自転車と虎な日々

チャリたちと虎に狂った飽食サラリーマンの週末ブログ

自転車

[ リスト | 詳細 ]

主としてBD-1について書きます
記事検索
検索

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久しぶりの投稿です。
扉も更新しなくなってしまい死んだんじゃないかと心配されている方もいるかもしれませんがしぶとく生きております。いろいろ忙しくてね・・・

さて、今回は自転車ネタ、ライト(前照灯)についてです。
前に紹介したことがあったかもしれませんが、私はずっとAKSLENのコブラってやつを使ってきました。
これ↓が乾電池仕様で低価格で手に入るものとしては最強だと思ってましたので、、
イメージ 1
1500cdという乾電池2本にしては強力なパワーと、内蔵昇圧回路による電池消耗時も明るさが減らないというところが魅力。ただ、ハイモードでないとこの明るさは出ないしその時は電池の消耗が激しいのでローモードで日常使いするとかなり暗い。
通勤で真っ暗な道を走ることもありますし、歳を取ってきて目の感度が落ちてきている今では、少々心もとない照明になってきていました。

で、この際、多少値段が張ってでも流行りのUSB充電でかなり明るめのモノを買おうじゃないか、ということにしました。

で、いろいろ悩んだ結果選んだのがこいつです。
イメージ 2
CATEYEのVOLT800ってやつ、ついでに交換用の電池も買いました。
800ルーメン、カンデラ換算だと7000cdくらいでしょうか、めっちゃ明るいです。
これならローモードでも200ルーメンなので、今までのハイモードよりも明るい。
ただ、ルーメンとかカンデラとか言っても光源側の明るさの単位なので、レンズの特性や設置条件で見え方は大いに変わる。そこで、実機で見た目の比較をしてみました。

まずは、AKSLENコブラから
イメージ 6
ハイモード1500cd
イメージ 7
ローモード550cd

正直言って、写真で見るとハイ/ローに大きな差は感じられません。カメラの感度の問題があって、ローでは暗すぎてまともにフォーカスできていないというのが影響しているかもしれません。

そして今回のVOLT800
イメージ 3
ハイモード、800ルーメン
イメージ 4
ミドル、400ルーメン
イメージ 5
ロー、200ルーメン

明るさの違いは感じてもらえましたかね?
体感的にはVOLTのほうが柔らかく広い範囲を照らしていて、AKSLENは中央が明るいけどそこだけという感じです。AKSLENは乾電池という電源の弱さをカバーするためのレンズ設計だとは思うのですが、危なさを感じる理由もその辺にありそうです。
VOLTだと通常はローで十分、暗いところでミドルあるいはハイを使うという感じです。あとこのモデルの場合、ハイパーコンスタントというモードがあって、通常ローにハイレベルの点滅が加わるモードがあります。これはかなり使いやすそうなのでしばらくはこれで使ってみようかと思っています。

ただ一つ注意点、柔らかな広がりを持つレンズ設計なので、上方向にも広がっています。このため対向車に対してかなりまぶしい状況が起きます。このために今までよりもかなり下を向けて設置せざるをえず、遠くを照らせていないので、強力な光源のメリットは高速走行時にはあまり得られないかもしれません。

まあ、ライトに頼らなきゃいけないような暗がりで高速走行するなって話ですかね。だったら暗いのでいいじゃん、、、書いているうちに虚しさを感じてきた、、

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

平塚七福神巡り

ちょっと前の話になるのですが、ふらりと立ち寄った平塚八幡宮さんでこんなご朱印をいただきました。
イメージ 1
弁天様、、聞くと平塚にも七福神がいらっしゃって、七福神めぐりが歩きでできると、、まあ私の場合は自転車ですが試しに廻ってみようと思ってました。
で、約1か月後にめぐってきましたのでご報告など、、
七福神の順番の決まり事など全くわからないので回った順番に、、まずは寿老人様
イメージ 2
長楽寺さんというお寺さんです。
朝も早かったので、これから廻られるんですかぁ、ご苦労様です〜と声をかけていただきました。
そして次は福禄寿様
イメージ 3
善性寺さんというお寺です。
庫裏のほうで声をかけてみたらまだ準備はできていなかったようですが快く書いていただけました。
そして次は恵比寿様
イメージ 4
三嶋神社さんです。
けっこう大きな神社ですね。
次は少し走って大黒天様
イメージ 5
妙安寺さんですが、少し迷いました。ナビがね、、変なところ指すんだもん、、
こちらでもお客様がいらしていて忙しそうでしたが、お弟子様が書いてくれました。
そして次は毘沙門天様
イメージ 6
春日神社さんです。神社のはずれに毘沙門天様が鎮座していました。
七福神の中では一番好きな神様です。
そして、、布袋様
イメージ 7
蓮光寺さんです。場所的には一番駅から離れてるかな?
残念ながら法事が入ってて書置きに日付のみ書き足した紙をいただけただけでした。私のご朱印帳は小さいサイズなのですが紙が大きくちゃんと入ってません。いずれ再訪してちゃんともらいたいと思います。

