全体表示

[ リスト ]

2km ランニングと言うか?
イメージ 1


たくさん橋が架かってます。
イメージ 2


血圧計を 買わねば、、
イメージ 3



なんと、、 閉店です。。

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩3分。
浅草オレンジ通り沿いのダッチコーヒーをいち早く取り入れた喫茶店です。
昭和21年(1946年)創業の当店。
当時では珍しいヨーロッパ風の山小屋をイメージした外観に、
教会を思わせるクラシカルで温かみある落ち着いた店内。
そんな昭和の雰囲気を漂わせる喫茶「アンヂェラス」は70年以上に渡り、
作家の池波正太郎先生や手塚治虫先生、
3世代に渡って通ってくださる浅草の常連様など、
多くのみなさまにご利用いただいております。
当店のモットーは敢えて新しいことをせずに、今のこのお店を守り続けていくこと。
昭和のレトロな気分を感じたくなった時には是非。
浅草の喫茶「アンヂェラス」でお過ごしください。

そんなアンジェラスですが、店舗が老朽化したので 閉店です。
イメージ 4
池波氏もよくここで 水ドリップコーヒーを呑んでいたな、、

そんな17日(日) 閉店の日に並んで入店した人の コメント、

3月17日18時・閉店 浅草オレンジ通りの喫茶店
         

マイレビュアーさまが紹介していた喫茶店に行きました。

雷門の西に位置し、
隅田川に架かる吾妻橋から雷門通りを「浅草一丁目」信号を、
右折し、浅草公会堂に向かう途中にあります。
前面道路は浅草オレンジ通りと呼ばれます。

個人的には、10数年前に出張帰りに行って
お茶したことがあります。
そうでなくとも、ミレニアムより前に、
「浅草うまいもの会・32の加盟店(当時)」提供の
ラジオ番組で、こちらのCMが流れていて、知ってました。

そんな、私でも知っている喫茶店の老舗が、
建物の老朽化などにより、
70数年の幕を閉じようとしています。

なので、ミーハー的ではありますが、来店しました。

【来店時系列】
休日です。
9 : 20 すでに6人並んでいる(開店11時)
10 : 00ごろから並ぶ(前には80人くらい)
11 : 30 入店

こんな感じです。

注文は、ケーキ、ドリンク含めて全部で3点まで。
だから回転は、わりかしですが早いです。

今回の注文は、
・フルーツパフェ 930
・サバリン(サヴァラン)380
・ミルクティー 680
すべて税込です。

印象的だったのは、サバリン。
もうラム酒入りのシロップがひたひたしてて。
サヴァランって、そういうものだけど、
特にすごかったです。美味しかったー。

自分が知っているお店が閉店がするのは寂しいです。
さよなら、昭和。
平成もあと少しだけど。


閉じる コメント(2)

顔アイコン

そうでしたか。アンジェラスがなくなったか。あのチョコレートケーキももう味わえないのか。時代に取り残されたような、かたくなに昭和中期を守ったフィロソフィー。意固地の塊のような店だった。平成も終わり、ますます昭和は遠くなりにけり。 削除

2019/3/24(日) 午前 0:33 [ aha ] 返信する

顔アイコン

AHAさん:驚きました。私は結局、入った事は有りませんが、昭和の匂いがするキャフェでした。

2019/3/25(月) 午前 8:46 [ 逗子のAスコッ虎 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事