自転車と虎な日々

チャリたちと虎に狂った飽食サラリーマンの週末ブログ

旅行(ほとんど出張)

[ リスト | 詳細 ]

旅の記録・・・といってもほとんど出張です
記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

古くからのお付き合いのある方々はご承知ですが、私は仕事で台湾にちょくちょく行きます。
最近では以前ほどではないですが、それでも年に3回以上は行っています。
向こうへ行くと基本接待を受ける側ですが、自由時間には自分の足で美味しいものを探したりもします。
で、最近気になっているお店をご紹介しようかなと、、

まずはリーズナブルなところから、場所は中山駅から歩くのが近いですが、駅からだと大通りを一つ北側に行って東方向に行ったところにあるお店「京鼎樓」さん。
こちらはもう何年通っているか忘れてしまうほど前から通っています。まだ店が小さかったころから、、
基本小籠包のお店ですが、超有名店の鼎泰豊よりも私は美味しいと思います。
イメージ 1
これは先日2月に行ったときの写真ですが、3人で小籠包と烏龍小籠包(下段)、空芯菜、炒飯、卵スープと頼んで量的にはちょうどいいくらい。お値段はたしか800NT程度なので一人頭1000円強というところ。小籠包の店にしては安くはありません。
でも味は抜群。特にスタンダードの小籠包は間違いありません。
注意点としては観光の日本人がよく案内されるフロアは、天井のエアコンの吹き出しが異様に強くて、涼しいのですが風が直接小籠包にあたるとすぐにカピカピになっちゃうこと。彼らは涼しい席に案内することがサービスだと思っていますので、こうなるケースが少なくありません。そういう時は店員さんに行って席を変えてもらいましょう。英語よりも日本語が通じます。
ちなみにこちら日本にも支店が出ていますが、もっと高いし、やはり味が現地のほうが上だと思います。

さて、次にご紹介する店は台北ではありません。桃園というか中歴にあるお店。「御蒸饌鮮蒸原味」というお店ですが台北など他に店があるかどうかは調べていません。
こちらの特徴はとにかくシンプルであること
まずは食材を載せる台の下にお米を敷きます。それで台を乗せたらそこに食材を載せて蒸すだけ。
こんな風に
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
海鮮やら肉やら野菜やキノコやら、、とにかく店員さんが並べてふたを閉めてスイッチ押して帰る、しばらくするとふたを開けに来るに繰り返しだけ。上記で蒸すだけという非常に単純な料理です。
それをバイキング式のたれ、様々な種類のたれを自分でアレンジして作るやつで食べます。このたれを作るのもサポートできる現地人がいれば楽しい。日本人だけだと何が何やら、、
そして楽しみはさらに、、食べ終わると最後にこれが、、
イメージ 5
最初に敷いたお米が調理されて台の下に待っているということですね。
本当に様々な食材を蒸しますのでその出汁がたっぷりを含まれた複雑なお味になっています。
これも楽しみ。
たぶん日本でやったら流行ると思うんだけどなぁ、、ヘルシーだしインスタ映えするし、、

最後にご紹介するのはこちらも数年前から通っているお店。お付き合いのある会社が得意にしている店で、いつもおごってもらうので値段はわからないのですが、、
驥園川菜餐廳」というお店で松山空港前の敦化路を南に下って行った先にあります。ちょっと歩ける距離ではないです、、
こちらはとにかく丸鶏を何羽も使っているという鶏鍋が有名なお店。店に着くと嫌でもどれだけかが目に入ってきます。
イメージ 6
店頭から見せる厨房にはこんなにか?というほどに鍋が並んでいます。
人気でいつも満席でしかも全員がこれを頼むのでこういう景色になるのですが、、
オーダーはこのベースの鶏鍋に何を足すか?というやり方、この日は袋茸を頼みました。
イメージ 7
するとこんな感じになります。それをお店の人が解体して、、
イメージ 8
食べ進めるとまあこんな風になっていくと、、写真を撮った日が違うので、正確には中身は違いますがだいたいこんなものです。
このスープはとにかく絶品です。今まで一緒に行った日本人で喜ばなかった奴はいませんし、先日はアメリカ人を連れてったら感動してました。丸鶏から時間をかけて煮込んだトロトロのスープ、絶対おすすめ。
ただね、いつもおごりだもんで、、値段もけっこうすると思います。

