自転車と虎な日々

チャリたちと虎に狂った飽食サラリーマンの週末ブログ

得物達

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回ご報告したようにタイヤペンチの便利さに感動してしまいまして、、携帯用のタイヤペンチが欲しい!ということで思わずポチってしまったこちら、タイヤペンチ機能付きタイヤレバーです。
イメージ 1

さすがはアマゾン、翌日には届きました。
で、まずはびっくりしたのがそのサイズ感、上の写真ではサイズのイメージがわかないですし、いわゆるタイヤレバーだと思っているとこのサイズにはびっくりさせられます。
そりゃまあタイヤペンチの機能を果たそうと思えばこうなるんでしょうけど・・・
わかりやすく言うと、、
イメージ 2
このサドルバックは通勤用なのでかなり大きめのモノです。それでもこの長さは、、入るのか?というレベル。
携帯用に買ったのに入らなきゃ意味ない…まあ入りましたが…

さてその使用感です。
まずは売りのタイヤペンチ機能、
イメージ 3
ちょっとピントがずれてますが…まあ気にしないで…
こんな感じにタイヤに噛みつきまして、十分使えます。ていうか、やっぱかなり便利。意外に持ちやすいし、作業もしやすい。

これはいい買い物だったかな、と思ったのですが、、、
逝っちゃいましたぽっきりと…
イメージ 4
この商品、タイヤペンチ機能付きのタイヤレバーなので、タイヤレバーであることが本来の目的のはずですが、、極端に硬いわけではないDURANOのビードに負けて折れちゃいました。。
たぶん使っている素材が硬すぎるのかと、、割と気軽にパキンって、、
だいぶ長いので、てこの原理が働いて、非力な私でも力を入れすぎたとかあるのかもしれませんが、そういう使われ方を想定してなきゃダメですよね。。

まあ携帯用タイヤペンチだと思えば便利なので、、安いし、、持って歩きます。
ちょっと折れたところがとがってて危ないですけど、、

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆さんはタイヤをはめるとき何を使っていますか?
一般的にはタイヤレバーうを使うと思いますが、ちょっと気を抜くとチューブに傷をつけてしまい、せっかく交換したチューブに穴があいてしまったり、下手をするとタイヤレバーが折れちゃったりしますよね。(←実は両方経験あり)
それを防ぐためにタイやレバーを使わずにはめようとすると、手の皮がむけちゃったり…(これも経験あり)

困ったものだと思いつつ、何とか過ごしてきたのですが、こんなものを見つけちゃいました。
イメージ 1
タイヤセットペンチっていうやつ、なんかマジックのように簡単にはまるという、、
思わずポチってしまい、先日タイヤ交換に使ってみました。新品のタイヤはいつも難物でしたので…

これがねぇ、、すごいです。たいして力もいらず、すっと入ります。そうほとんど抵抗なく・・・
今までが何だったのか?って話です。
詳しくは下のアサヒの動画を見てください。

これは久しぶりに感動しました。注意するのはチューブを挟み込まないようにしっかり押し込んでおくだけ。

ただ、どうしてもかさばるので持ち歩きはできない。
本当なら出先のパンク修理でも使いたいのに、、

で、こんなの見つけちゃいました。
イメージ 2

なんとタイヤペンチの機能をもつタイやレバーだそう、、
これなら持ち歩ける!またポチってしまいました。

また使用感など報告しますね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

PC新調しました

先日からPCが調子悪くてね、、何分2012年の2月から使っているPCだったもんで、ほぼ毎日使ってるし、、
こりゃいつ死んじゃうかわからんぞ、、となってて、すぐ出てくるiPadProに乗り換える手も考えたんですが、使い慣れたWin環境にしようと、あぶく銭が入ったついでにヨドバシに買いに行ってきました。
買ったのはLenovoのi5です。メモリ少し貧弱ですが、以前のようにリッピングもほとんどしないし、私の使い方には過ぎたマシンです。初めて全部入りってやつを買ったのでOfficeもちゃんとついてるし面倒が少ない。
イメージ 1







































ですが、ちょっと深刻に困った事態が起きてます。
こいつ御多分に漏れずWin10なんです、いままではWin7ね、、で、ネットワークドライブが見えなくなっちゃった。
先日嫁が同じようにPCを買い替えたのですが、やはりそのあとも四苦八苦しても見えなくて困ってたんですが、どうもWin10と古いNASとの組み合わせがだめらしい、会社のPC専門家に聞いたらなんでもプロトコルだかがWin10で変わったのが致命的で、多くの場合あきらめるしかないらしい、、復活の呪文を教わってきたのでトライしているのですが、ちょっとダメそうです。