自転車で廻るとアッという間です。距離的には歩きで散歩がてら回るのがお勧めかも。
小さなお寺さんが多いですがみんな味があります。



お時間があればぽちっとお願いします。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

棚ボタで日月潭走

実は先々週台湾に出張で行ってましてね、土曜日の6/25の朝便で帰ってくる予定だったんです。
と・こ・ろ・が・・
金曜日にはすでにストライキの情報が入ってて、仕事に身が入らない状態だったのですが、金曜日の夜にスト回避というニュースを見て安心して眠ったのです。しかしながら、土曜日の朝目を覚ましてチャイナエアのHPを見てびっくり、なんとフライトキャンセル、、慌てて空港に手続きに向かいました。
チャイナエアなら代替便の手配ができるかと思ったのですが、前日のストライキに影響もありまったく手配できない。通常の手配だと火曜のフライトになると、、それでは月曜日の会議に間に合わないと交渉し、月曜早朝便で成田行きを確保しました。
つくづく思ったのですが、そういう交渉を英語でできるようになったってのは成長したんだなと、、

おかげで2日間の空き時間ができちゃいました。その間にかかる費用はチャイナエアが持ってくれるようだし、、それならば予てから行きたかった日月潭に行ってやろうと、、すべての手続きが終わった昼ごろからエクスペディアで宿を予約、その足で日月潭に向かいました。

台北から日月潭までは台湾新幹線で台北-台中、そこから路線バスに乗ります。
台湾での移動は慣れたものなので、たいした苦労はしません。予約したホテルに電話して行き方を聞いて向かいます。しかし結構時間はかかります。台北からだとおよそ3時間かな、、路線バスが2時間近くかかりますので、、
おかげでこの日は移動で精いっぱいです。
ようやく到着し、ホテルにチェックイン、、
イメージ 1
ホテルは日月潭儷山林會館というところで、全館ヒノキ造りのリゾートホテルです。
仕事の出張では絶対泊まらないホテルですよね。
プールとか食堂もこんなの
イメージ 2
贅沢〜でもエクスペディアの当日割りだったのでそんなには高くないです。だいたい2万円くらい。
ホテルに入ったのは3時過ぎで、様子がわからなかったのでその日は休むことにしました。
一休みして夕日を見ながらビールでも飲もうと宿を出たら大変なスコール、、慌てて近くにあった店に飛び込んじゃいました。
イメージ 3
山羊肉炒山芹、山羊肉は思ったよりも臭みはない。山芹?は少しくさいかな。
でも思ったより美味しくてビールによく合う。
イメージ 4
刺葱豆腐、まあ普通に冷奴ですわ。醤油が少し甘めですが普通に食べられました。
ビール主体の晩飯を終えて、、ゆっくり休みました。

翌日はホテルチェックアウトが11時半(普通は11時だけど交渉してのばしてもらった)だったので、日月潭を一周して帰ってくる時間を計算して8時前に出ることにしてました。ここで気が付いたことが一つ、その時間だと街にある貸自転車屋さんがまだ開いてない、、これはまずい、、でホテルに聞くとホテルの貸しているのがあると、、助かりました。皆さんはご注意のほどを、、

朝の日月潭は美しいです。
イメージ 5
鏡のような湖面、透き通るような青空。さすがの絶景です。
日月潭一周はおよそ35㎞、自分の自転車であれば多少の坂があっても楽勝の距離ですが、、なにせホテルで借りたのはギアがついているとはいえママチャリです。
イメージ 6
驚くほど重たい、、
HPなどで紹介されているサイクリングロードは気持ちの良い湖面近くの道ばかりでしたが、コース内は階段も含む坂が多いコースで、しかもまだ工事中も多くいきなりコースがなくなって階段を担いで上がらされるなんてことも、、道路を一面猿が塞いでてなんてこともありました。
それでも随所にこういう景色のいいところはあって、、
イメージ 7
相当楽しめます。これでコース全部の工事が終わったら世界有数のきれいなサイクリングロードになることでしょう。ちょっと不便ですが、、
出がけにホテルで水のペットボトルを持つのを忘れてしまって、脱水症状から倒れそうになりましたが自販機に救われたりもありつつ、ホテルに帰ったのは10時半ごろ、およそ2時間半で35㎞を走破しました。坂有、ママチャリなら上出来でしょう。
その後シャワーを浴びて、バス新幹線を乗り継いで桃園空港に着いたのは夕方でした。そのまま夜中まで待って飛行機に乗って帰ってきたのですが、、大変だったけど棚ボタで楽しめる一日だったと言えますね。