さて、今日は最近私が台湾ではまっているお店をご紹介しました。
いずれも負けず劣らず美味しいお店です。ぜひ皆さんも機会があればお試しのほど、、
もちろん仕事でですが、久しぶりにドイツに行ってきました。
子会社がドイツのミュンヘンにありまして、もう過去何度も行っているのですが、ここ数年ご無沙汰でした。
でも仕事の話なんかしても面白くないので、今回のツアーで楽しんできたところをご紹介しましょう。

イメージ 1
まあ当然ビールなわけです。この写真はニュールンベルグのビールで赤みが強いフルーティなものです、美味しい。まあ、ドイツではどこで飲んでも美味しいですが、、

今回訪問したのはそのニュールンベルグという町の南側にある田舎町。
ちゃんとしたホテルがあると聞いていったのですが、ついてみるとこういうホテル。
イメージ 2
なんと1600年ごろの建物だそうで、、関ヶ原だろそれ、、
改装はしているもののほとんど当時のままだと言ってた、ちょっとすごいです。
部屋はこんな感じ
イメージ 3
こうしてみるとまあ普通ですが、田舎町なので夜になると表を車も走らないし、ビルにありがちな機械音がしないので、すごい静かです。もう気味が悪いほどに、、現地の人にゴーストが出そう、といったらゴーストは出ないけどウィッチーならいるかもね、と言われました。頭に魔女宅のキキが浮かんだので、それなら会ってみたいと言ったら、ウイッチーというのは老婆だそうで、、そりゃそうか、、

仕事終わりにニュールンベルグに行けるときがあって少しだけ観光しました。
イメージ 4
これは防空壕とビールの倉庫を兼ねた地下壕です。
こんなのを見物するツアーがあったり、、
イメージ 5
ニュールンベルグ城、時間が遅くて中には入れませんでしたが、、けっこう味のあるお城。
日本で言う山城なので、小高い山の上にあります。日本の山城との違いはその山の斜面までびっしりと城下町が広がってる。日本だと山のふもとだもんね、、

そして、、
イメージ 6
これはシュバイネブラーテン、だと思う。肉柔らかでソースのコクがあって美味しかった。
さらに、、
イメージ 7
私の大好きなニュールンベルガーソーセージ(右)です。
好きだと言ったら現地人がわざわざ追加してくれてね、これ全部私の文、、さすがに多いって、、食べたけど

4泊6日の旅でしたが、ドイツで食べた5回の夕飯はすべてドイツ飯。好きなんですがさすがにしばらくもういいや、となりました。
ビールだけはいくらでもいけますがね、、

そうそう、ドイツではMilk to Beerが普通だそうで、、こいつらとは呑み勝負だけはしないようにしなきゃ、、
毎年恒例となっていますGWの自転車ツアー、今年は猪苗代湖一周。
同僚の若手二人と行ってきました。

いつものように早朝から移動、今回はいつもよりさらに早く朝4時起きで一駅分自走することで一本早い電車に乗りました。
こうすると猪苗代駅到着は朝9時過ぎです。厚木くんだりから当日移動でこの時間につけるってのがすごい。
イメージ 1
ところが到着すると雨、、あらかじめ予報で知ってはいたものの、悲しくなります。
後続の若手が晴れ男だと豪語するので、回復を期待していると、、たしかに雨は上がってきました。
後続が到着する前に湖畔まで行って写真だけ撮ってきました。なにせこの日は若手たちとの走りですから、余裕があるとも思えなかったので、、
イメージ 2
天気悪いので見晴らしは最悪です。まあしょうがない、、でも、水はすごくきれいでした。
そしてこの時期ですが、、
イメージ 3
桜が満開でした。
夕方下りていった会津若松ではすでに散っていましたので、猪苗代周辺のみ楽しめました。

後続のメンバーも集まって、走り出しました。最初の難敵は向かい風、、建物が少ないこともあってか風がもろに来ます。最初の10㎞ほどはほぼ向かい風でした。
そして南下を始めてしばらく行くと今度は坂が来ます。確かに事前の情報できつい坂があるとは知っていたのですが、、なんで上りに15%とかって表示がいるのでしょうか?あれ見ると心が折れる。。私のような体をしているととにかく上りがつらい。。じゃあ痩せりゃいいじゃないか、とよく言われるのですが、それだと美味しいものを食べるために自転車に乗ってる私としては本末転倒、、食事の制限をするくらいならと坂のつらさをあきらめるほうを選んでいます。
なので最大の難所である山越えは避けて進みます。少々の遠回りでもそのほうが楽。