解決策はWin10で使える新しいNASを買ってきて、まだ見えているほかのPCから中身を入れ替えるしかない。。
また金かかる、、結構大事なデータ入ってるしね、しょうがないか、、

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

前から欲しかったんですよぉ、、話せば長いことになってしまいますが、紆余曲折を経てついに買ってしまいました。
イメージ 1
ドローンちゃん♪

人の頭の上を飛ぶもの(人口密集地では飛べないけど)だし、ある程度の信頼性は必要だろうと、トイドローンと呼ばれる安物は避けて、一応世界一のメーカであるDJIの最安値モデルSPARKを購入しました。
こんなやつです。

Amazonでぽちっとしてしまい、翌日の昼には届きました。
同梱物はこんなにあります。
イメージ 2
いっぱいあるマニュアルはあまり使えません。さすが中国ベンダー、、必要最小限のことがどこに書いてあるのかわからない。というか、老眼の私にはそもそも文字が見えない(泣)
なので、もっぱらネットで使い方の勉強です。有名メーカの売れ筋商品なのでいくらでもネットに情報があがっています。最近は本当に便利になったものです。

で、設定を完了し、さっそく飛ばしてきましたが、飛ばすだけなら何の苦労もなくできます。それなりに風が吹いていても、その場でホバリングをしてくれるし、何とか自動的に姿勢を制御してくれています。無風に近い状態なら、自由自在に飛ばすことが可能です。
課題は、最初から分かっていた話ですが、電池一個当たりの飛行時間の短さ、カタログでは16分とありますが、着陸に要する時間などもありますし、賞味10分強と考えておくのがいいでしょう。

本当はセットに含まれていたカバンが使えると思っていたのですが、機体のみしか持ち歩けない仕様(そのほかは別の箱)だったので、やはりAmazonでぽちっと全部入る鞄を買いました。
イメージ 3
コンパクトに収まるのでめっちゃ便利です。

これから旅に出るときはお供として連れて歩きたいと思います。
ただね、この機体は300gを超えているので、人口密集地帯では飛ばせない(申請&許可がいる)。国土地理院が公開している人口密集地域を示す地図を確認してから飛ばさないといけません。最悪の場合は殺人兵器にもなりえるドローンですので、ルールを守って楽しみたいと思います。

なお、さっそく落としてしまいまして・・・現在修理中です。
簡単だと思って甘く見るとこうなる。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大好きなポーターブランド、なかなか大物のバッグは買えないけど、せめて小物だけでも、、ということで最近少し追加しました。私的には4つ目と5つ目のポーターです。

まずはクラッチバッグ、大昔に必要に迫られて安物を買って以来ずっとそれを使ってきました。よくスーパーなんかで売ってるタイプのビニール生地のやつ。さすがに立場もあるしそれはまずいだろうと思い始めてました。
で、先日部下の結婚式があるときに買いに行ったわけです。
そうフォーマルなものは個人的に好きではないし、フォーマルな席でも使えて堅苦しくないもの、というけっこう難しい選択。たぶん吉田カバンならあるだろうと、ららぽーと海老名の取扱店に行きました。
で、見つけてきたのがこいつ
イメージ 1
本来はクラッチバッグではなくてショルダーですが、肩紐を外せばクラッチとして使えます。
外側についているポケットがポーターらしくて、それでいてフォーマルな席でも使えそうな風合いでしょ。ちょっとお気に入りです。
本当は皮が欲しかったんですが、まあそうそう使うものではないし、これ以上高いのはどうかと思ってしまった次第。他のブランドなら革製も選べたんですが、そうなるとどれも似たようなデザインで、、いまいち、、

それとこちら
イメージ 2
イメージ 3
まあ普通にパスケースです(笑)
今まで使ってたのが痛んできちゃったので、、とはいえ大事な娘からのプレゼントですからぎりぎりまで使ったのですがね、、少々ボリュームがあるのが難点ですが、何枚かチケットも入るし便利です。
パスモがボロボロ、、

少しづつ身の回りのものがポーター化して行きます。
次はウエストポーチも欲しいかなぁ、、

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事