皆さんも日月潭チャンスがあれば行ってみてください。
結構楽しめます。まだ日本人が多くなくてローカル色がいっぱいなことも楽しめる要因かもね。

ではでは、、
そうそう、、チャイナとはまだ金額面で交渉中。当日予約で安く上げておいて正解でした。



お時間があればぽっちりお願いします、

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

毎年GWになると少し遠出をして走りに行くのですが、今年は出雲路に行ってきました。
なんせ史上最大の10連休ですので、まだ半分にも満たないのですが帰ってきたので報告します。
ちょっと長いので、時間のある時にごらんください。

29日朝から出かけて、新幹線(新大阪乗換)〜特急やくもを乗り継いで、松江に着いたのは3時過ぎです。
いやあ、、遠い、、何分大荷物なので乗り継ぎが多いと移動が大変です。

まずはこの旅最大の目的、松江城に向かいます。駅からは自転車なら本当にすぐの距離。
ドドーン!
イメージ 1
一昨年の夏に松本城を訪れて、国宝級の天守閣に魅了され、全国にあるすべての国宝天守閣を見てみたい、と廻り始めました。本当は昨秋の旅行で全部回るはずだったのですが、4つだった国宝が昨年5つになってて、1つだけ残っちゃってたんです。それがこの松江城!
松本城、彦根城、姫路城、犬山城(私の訪問順)につづいて、ついにコンプでございます。
想像してたよりも大きく存在感のある見た目です。姫路城などのような派手さはないですが、質実剛健?お城とはこうあるべし、と言っているようです。うん、いいぞ、

この日はお城だけにしてホテルに入ろうかと思っていたのですが、天気がすごくいいのできれいだという夕日も見に行きました。松江の町のはずれから見ることができます。
イメージ 2
これはねぇ、、周りに人がいなければ涙が出てくるくらいきれいでした。名所だけあって人がいっぱいだったのでそんなこともなかったですが、、とにかくすごい夕日です。
少なくとも私が見た夕日の中では一二を争う夕日でしたよ。本当におすすめ!

さて、翌日は朝から走ります。
松江の街から西へ…宍道湖の北側を西へ向かって出雲大社を目指します。
ところがこの日は強風注意報が発令されているほどの強い西風で、、たったの40㎞が果てしなく遠く感じました。
ようやく到着し、自転車をとめて珍しいという下りの参道を通り、見えてきたのは、、
イメージ 3
まずは拝殿です。これが本堂かと思ったのですが本堂はこの裏手にあります。ただ、中には入れないのでこちらのほうが見栄えがするので、、
なんというのかな、伊勢神宮とは違ってうっそうとした森がないせいか神々しさは感じません。今が神有月じゃないから?ということもないのでしょうけど、、GWで観光客がすごく多いってのも理由の一つかな。ずっとざわついてる、、
そしてさらに勘違いを呼ぶらしい、
イメージ 4
こちらは神楽殿。
日本最大級という注連縄があって迫力満点。

ということで初参拝となった出雲大社を出ると、次の目的一畑電車です。
これも今回ここを訪ねようと決めた理由の一つ、田園を走るこの電車がいい味出してて、しかも自転車をたたまずに乗せられるってことで、サイクリストとしては一度乗ってみなきゃでしょ、ということ。
でも、宍道湖一周は達成したいので、途中の雲州平田という駅までにしました。この電車が結構高い、、20分ほどで乗車券が510円、自転車持ち込み券が310円(全線共通1回)、、ん〜〜
イメージ 5
小っちゃくてかわいい、、中は観光客がいっぱいです。
せっかく来たんだし、高くても乗らなきゃね。ということで、、
イメージ 6
中にゴムがぶら下がってる場所があってね、それにくくりつける感じです。
雲州平田からは、宍道湖の南岸を追い風に乗って一気に帰りました。いやぁ、帰りは楽だったわ、、
ちなみに地図、、
イメージ 12
ちゃんと宍道湖一周してるでしょ

で、昨日3日目です。この日は境港に行こうと、、朝の天気予報では相変わらずの強風注意報、、ということは帰りがつらい、、まあ、雨が降らないいい天気だってことだけでも良しとしなきゃ、、と自分に言い聞かせながら追い風に乗って米子まで、そこから境港までは横風でした。道路の左端を走る自転車としては左からの強風はそれはそれで恐怖です。
境港を目指して理由は、、
イメージ 7
水木先生です。一度は漫画にはまった私としては尊敬する偉大な先生の一人。
水木しげるロード、、漫画家の名前がついている道なんてほかにあるんだろうか、、
追い風で早く着いたのでゆっくりとそれぞれの妖怪たちを堪能できました。
イメージ 8
猫娘、、これなんて水木先生の作風が出ててなかなか好き。