で、湖を半周ほどしたところでランチです。
イメージ 4
湖南地区にある会津めん大阪屋さん、あまり食べるところもないので選択肢なしで入りましたが、これが結構正解。オーダーしたのはチャーシューメンですが大きな器でボリュームがしっかりあります。麺が少し茹ですぎでしたが、喜多方に近い幅広の縮れ麺、チャーシューも美味しかったので十分です。

堪能し一休みして外に出ると、、しっかり雨、、スマホで調べるとあと2時間くらいは降りそうな感じ、、やむなく雨装備で走り出しました。カッパって風を受けるのできついんですよねぇ、、

湖を3/4周ほど走ったところで若手の一人が遅れだしました。どうも最近あまり走ってなかったそうで、足が売り切れている様子。速度を20㎞位まで落として走ってもついてこられません。
途中で雨が上がったのでカッパを脱ぎましたがそれでも改善されなかったのでコース変更、、本来なら猪苗代湖を一周した後、会津若松までダウンヒルのはずだったのですが、速度を落としたこともあり厳しいと判断、猪苗代駅に戻って会津まで輪行することにしました。
イメージ 5
結局この日はこんな感じ、、山を避けた遠回りとランチで無駄に走ったのが距離に効いています。

会津若松駅に着いたら少しだけ走ってホテルへ、、ホテルはセンチュリーホテルというビジネスホテルです。
事前に確認し、自転車が置けるスペースがある(盗難されない係員がずっといる場所)ので安心です。

一休みして会津のものを食べに出ました。若手も足が売り切れても食事は大丈夫なので張り切って向かいます。お店はホテルで聞いた「会津っこ」というお店、観光客向けかもしれませんが会津の地酒、名産の食べ物が何でも食べられるとのこと。こういう一泊の旅行では助かります。
イメージ 6
当然のように酒は飲むわけですが、会津まで来てほかの酒というわけにはいかないので、日本酒を、、まずは飲み比べセットです。この後日本酒は1合づついろんな銘柄を試させてもらいました。
食べ物のほうもいろいろ楽しんだのですが、あまりこちらで食べられないものを紹介しましょう。
まずはメニューですら見たことがなかった、、
イメージ 7
なんだと思います?
これ馬のタンの刺身です。食べるんですねぇ、、味のほうは割と淡白で歯応えもさほどではなく普通に生肉を食べてるって感じ、とはいえ話の種にはなります。
他には、
イメージ 8
これは鰊の山椒漬けです。
身欠き鰊を醤油ベースで山椒の葉とともに漬け込んだもの、山椒が実ではないので刺激が柔らかく香る程度で美味しいです。
そしてこの日の最高だったのはこれ、
イメージ 9
マイタケの会津地鶏皮包焼き、マイタケを鳥皮で包んで焼いたものですが、これが抜群に美味しい。
会津地鶏である必要はおそらくなくて、マイタケと鶏の脂の相性が最高なんだと思います。どこの居酒屋でもぜひ採用すべきメニューですし、これは家でも作れますよね。嫁さんにオーダーしなきゃ。

翌日は朝から快晴、まずは目的地である会津若松城(現地では鶴ヶ城)に向かいました。
イメージ 10
このお城は再建されたもので鉄筋コンクリートです。ですが、白虎隊の悲劇の舞台、戊辰戦争での奮闘などの歴史を知っていると是が非でも見ておかなければと思った次第。
イメージ 11
青空に赤瓦が映えます。
そう、このお城の見た目の特徴の一つは赤瓦です。普通お城は黒瓦を使っているのですがここは赤瓦。白い漆喰と青空とでお洒落な外観に見えますよね。甲冑を着た侍に狙われてますが、、、
鉄筋での再建だと中の階段が上りやすくなっているのがメリット、現存天守は梯子みたいな急な階段が多くてデブにはきついもので、、
しっかり堪能させてもらいました。

