。
 
チェックインの後は、ポカラの町をブラブラ。トレッキング用品店とお土産屋さんが多いのは、タメルと一緒だけど、ずいぶんゆっくりしている印象。湖が近くにあるからかなぁ。ここにゆっくり滞在するのも良いと思ったよ♪そう!そして、ポカラからはヒマラヤがキレイに見えたんだ!!!マチャプチャレ、キレイ!!!ホテルの屋上ででお茶を飲みながら、ゆっくりヒマラヤ山脈を眺めるなんて、最高の贅沢だと思う。それを彼と2人でできるなんて、幸せだ〜♪♪♪
 
明日からは、いよいよトレッキング開始だよ!!!楽しみだなぁ〜♪待っててね、ヒマラヤ!!!

この記事に

開く コメント(0)

ネパール旅行 (5)

ダルバートを食べた後は、ダルバール広場へ。ここは、タメル地区から15分くらいで着くところ。ヒンドゥー教寺院と旧王宮がある広場。スワヤンブナートもダルバール広場も、世界遺産に登録されているんだって♪
 
ダルバール広場は、全体的に茶色い。けど、建物の細工が細かくて、とってもキレイ。あと、地元のネパール人の憩いの場所って言う感じ。世界遺産っていうと、かしこまった感じがするんだけど、ここは地元の人の生活の場所って言う雰囲気がして、私は好きだなぁ。彼とお寺の縁側みたいな所に座って、ボーっとしてた。なんか、ゆっくり時が過ぎるというかセカセカしてないから良いね。こんなゆっくりな旅行が私は好きだ。ネパールは、ゴミゴミしてるんだけど、ゆっくり時間が流れているんだよね。
 
ダルバール広場からまたタメルへ戻り、ちょっとお土産屋さんを覗いて、旅行会社のオフィスでガイドさんに会って、夕ご飯を食べてホテルに戻った。ホテルに戻ったら、ちょうど停電時間中だったみたいで、少し薄暗くはあるけど、言われなければ「停電中」ってわからないかも。毎日10時間停電って、ネパールの人はたいへんだなぁ〜。私、日本人で良かった〜。これは、彼と完全意見が一致したこと。やっぱり便利な生活に慣れちゃうと、もう戻れないよねぇ。
 
明日は6時半にガイドさんがこのホテルに迎えに来てくれることになっているの。ガイドさんは英語がペラペラ、日本語も話せる人。35歳くらいの人かなぁ。陽気で笑顔が素敵なネパール人でした。明日から、彼とガイドさんと3人でトレッキング。楽しみだなぁ。早くヒマラヤ山脈が見たいよぉ〜。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事