で、最後の目的地に向かいます。
ベタ踏み坂って知ってます?ちょっと前にダイハツのCMで話題になったやつです。
あの坂(橋)がここにあるってわけ、、江島大橋という橋がそれ、境港から大根島のほうに向かう道にあります。
境港側からは5.1%だそうで、私の足でも行けるかな?という感じだったので行ってみました。
写真は走り終えた後の松江川からのもの、、こっちは6%だそう、、
イメージ 9
ただね、、ベタ踏みというほどの坂には見えない、写真の撮り方が難しいです。
渡った感じも、、私のへたれ足で越えられる程度の坂なので、、CMで「坂の名前変えるか」と言ってたの、、変えたほうがいいかも?
でも、橋の上からの景色はすごかったです。これは車では止まれないので自転車だからこその写真です。
イメージ 10
中海、、広々きれい、、

最後の目的地も達成し、あとは帰るだけなのですが、時間が余ったのでガイドブックの一番上にあった由志園ってところにも寄ってみました。ちょうど牡丹が見ごろ、、
イメージ 11
こちらではその牡丹を池に浮かべて埋め尽くす様が見事でした。
ガイドブックのトップにあるだけのことはあって観光客がたくさん、周囲は大渋滞。まあ私は自転車なので関係ないですが、、

で、この日の地図も、、
イメージ 13
中海一周、、と言いたいところですが、実際には島伝いに少しだけショートカット??

で、夕方松江に戻り、サンライズ出雲で帰ってきました。
サンライズは効率よく移動ができて大好きなのですが、いつも熟睡ができずそれだけがネックだったのですが、今回はきちんと眠れました。昼間しっかり走って消耗しておいたからかな?

いずれにしても今年の旅行、最初から最後までいい天気で助かりました。
いつもは仲間と行くのですが今年は予定が合わず一人旅でしたので、雨でも降ったら挫折してしまうところでした。まあ、風で挫折しかかってましたがね、、

ではでは、、


お時間があればぽっちりお願いします。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

先日は鎌倉五山の制覇の報告をしたのですが、今回は七福神です。
五山の制覇は一年近くかかってしまったので、今度は一日で回ってみました。
鎌倉はこじんまりとまとまっていますので自転車で回れば楽勝です。

まずは恵比寿様
イメージ 1
こちらは本覚寺さんです。
恵比寿様は七福神の中では唯一日本由来の神様です。イザナギイザナミの子供で大漁をもたらす神様ですね。
本覚寺さんには結構しっかりとしたお堂があります。

続いて大黒天
イメージ 2
こちらは私の大好きな長谷寺です。
大黒天はインドのシヴァ神ですよね。台所の神様つまり食事をつかさどるわけで、私が長谷寺を好きになるのも当然かも(笑)

次は毘沙門天
イメージ 3
宝戒寺さんです。
朝さほど早い時間ではなかったのですが、ご朱印を書いていただける窓口の方がいらっしゃらなくて、呼んできていただきました。他にも同様の目的の人たちもいて、、一番時間がかかったかも、、
毘沙門天は大黒天と同じインドのヒンドゥ教の神様です。

次は弁財天
イメージ 4
これは私は知らなかったのですが、八幡様の入り口近くにある池の中の神社でいただけます。
八幡様のご朱印受付まで行って違うと言われちゃいました。
弁財天も上の神様と同様インドのヒンドゥ教の女神様です。

次は福禄寿
イメージ 5
こちらは御霊神社です。紫陽花の季節になると江ノ電とのコラボの写真を撮りに皆さんが集まる神社。その時はすごい混雑ですがそうでない時期はこじんまりして静かでいい神社です。
福禄寿は道教の神様ですね。

次は寿老人
イメージ 6
こちらは初めて行った妙隆寺さんでした。
同じく道教の神様ですが、正直福禄寿との違いがいまいちわかりません。

最後は布袋様
イメージ 7
浄智寺さんです。
こちらは中国は仏教の実在の禅僧がモデルらしいです。よく私も布袋様みたいと言われます。まあ似てるのはお腹だけだと思いますが、、

ということで、、本来の鎌倉七福神はこれに江の島神社の弁財天を加えて成立するらしいのですが、なんで弁財天が二人必要なのか?なんか商業的な匂いがするので行くのやめました。ひねくれものだもんで、、

ということで鎌倉七福神を制覇です。ついでにご朱印帳も一冊目が終わりました。
また2冊目、、無理せずのんびり集めます。


お時間があればぽっちりお願いします。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事