足の売り切れた仲間がいるのでこの日も予定は変更。もともとは喜多方まで走ってラーメンを食べようと言っていたのですが、会津駅前に喜多方ラーメンがあったのでそれで締めることにしました。
イメージ 12
喜多方ラーメンは醤油が王道でしょうが、前日に醤油を食べていたのでこの日は塩で、、
チャーシューメンに卵乗せ、麺がモチモチでチャーシュートロトロ、美味しかったです。こちらのお店来夢さんは喜多方が本店なのできっと本場の味なのだと信じることにします。

ということで今年のツアーはおしまい。
少し予定と違ったけど基本目的は達成したし、今年もいい旅行でした。
最後は初日に全く姿を見せてくれなかった磐梯山を車窓から、、
イメージ 13
これ結構タイミングが難しかった、、高速走行中だと前に木やら電柱やら、、

ではでは、、



私の誕生日が2月でして、毎年何が欲しい?という質問に「温泉に行きたい」というものですからほぼ毎年温泉旅行に行ってます。
今年は連休となった11-12日に行ってきました。

前日雪でしたがスタッドレスを履いているし、少々の雪が残っても大丈夫とたかをくくっていたら、当日の朝になって東名が止まっていると、、、え?どうすりゃいいの?そうなりゃ当然のように東伊豆は大渋滞だよね、、
この際箱根を超えちゃえ!という判断は間違いではなく、たいした渋滞もなく超えることができました。静岡側は東名が止まっているせいか快調に走れます。河津の桜のおかげでこの時期は結構混むんですがね、、

さて、さっそくついたのは江間のイチゴセンターです。最初の目的地。
イメージ 1
大きくて甘いのがたくさん!まだ朝も10時頃でしたがたっぷりといただきました。
ここのイチゴは地面じゃなくて少し高くしてあるので腰の悪い私には優しいです。

次どこによろうかというのも考えてなかったので途中道の駅などによりながらランチを予定していた修善寺へ
どうせ混む店だし、そばなら食えるだろうと早めに入りました。お店は禅風亭なゝ番 さんです。
前に訪問した時は定番の禅寺そばをいただいたのですが、その時に美味しかったとろろそばをたっぷり食べたくてとろろそば単品をいただきました。それに天ぷらも盛り合わせをつけて。
イメージ 2
やはり期待通りとろろそばが旨い!天ぷらも海老が甘くて存在感があって美味しかったです。野菜にイモがたくさんあったのは気になりましたが、、ナスが美味しかった。
他の家族3人は定番通り禅寺そば、まあこちらではそれが正解です。
イメージ 15
量がいまいちだけどお腹の中にはいちごがまだたっぷりだしね。
修善寺を少し歩いて腹ごなしをしたら南に向かいます。次の目的地は堂ヶ島。子供たちが乗ったことがないという遊覧船での洞くつ探検がプランです。
が、、徐々に強まる風、、堂ヶ島についたころには強風が吹き荒れており当然のように遊覧船は欠航。
・・・めんどくさいのでもう宿行っちゃうか・・・
ということでかなり予定より早いけど宿に向かうことになりました。
この日のお宿は雲見温泉のヱビス丸さん、もう3回目の訪問です。料理が美味しくてねやめらんなくなってる。
酒飲んでのんびりしているうちに夕飯の時間です。

こちらのお宿の食事は大変なことになるんです。全部紹介すると容量越えちゃうので主なところだけピックアップして、、
まず舟盛り
イメージ 3
豪華でしょ?金目のでかいのがドン!マグロはまあ普通でしたが、、
そして伊勢エビ3種(刺身茹で焼き)のうち写真は刺身と焼きです。
イメージ 4
イメージ 5
もちろん文句などあるはずもなく、、ここのすごいのは伊勢エビは一人一匹だってこと、つまり家族4人で4匹です。身に甘みがあって美味しいやつがたっぷり食べられます。
次も豪華な、、
イメージ 6
アワビドーン!これも一人一個です。お酒をかけて焼いてバターを乗せる、シンプルだけどだからこそごまかしのない旨さですよね。隣の鍋も出汁が最高でした。
そして食卓を彩るのは料理だけではありません、、
イメージ 7
私用の焼酎、息子用の日本酒、娘はどちらも行きます。
焼酎はサマーオレンジ酎、、ストレートで飲むとサマーオレンジが前に出てきますが、これをお湯割りにするとそれがすっと引っ込んで飲みやすいものになります。少しさっぱりした焼酎という感じ。
日本酒のほうはこれぞ純米吟醸という味です。どっしりしてますね。
飲んで騒いで夜更けまで、、この日は早めに飲みはじめちゃったので早く寝ちゃいました。

さて、翌朝の朝食も楽しみなのですが、、これが!
イメージ 8
昨夜のエビです。美味しくないわけがない!
美味しい朝食に舌鼓を打って、向かったのはこちら、、
イメージ 9
見ごろだということを聞いていたので大渋滞を予想して、近くに宿をとって朝行こう、とプランしてました。が、かなり甘かったようで到着したら朝っぱらから大渋滞、、途方に暮れて裏道に逃げ込んだらたまたま空いたところがあって停めることができました。かなりラッキー。
河津桜、たぶん初めて見に来ました。桜祭りはまだ始まったばかりでしたが、桜はもう満開近く見事です。
イメージ 10
河津桜って少し色が濃い目で艶やかですよね。
しばらく川沿いを散歩して堪能したら、飽食家族がターゲットに向かいます。
それがこれ
イメージ 11
駐車場近くのイベント会場でいろんなB級グルメが出ていたのですが、地元の麺屋さんなどが共同で出してた焼きそばです。長男次男三男とあるのですが、、この長男の盛りのすごさ、、これで500円ですもん買わない手はないでしょ。
ということで購入〜〜〜
イメージ 12
もう半端ない量です。飽食家族4人がかりでも味が単調なのでなかなかなくなりません。
これは、、話題性だけだな、、お腹いっぱいにはなりました。

後は帰路につきます。途中トトロとか
イメージ 13
見に寄ったり
日本一のつり橋?を歩きに行ったり
イメージ 14
高いとこ苦手なので私には拷問でしたが、、

楽しい旅行でしたよ〜
仕事でね、海外に行くことは多いんですが、最近はアジア圏(台湾、韓国)ばっかりで、欧米にはあまり行けていませんでした。まあ、腰も悪くて長時間の移動はできるだけ避けてるということもありますが、、
今回久しぶりのニューヨーク、前回は…たぶん10年以上前。

今回は自社の展示会のお手伝いということで、月曜の飛行機で現地入りし、木曜の現地発(金曜着)という全く余裕のない日程。まあいつものことですが仕事の出張に楽しみはありません。

そうなると唯一の楽しみは食事!ってことなのですが、それも今回は…
毎晩ビアバーで飲んだくれてたので食事なんてこんなのとか
イメージ 1
カラマリとタコス、チーズフライ
あるいはこんなの
イメージ 2
スライダー盛り合わせですな
つまみみたいなのばっかり(笑)
昼も会場でのケータリングばかりだったし、朝飯もNYど真ん中のホテルでは高すぎるので近所で買ったこんなの
イメージ 3
これでだいたい$5です。食べきれないほど量があります。

さすがにこれではあんまりだということで最後の夜に少し街中を同僚と歩きました。
まるでゴッサムシティのような夜景、、
イメージ 4
そして見えてきたこちらの上ることにしました。
イメージ 5
そう、あのキングコングも上ったエンパイアステートビルです。
中間的な86階の展望台まで上ったのですが、なんとそこまでで$32!朝飯6回食べれるじゃん
まあね、スカイツリーも似たようなものだし、観光地ならそういうものでしょうけど、、しかも寒いし。
でもまあ景色はさすがでしたね。
イメージ 6
左側に見えている高いビルは新貿易センタービルだと思います。あの9.11で崩れたビルの後継。
そして中央付近の水の上に小さく見えているのは自由の女神、全くわからん(笑)
前回も自由の女神は見られなかったのですが今回もこれだけ、、船に乗らないと近づけないってのは時間のない計画の中では難しいです。

最終日にセントラルパークも歩いてきました。
イメージ 7
晴れてるとよかったのですがあいにくの曇り空。
でもまあ、朝早めに起きて歩くと気持ちがいいです。セントラルパークって広々した芝生をイメージしてたのですが、岩が結構顔を出してて自然満載な感じでした。少し意外。

どたばたで行ってきただけですが久々のニューヨーク、駆け込みで堪能したって感じかな。




お時間があればぽっちりお願いします。

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事